彼女の類語とは、どんな言葉がある?そしてその意味は?

彼女というフレーズは、とてもステータスを感じるもの

男性だったなら、やっぱり彼女が欲しくなることは当然のことでしょう。

自分の周りの友人は、彼女がいる人ばかり。

それに比べて自分には、彼女はおろか、女性の友達もいない。

こんな寂しいことは、とても辛いこと、寂しいこと、情けないこと。

そんなふうに思えてくるのではないでしょうか?
「彼女がいること。


それだけで、何故か自分がある種のステータスを感じてしまうことになるやもしれません。

それだけに彼女がいることが、男性にとって、大きな励みにもなるし、自信にも繋がってくるのではないでしょうか?
しかし、彼女というフレーズにも色々な類語があることを知っています?

ガールフレンドというキーワードはライト感覚?

「僕のガールフレンドを紹介するよ。


「初めまして。

ガールフレンドのA子です。


こんなふうに友人が自分のガールフレンドを紹介された経験を持っている人も中にはいるのではないでしょうか?
こんな時のガールフレンドとは、「彼女」というより、純粋に「女性の友達」というケースも少なくありません。

少し軽い感覚ですね。

海外でのガールフレンドは、友人ではなく、「彼女」のことを意味しています。

しかし、日本ではそんなに重たい意味ではないので、もしかすると、紹介された「ガールフレンド」が自分の彼女になる可能性だってあるかもしれません。

彼女の類語となる可能性が低いのです。

ガールフレンドを紹介されて彼女にしてみる努力を

もし、友人から紹介された「ガールフレンド」を好きになったなら、どうしますか?
外国のように「彼女」の類語でないのであれば、交際できるようにアタックしていくのもいいのではないかと思います。

もしかすると、ガールフレンドを紹介した友人もあなたに彼女を作って欲しいために、自分の「ガールフレンド」を紹介したのかもしれません。

せっかく紹介してもらったのですから、その友人に自分の気持ちを明かして相談してみるのもいいかも。

「お前から紹介されたあの子のことが好きになっちゃった。


「おおっ、そうか。

頑張れよ。


そんなふうに応援してくれる可能性も出てきます。

ガールフレンドが彼女になるように頑張ること

彼女の類語のようでそうではない「ガールフレンド」。

友人から紹介されたガールフレンドにアプローチしていくことを友人に打ち明けた自分。

後は、もう積極的にアプローチしていき、「ガールフレンド」から「彼女」に、ステップアップさせていきましょう。

友人もあなたの気持ちを知っているのですから、周りから支援してもらえるように応援を求めるのも1つ。

「あいつ、君に心を寄せているようだよ。


こんなことを友人から彼女に伝えてもらうだけで、かなり2人の距離が縮まっていくことでしょう。

そして、初めはグループで合コンしたり、どこかに遊びに行くこともいいでしょう。

友人が自分の彼女を連れてきて、ダブルデートするのもいいですね。

ガールフレンドが彼女にステップアップする

そして、彼女との距離がかなり近くなってきた時に、自分の気持ちを打ち明けてみてください。

すでにあなたの思いは、周りから聞いているし、彼女もあなたからの言葉を待っているはずです。

「好きなんだ。

交際してください。


まるでプロポーズでもしているがのごとくに。

そうすると、必ずしも彼女は、OKのサインを出してくれます。

この時が来るように最大の努力をしましょう。

ここで大事なことは、自分の言葉でしっかりと相手に自分の気持ちを伝えることです。

そうすることで、「ガールフレンド 」が「彼女」に進化して行くことになってきますから。

「彼女」という類語を本物にするのです。

彼女から恋人になることが最終ステージと思うべき

「彼女」の類語の中には、「恋人」もありますね。

「ガールフレンド」から「彼女」にステップアップ。

そして、「彼女」が「恋人」に進化。

「彼女が僕の恋人なんだ。


こんなふうに友人に紹介できるようになると、もう、怖いものなし。

「彼女」というキーワードには、「ガールフレンド」や「恋人」等の類語がたくさんありますが、恋人と呼べるパートナーを作ることは大変そうで、意外と難しくなかったりします。

不細工な男性でも「美女と野獣」的な趣で交際しているカップルもいるほど。

おそらく自分が思うより、恋人を作ることは、決してむずかしいことではないかもしれません。