彼女が無視する時の心理は??

無視する彼女の気を引くためには?

彼女が彼を無視する、彼女に無視をされることがある。

女性が好きな男性のことを無視するということは普通に考えてあまりありませんよね。

彼女に無視をされるということは、彼女が何かに熱中しており眼中にないか、それとも彼氏のことに腹を立てていたり、彼氏が原因で機嫌を損ねている場合が多いです。

前者の忙しくて、それどころではないという場合は問題にはなりませんが、彼女が彼氏の言動で不機嫌になっているときにも無視するという行動を取ることが多いです。

そこで、彼氏の行動の一体どんなことが彼女を不機嫌にさせてしまうのか、男性側の予測しない内容の事で、彼女もわざわざ口にしない原因を一つずつまとめてみましたのでご紹介します。

彼女が待っても彼氏から連絡がない放置の時間がつずいた

女性が口にはしないけど、小さな不満が彼女の中で積み重なると彼氏からの連絡にも無視をするということが起きるようになります。

その小さな不満の中には、彼氏からの連絡がこないということがあります。

男性側からしてみれば、女性が連絡をしたいのならば自分から連絡してくればいいじゃないかと思いがちですよね。

でも、女性側はあくまでも彼氏から主体的に連絡がくることを待ち受けていることの方が多いのです。

これは熟練したお付き合いの期間の長い男女でも起こり得るすれ違いです。

積極的な彼女でもいつでも彼氏からの主体的な働きを待ってしまう生き物なのです。

イライラした結果、彼氏からの連絡を無視するという仕返しをしてしまうのです。

男性が悪いとかではなくて女性にはめんどくさい部分があるとううことなのです。

こまめに連絡を行うことが鍵

例えば、週に3回連絡をとっていたカップルが週に0になってしまうとします。

どちらも受け身の対応をしていると別れの時期は間もなく訪れてくるものなのです。

男女ともに受け身の場合自然消滅、受け身の性質のカップルでもどちらかが積極的に2人の関係を進展させて行こうというのならば関係は持ちます。

彼女に無視された時点で、彼女には彼氏と付き合うメリットがないか、気がないということがわかりますよね。

それでも、彼女のことが好きで関係を築いていきたいという場合には彼女にまめに連絡をすること、主体的、積極的に連絡をして一時的にではなく怠らないようにするマメさが必要になってくるのです。

こうしたマメさが、カップルには必要ですよね。

彼女のニーズをその都度掴んでおくこと

付き合い初めの当初は、マメに連絡をしたり話を聞いたりして満足していた関係でも付き合いが2年目、3年目ともなると結婚の過程へ進みたくなっていることが多いです。

それなのに彼氏に全くその傾向が見られない、特に仕事の関してモチベーションが低い、結婚願望がないという兆候が現れ得たときに彼女は彼氏との別れを考え初めているかもしれないし、新しい相手を探すために心が離れているかもしれません。

このように、付き合っている彼女のニーズをその都度把握しておくことは男性の勤めなのです。

もしも突然彼女が無視をするということに気が付いても、突然の出来事ではないことが多く、前兆となることがあったはずなのです。

それに気がつかずに、無視という地点で気が付かされてしまうのです。

マンネリ化させないための努力をする

カップルで彼女が男性のことを無視するという行動は、彼女が彼氏に飽きてしまっている、そうマンネリ化してしまっている可能性がありますよね。

突き詰めた言い方をすると彼女の中で彼氏の占める順位が下がってしまっており、お付き合いしていながらも大した相手ではないと軽んじられているということにもなります。

女性同士の交流や趣味を優先させる方がいいと判断していることもあります。

こうしたマンネリ化された無視は、実は拗ねてしまっていることが原因の無視よりもカップルにとっては一大事、別れの可能性が高くなるのです。

彼氏が彼女を好きな場合、2人の関係をマンネリ化させないための努力や工夫絶対的に必要となります。

努力して得られる関係なら諦めてしまう選択肢もあります。

彼女の無視をブレイクスルーさせるコツ

彼女に無視されたと感じるとき、必ず彼氏の方が彼女をなおざりにしていた時期が長くあったり関係を継続する努力を怠っていた可能性が高いです。

本来、女性は好きな男性のことを無視するということは少ないので、無視をされる原因を彼氏が作ったのか、それとも最初から相手にされていなかったのかのどちらかということになります。

メール、電話、ライン全て無視されてると気がついた時点で、自分の彼女に対する言動を見つめ直す必要がありそうです。

彼女が単に拗ねているということであれば、意外と簡単に関係は持ち直すことが多いので諦めずに連絡してみましょう。

でもそのときは、仕返しや怒りの気持ちは持たずに、好きならば素直で誠実のある対応を心がけるように努めましょう。