彼女が泣き虫で困る!そんな時はどうしたらいい?

喧嘩をして彼女が泣いてしまった時の対処法

泣き虫の彼女を持つと、かわいいと思う時もあればうざいと思う時もあるかもしれませんね。

映画やテレビを見て彼女が感動して涙を流した時、それもうざいと思う人はいないでしょう。

しかし、喧嘩になった時などに泣かれてしまうと、うざいと思ってしまう人もいるかもしれません。

涙は女の武器という表現がありますが、男性にとっては武器でも何でもないということがあるのではないでしょうか。

まず、お互いが言いたいことを言って喧嘩をしているときに彼女が泣いてしまったら、相手を言い負かしたくて行っているにもかかわらず彼女が泣いてしまうわけですから、成果を得ることができず、喧嘩が休戦状態になってしまいます。

もしもそのようになってしまった場合は、まず冷静になりましょう。

男性にとっては「そんなの不平等だ」と思うかもしれませんが、このような状態で女性が泣いてしまったとき、男性がただ黙って抱きしめてくれたりすると機嫌が直ることが多いです。

会いたい、寂しいと彼女が泣いてしまった時の対処法

もしも付き合っている彼女となかなか会うことができず、女性がさみしがって泣いてしまうということもあるかもしれません。

同じ泣き虫であっても、彼にあいたくて泣いてしまうという事はかわいいと思う男性もいるかもしれませんね。

しかし、人によってはどうしようもできないから泣かれても困る、ということがあるかもしれません。

会いたい、寂しい、なんという理由で彼女が泣いてしまったなら、これも黙って彼女をハグしてあげましょう。

「だってしょうがないじゃん」などという言葉は逆効果です。

女性はただ寂しいという気持ちを汲んで欲しいだけなので、その気持ちを理解して、理解したということを表せば良いのです。

彼女が仕事の文句ばかり言いながら泣いている時の対処法

彼女が仕事の文句を言いながら泣き虫になっている場合、1度や2度であればそのようなことも問題ありませんが、毎日のようにその状態が続いてしまうと嫌になってしまうこともあるかも知れませんね。

そもそも文句ばかり言っている人と一緒にいて楽しいと感じる人はいません。

大切な彼女の事ですから、たまには仕事の愚痴も聞いてあげたいですし、その涙も受け止めてあげたいものですが、だからといって毎日聴いて良いというものでもありません。

そのような場合は彼女に「たまには楽しい話をしよう」と持ちかけてみてはいかがでしょうか。

「あなたは私の話を聞いてくれない」と文句を言われるならば、いっそデートなどに連れ出し、全く違う環境で食事などをしてみても良いかもしれません。

また、もしも彼女が毎日文句を言っていたにしても、彼女がそのような人ではなくただ単に今だけストレスが溜まっているのだと知っているならば、今だけのことだと割り切って聞いてあげても良いかもしれませんね。

彼女が自分の非を認めずに泣いている時の対処法

明らかに間違っている何かを主張しながら彼女が泣き虫になっている時はなかなか対応に困るかもしれません。

例えば、自分の非を認めないで泣き続けていたり、感情論をぶつけてきたりする場合、それは明らかに「涙は女の武器」という表現を利用しているに過ぎません。

そのような場合、まず冷静になることが大切です。

相手に非を認めさせようとしてもこのようなケースでは絶対にうまくいきませんから、まず冷静になり、これ以上言っても無駄であるということを理解しましょう。

もしかしたら気持ちが冷めてしまうこともあるかもしれませんが、気持ちが冷めてしまったら、彼女の良さを思い出してみましょう。

なぜ彼女と付き合っているのか、考え直しても良いかも知れませんね。

彼女が感情移入しやすい!すぐに泣いてしまう時の対処法

彼女がすぐに感情移入して泣いてしまう場合、黙って抱きしめてあげましょう。

例えば彼女が誰かの話を聞き、一緒に泣いていた、誰かに不幸があったという話を聞いて泣き出した、という時、場合によっては「何も泣かなくても」と感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、それは感情が豊かである証拠ですから、こればかりはどうにもなりません。

もしも誰かの話を聞き、彼女が泣いてしまった場合、「自分の彼女は泣き虫だ」と思わず、「自分の彼女は人の話を自分の子供ように受け止められる人だ」と前向きに捉えなれると良いですね。

この場合は彼女を黙って抱きしめ、泣き止むまで待ってあげることが大切です。

むしろ何も言っても無駄です。

彼女が泣いてしまってウザい!そんな時はどうしたらいい?

彼女がいつもすぐに泣いてしまい、本当に困っているということであれば、彼女にその気持ちを伝えてみても良いかもしれません。

感情移入が強く、人のことにも涙を流す女性もいますが被害者意識が強く、ヒロインタイプの女性も泣き虫になりやすいと言われています。

たまに泣かれるくらいならばかわいいと思ったとしても、いつも泣かれてしまうと男性にとってはうざい、ということもあるかも知れませんね。

あまりにも立て続けに泣かれてしまい、どうしても面倒だと思ったら、まず相手に伝えるということも大切です。

ただし、相手が泣いているときに伝えてもそれは逆効果ですから、彼女との関係を長続きさせたいと思うのであれば、彼女が泣いていない時、冷静に話ができる時を狙いましょう。

タイミングを誤ると効果が期待できません。