彼女に会えない時でも恋愛関係を維持する方法

愛情の強さは顔を合わす時間と比例しない場合もある

付き合いたてや仲むつまじいカップルの場合、毎日でも会いたいと考えてしまうことはけして珍しいものではありません。

むしろ交際期間が短い恋人同士であればお互いのことを知るために直接顔を合わす機会を増やすべきです。

しかし仕事や勉強などの理由で、彼女に会えない期間ができてしまう場合もあるでしょう。

会う回数が減るとそれだけ愛情不足を感じることや、心変わりや浮気をしていないかと不安にかられることもあるでしょう。

けれど実際には、恋人への愛情の強さと互いに顔を合わす時間はさほど比例せず、むしろ大切なのはどれだけ相手のことを考えているかなのです。

寂しいからといって不満や愚痴を吐きすぎると逆効果

素直に寂しいや会えないから辛いといった気持ちを吐露することは悪いことではなく、むしろ感受性が豊かな彼女を持つ場合、気持ちを隠すよりストレートに伝えた方が効果的です。

寂しいのに、会わなくても平気と強がるのは嘘でも言わない方がいいでしょう。

しかしそういったネガティブな感情を恋人だからといって何でも伝えすぎるのは逆効果になってしまうこともあるのです。

なぜなら相手も同じように会うことができないことでストレスや不満を抱えています。

なので言ったことで却って火に油を注いでしまうこともあり、すぐにはデートができない状況や環境であればより我慢を強いられてしまいます。

むしろ恋人の心細い気持ちを受け止めるくらいの器量がないといけません。

会う回数や頻度より会える時の質を重視する

会えない期間をおいてやっと会うことができる場合、デートの回数がまわりのカップルと比較して少ないことで、彼氏らしいことを全然できていないと卑屈に思うこともあるのではないでしょうか。

けれどそう自信をなくしてしまうのはよくありません。

せっかく会える時間をつくれたのですから、楽しむこと、彼女との思い出をしっかりつくることを意識しないといけません。

会ったときの楽しかった思い出を増やすことで、デートの質をその分あげることができます。

人は人、自分たちは自分たちという強い心を持ち、余所のカップルと比べて落ち込まないようにしないといけません。

忙しくてもチャットや文字でコミュニケーションを密にとる

会えないからといってコミュニケーションを疎かにするのはよくありません。

現代ではチャットやメールという手段が身近にあるので、顔を見て話せない分、文字でコミュニケーションをとることを心がけましょう。

また、チャットはメールよりも普段の会話に近い感覚でできるので、恋愛関係を深めるのにも適しています。

ただ彼女が忙しいという場合、既読をつけていない、既読スルーされたからといって落ち込まない、相手を責めないようにしましょう。

逆に彼氏側もすべてのチャットを返信することを目指すのではなく、あくまでもコミュニケーションの一環として肩肘張らないようなやりとりをするようお互いのルールとして決めておくと安心です。

時間に余裕がある場合は電話やテレビ電話を活用する

チャットやメール以外で時間がある時は、電話をして声でのコミュニケーションもしっかりとるようにします。

また、カメラ機能があるパソコン機器を持っていたりやネット環境が整っている場所にいる場合、テレビ電話をするのもいいでしょう。

電話やテレビ電話は顔を合わせて話すのに、とても近い感覚でできるので、彼女となかなか会えない期間が続いたりするようであれば、活用するのも一手です。

仕事や勉強が忙しくない時期や週末を狙って、予定を立てればデートのようなわくわく感も味わえますし、それだけお互いの存在を強く意識することができます。

次に会える約束を決めてモチベーションアップ

彼女と会えることで、男性は目に見えてモチベーションアップし仕事や勉学といった日々のことへの向き合い方も変わってくるでしょう。

つまり恋人の存在がそれだけ大きな影響を与えているのです。

それは男性に限った話ではなく、女性にとっても同じです。

彼氏と会える日程や約束が決まっていればそれだけ日々の意欲がアップします。

これは毎日会えるような環境にいるカップルでは理解できないことで、会えないからこそ日常にお互いの存在がはりあいとなっている証拠です。

こういった互いのことを強く意識して成長に結びつけたり、やる気のアップにつながったりできるカップルは恋人の枠だけでなく、将来を見据えた実直な付き合い方ができます。

離れているからこそ、深化できる愛情もあるのです。