ルイヴィトンが彼女へのプレゼントの定番?

贈り物は彼女を喜ばせる手法の定番なの?

人はプレゼントをもらうとたいていの人がうれしい気持ちになります。

親から子供へ。

子供から親へ。

色々な形の贈り物があることでしょう。

その中でも、微笑ましくもあり、大変だな感じるようなプレゼントとは、彼氏から彼女へのプレゼントかもしれません。

プレゼントと言っても、バースデープレゼントから、クリスマスプレゼント、ホワイトデーのプレゼントと色々なシーズンで色々なタイミングで贈ることがあります。

大好きな彼氏からの贈り物は、彼女としては、とてもうれしいことですが、これがもしルイヴィトンバックだったなら、どうでしょうか?

ルイヴィトンのバックをもらったなら間違い感動

ルイヴィトンは、誰もか知っているフランスのファッションブランド。

日本にも高級百貨店の中にも店舗がありますし、銀座等でも一等地に店舗を構えており、永遠の高級ブランドです。

ルイヴィトンの店舗に足を踏み込んだけで、何故かゴージャスな気持ちになってしまいます。

そんなパワーさえ与えてくれるのが、ルイヴィトンなのかもしれません。

それだけに彼女へのプレゼントが、ヴィトンのバックだったなら、狂喜乱舞するくらいに喜ぶかもしれません。

おそらく彼女への贈り物としては、間違いなく最高級のプレゼントになることは、間違いありません。

でも、常識を外れた規格外の高級感のプレゼントだけれども

彼女にルイヴィトンのバックを贈ろうと心に決めたまでは良かったのですか、いざ店舗に入って値札を見て、これまた驚愕。

そう値段が半端ないのです。

ブランド物に疎い男性や関心さえない男性にとってヴィトンのバックは、信じられないレベルの値段。

小さなバックでも、10まんえんはおろか、軽く20万円を越えるのです。

近くのショッピングセンターでは、4、5千円程度のバックにしか見えない物が、20万円以上もしてしまうのです。

「どれほどまでに高級なのか?」
誰もが素直にそう思うはずです。

だからこそ、ルイヴィトンのバックを贈ることで喜ぶ彼女なのです。

必ずしも高いバックでなければならないということもないのでは?

さすがに20万円以上もするルイヴィトンのバックを彼女にプレゼントするのが、経済的に厳しいというのであれば、他の品物を選ぶことはいかがでしょうか?
財布や小物類だと、もう少し値段が低くなっています。

財布では、3、4万円です。

キーホルダーだと、2、3万円。

それでも決して安い和気ではないのですが。

まだ手に入れることができるレベルです。

これで何とか彼女へのブランド物のプレゼントをすることができますね。

さすがルイヴィトンだけあって、小物類もかなりいい値段になりますが、プレゼントとしてはかなり高級な方です。

ルイヴィトンでなくもいいプレゼントを探す

ルイヴィトンの財布や小物を買って、彼女へのプレゼント。

素直な彼女だったら、驚きと無理したことを、逆に心配してくれるかもしれません。

また、余分にお金を使ったことに怒ったりして。

「私のために、こんな使い物を買って。


そんなふうに言ってくれる彼女であれば、とてもいい人ですね。

もし、ブランド志向の彼女でなければ、必ずルイヴィトンではなくても、他のメーカーやブランド物にしてもいいのではありませんか?
国内のブランドでも、品質の高いバックや小物はたくさんありますし、値段はルイヴィトンの数分の1のレベルなのです。

彼女が喜ぶプレゼントとは、気持ちが大事です!

ルイヴィトンのバックや財布が必ずしも、彼女を喜ばせるプレゼントではないかもしれません。

もしかすると、ちょっとした品物でも喜んでくれることでしょう。

大切なことは、プレゼントの中身より心。

贈ってくれたことに対するありがとうという、感謝の気持ちが彼女が持ってくれたなら、そのプレゼントは正解です。

単純にルイヴィトンというブランド名が付いているだけで、判断されるようなら、贈る価値はありません。

酷なことをいいますが、そんなに価値観しか持てない彼女は、あなたの彼女として失格です。

せっかくあげるプレゼントを素直に喜んでくれる人を見つける方が大切です。