既読無視。彼女の気持ちが動くラインとは。

既読無視の彼女に何とか返信をさせたい

ラインの既読無視、一体彼女は何をしているんだろうかと気になります。

既読無視が割と当たり前の彼女だと日常的にそういうことがあります。

どこにいるのか、誰と何をしているのか、一応既読がついているのでそう変な事はしていないと思いますり

既読スルーが当たり前になってしまっている彼女に対し、既読したら返信してとお願いしても、なんで?忙しいから無理、とつれない返事をされる可能性があります。

せめて友人と一緒にいるのなら、そう返信して欲しいものです。

あなたが心配性なら、思わず彼女に電話してしまうかもしれません。

しかし既読スルーをするぐらいの性格の彼女なので、電話まですると嫌われてしまうかもしれないと思い、
躊躇してしまいます。

電話にも出ないで後から文句を言われる可能性もあるのです。

ここはひとつ、彼女がどうしても返信したくなるラインを送信したいものです。

中途半端にしたり謎めいたラインを送ってみる

とりあえず、途中で尻切れトンボになってしまうようなラインを送ってみましょう。

「あのさ、前から思ってたんだけど、」

「大事な話があるんだけど」

それで終わりです。

もし返信が来たら、前から可愛いと思ってたんだよ、大好きだよとハートマーク入りで返しましょう。

好きだ愛してると言われて嫌な女の子はいません。

それから、彼女が一体何だ?と思うようなラインを送るのも効果的かもしれません。

「ま派ならき/@3こ」

暗号めいて意味がわからない、これは何?

と思ったラインは返信したくなるものです。

いくら既読スルーする彼女でもあなたのことを心配します。

あなたは「ごめんごめん間違えた」と言えばいいだけなのですが、それでまた彼女が既読無視したら、再度「や畑かd5:」と意味不明なラインを送って様子を見ましょう。

お金で釣ってみる作戦

「酔ってるからみんなにラインしてるよー、先着一名様に限って一万円プレゼントの約束だよ!」

お金を示されると心がぐらつかない人はいません。

彼女は自分とのデート代やプレゼント代に使ってくれるのなら嬉しいのに、と怒るかもしれません。

それでも彼女の反応がないのなら、2万、3万、10万とぐいぐいと金額を吊り上げていきましょう。

そのうち彼女からストップの返信ががかかるはずです。

この時、誰かにもうあげちゃったと言うとあなたは馬鹿者扱いされて名誉は地に落ちてしまいます。

彼女のおかげで助かった、誰にも10万やらなくて済んだとお礼を言うと、彼女からその分奢ってくれと言われるか、プレゼントをしてと言われるのは間違いない諸刃の刃の方法です。

どこかで面白い話を仕入れてみる

あとは2ちゃんねるから面白おかしい話を仕入れましょう。

おすすめなのは、美容院に初めて行ったスレです。

マイシャンプー持参で生まれて初めて美容院に行って笑われたり、「髪質は?」と聞かれて髪を一本抜いて「こんな髪質です」と言うとか、笑えること間違いなしです。

彼女が既読スルーだろうがどんどん送ってみて、反応がなければそのまま途中で放置してみましょう。

コーラ飲んだら内定もらえた、というのも面白い話です。

趣味はコーラと履歴書に書いてどんどん面接を突破して、最後には内定までもらえる話です。

話が佳境に入ったところで途切れさせましょう。

彼女がオカルト好きならやはり2ちゃんの洒落にならないほど怖い話まとめスレから怖そうな話を拾ってきて送って途切れさせましょう。

彼女から「続き読みたい」と返って来たらこちらの勝ちです。

彼女が大好きなタレントを使う

彼女がファンのタレントや歌手がいるとします。

「今◯◯似の超イケメンと飲んでる。

性格最高だし、頭いい、今日は(超高級店)に来て奢ってくれてる。

サイコー、楽しい」

と他の男で彼女を釣る作戦を取りましょう。

別に似ているという必要はないかもしれません。

「俺の従兄弟の友人が◯◯だから一緒に飲んでる。

超楽しい」

とファンなら羨望が止まらないところです。

ここでとどめに「俺の彼女がファンだから会いたいって言ったら会ってもいいって、お店来る?」

と打つと返信は来るでしょう。

それで彼女がお店に来ようとしたら「ごめん、お前の返信遅かったからみんな解散しちゃったよ」と言えばいいだけです。

今後彼女はあなたからのラインは大事だと思ってスルーしなくなる可能性があります。

ただしバレたら大事件になるでしょう。

自爆テロもいいけれど彼女とお互いの理解を

最後に自爆テロ的なライン返信強制方法があります。

「今合コンに来ててむちゃくちゃ可愛い女の子がいて今日はお持ち帰り」

「今日は友人とキャバクラ来てて今待合室」

ソープだよと言ってもいいでしょう。

よほどあなたに愛情がない彼女じゃなかったら、泣きながら電話が来ることが予想されます。

しかしこんなことまでして彼女から返信強制をして何か得があるのでしょうか。

下手をすると2人の関係は壊れてしまいます。

既読スルーは1つの性格のようなもので、なかなか直らないものです。

無理に既読スルーを直させようとするのではなく、あなたも既読スルー、未読スルーを繰り返しましょう。

自分の身になってみると既読無視される辛さもわかるというものです。

あなたは「だって忙しかったから」と彼女の口癖を繰り返して彼女の反応を見てみましょう。