彼女との関係を長続きさせるためにはどうしたら良いのか

金銭的な負担は禁物!お互いが無理をしないでデートしよう

まず、彼女の関係を長続きさせるためには金銭的に問題がないようにしておく必要があります。

彼女がいるという事は当然ながらデートに行くことがありますよね。

そこで何かを飲んだり食べたりということもあるでしょう。

その際に何か支払いをしているでしょうか。

どうしても男性の方が支払わなければいけないという気持ちになり、無理していませんか?もしもあなたに毎回食事代を負担しても問題ないような経済力があれば話は別ですが、もしも毎回の負担はきつい、彼女が全然負担をしてくれなくて困る、ということであれば、その関係は長続きさせにくいかもしれません。

もしもあなたばかりが無理をしている、あるいは彼女ばかりが無理をしている、ということであれば、話し合う必要があります。

SNSにおける既読スルーで腹を立てないで!相手は忙しいかも? 

彼女との関係を長続きさせたいと思うのであれば、SNSなどですぐに返信が来なかったとしても機嫌を損ねないということも重要です。

一時期、既読スルーという言葉が流行りましたよね。

メッセージは確かに開封されているにもかかわらず返信が来ない、ということで、パートナーを疑ってしまうということがありました。

このような事は時間の無駄です。

、確かにLINEなどを開くことができたとしても、仕事などで忙しければ返信をすることが難しいでしょうし、仕事中でなかったとしても、後で返信をしようと思いながら忘れてしまうということもあり得るのです。

人間ですから、後でいいやと思った結果、忘れてしまうという事はあり得る話です。

しかし、そのような事情を考慮せずに既読スルーと言って相手を疑ってしまえば、誰も幸せにはなりません。

お互いがどこまで妥協できる?許せる範囲を知っておくことも大切

お互いがそれぞれどこまで妥協できるかということについて話し合った事はありますか?浮気や不倫の境界線というものです。

例えば、ある人は異性と食事に行っただけで浮気だと捉えますし、人によってはキスまでは大丈夫とさえ考えます。

このような境界線がお互いに全然違っていると、いらぬトラブルに発展してしまう可能性があります。

例えば彼女が「他の女性と食事だなんてとんでもない」という考え方の持ち主の場合、あなたも彼女に対して同じ境界線を持っていれば良いですが、この考え方が違った場合、あなたが誰かと食事に行った時になってしまう可能性があるのです。

ですから、彼女との関係を長続きさせるためにも、どこまでならやっても良いのか話し合いをしておく必要があります。

なぜ相手のことが好きなのか考えよう!肩書などに惑わされていませんか?

どれだけ彼女との関係を長続きさせたいと思っても、相手と付き合っている理由というものが不安定であれば、そもそも関係を長続きさせることは難しいと言えるでしょう。

例えば、相手の肩書や相手が持っているお金等に惹かれて付き合っているのであれば、そもそもその動機そのものが不順です。

肩書などあっという間になくなってしまう可能性もありますし、お金もなくなってしまう可能性が十分に考えられるものです。

そもそも、そのような不純な動機どれだけ彼女との関係を長続きさせたいと思っても、相手と付き合っている理由というものが不安定であれば、そもそも関係を長続きさせる事は難しいと言えるでしょう。

例えば、相手の肩書や相手が持っているお金等に惹かれて付き合っているのであれば、そもそもその動機そのものが不純です。

肩書などあっという間になくなってしまう可能性もありますし、お金もなくなってしまう可能性が十分に考えられるものです。

そもそも、そのような不純な動機で付き合っていても、そのような関係は維持されません。

ですから、相手のことがなぜ好きなのかということをしっかりと理解しておくことも重要です。

嫌いなものが共通していると関係を長続きさせやすい!

彼女との関係を長続きさせる場合、どうしても彼女と同じものが好きだと関係を長続きさせられそうに感じますよね。

確かにそれは事実なのですが、同時に嫌いなものが同じということも大切です。

例えば、2人揃ってピーマンが嫌いである必要はありませんが、どのような事は受け入れられない、社会的にこれは間違っている、という考え方が同じであると、価値観が同じということになりますから関係を維持させやすいです。

例えば、片方はドタキャンが嫌だと思っている場合、もう1人がドタキャンは大丈夫だと考えてしまえば関係が崩れてしまう可能性があります。

しかし、双方ドタキャンはダメだと考えていれば問題は起こらないですよね。

お互いに世界の広さが同じであると価値観が合う!

彼女との関係を長続きさせたいならば、双方の世界の広さが同じであるということも大切です。

例えば、片方は違う地域に住むことも可能、海外に行っても良い、という考えの持ち主であったとしても、もう片方が自分は地元で生活したい、生まれ育った街を離れたくない、という考え方である場合、そもそも将来的に同じ世界で暮らすことができません。

また、片方が転勤もあり、もしかしたら海外転勤もあり、という仕事をしていてもう片方が地元のお店でプライドを持って仕事をしている場合なども関係は長続きしにくいかもしれません。

外の世界に出てもオーケーという人ならば、同じく外の世界で生活ができるという人と付き合った方が良いでしょう。

逆も真なりです。