馬鹿にしてくる彼女と上手くやっていく方法

喧嘩の原因にもなりかねない行き過ぎた言動

大切なことを時にオブラートに包まずに言うのは必要なことかもしれませんが、不必要に馬鹿にされたり性格や容姿をディスられたりするのは、一般的に男性にとって嬉しくはないことです。

しかもそれが愛する彼女からの言動であったとしても、ムカついたりイライラしたりすることはあるのではないでしょうか。

すべての女性が彼氏を馬鹿にするわけではありませんが、なぜ一部の女性がそのような男性側からしてみたら破局の原因になるようなことを自発的に行っているのか、それには隠された深層心理があるのです。

売り言葉買い言葉になって無駄に喧嘩をしないよう、馬鹿にしてくるその態度を紐解いて柔軟に対応するのが適切です。

恋人関係で有利に立ちたいという心理の表れ

一つの理由として彼女が彼氏を馬鹿にしてくる態度をとるというのは、恋人関係で常に有利に立っていたいという深層心理が働いています。

馬鹿にするというのはそれだけ自分自身が相手を指摘、評価できる立場だというわけで、けして肩身が狭い、あるいは決定権がない弱い立場ではできないことです。

つまり恋人関係を継続するも終えるも主導権は女性側にあるという場合、そういった行き過ぎた態度に出てしまうケースがあるのです。

常に主導権を握りたい気持ちが相手を言い負かしたりディスったりと精神的なダメージに比例しています。

また、そのような関係に持って行きたい場合も意識的に相手を下に見ることもあるのです。

裏返せば絶対に別れたくない依存度が大きい証

しかし逆説で言えば馬鹿にするほど相手を牛耳りたいということは、それだけ彼氏に彼女が依存していることも含みます。

つまりどうでもいい相手、いつでもいなくなってもいい相手にはそこまで日常的に馬鹿にしてくると彼氏が感じるような態度を取らないでしょう。

利害で動く女性の場合、興味がない相手に構うというのは考えにくいため、裏返せば愛情の証だととることもできます。

また、そのような稚拙な愛情の見せ方はあまり褒められたものではなく、むしろそういった性格の不一致で破局するカップルもいます。

ただそれに気づかないというのは、女性側の家庭環境やこれまでの恋人遍歴で形成された場合も考えられます。

安心しきっているからこそ言い過ぎる悪循環

恋人を心から信頼している甘えが彼女にはあり、そういった部分が馬鹿にするという愛情に結びついている可能性があります。

なのでどちらかというと長いつきあいがある幼なじみや友達から恋人に昇格したカップルに多い傾向で、短期間のつきあいではあまり見られないでしょう。

もちろん短期間であってもつきあい方によって距離感は縮まりますが、そのケースではお互いに隠し事をしない性格など、内気ではないでしょう。

嫌なところも知られている、知られても相手は動じないという言い換えれば女性側から見た強い絆が、馬鹿にしてくる態度を悪化、激化させる要因になっていることもあります。

不快に感じる言動にはしっかりとNOのサインを出す

では男性はそのような彼女の態度をどうしたら止めさせることができるのか、それはしっかりと線引きをするということです。

親しき仲にも礼儀ありということをわかってもらえないかぎり、馬鹿にしてくることを止めさせるのは不可能でしょう。

しっかりとNOと宣言する、言われて傷ついたショックだったというネガティブな面を見せることで、相手と恋人関係を良好に続けたい場合であれば、その要望にきちんと耳を傾けてくれます。

NOのサインを出すことは優しい男性であれば少々戸惑ってしまう、自分さえ我慢すればいいと思ってしまうかもしれませんが、一生我慢することはなかなか難しいことです。

だからこそ我慢の限界が迎える前に、小出しにでも、あるいはきちんと話す時間をつくってみないといけません。

相手の不安を受け止められる大人の余裕を持つ

普段は優しく温厚な彼女であったとしても、不安やストレスによって性格が真逆になってしまうことがあります。

特に女性は環境、体から受けるストレスの影響も大きいので、男性からはわからない、見えにくい心のトラブルと闘っている可能性もあるのです。

小さなすれ違いが大きなトラブルのもとになります。

なので馬鹿にしてくるだけで他は良好な恋人だとしても、その目を塞ぎたい部分にも気づいて対処してあげることが肝心です。

不安を肩代わりはできなくても、話を聞いてあげる、希望を聞いてあげるなどちょっとしたことで、馬鹿にするという負の連鎖は収束していきます。

彼氏側である男性は大人の余裕を持って、聞き流すだけでなく対処して受け止めることがお互いのためにも大切なのです。