彼女と会えなくて残念な気持ちを紛らわす方法5つとは

彼女と会えない時の過ごし方と考え方について

好きな女性のことを考えていると、その女性のことが頭から離れなくなり、自分のしていることに身が入らなくなることがよくあります。

定期的に会っているのであればいいですが、会えない期間が長くなると余計にその傾向が強くなることでしょう。

会いたいと思っても会えない時にはストレスを抱えてしまいがちになります。

だからといって彼女に会いたい、会いたいと強く押してしまうようになれば、彼女が引いてしまい、心が離れていってしまいます。

会いたいと思う気持ちを相手に押し付けることなく、うまく気持ちをコントロールすることが大事になってきます。

そこで彼女と会えずに残念な気持ちになっているときの気持ちの紛らわせ方について紹介したいと思います。

仕事に打ち込むことと趣味に熱中すること

彼女と会えないときというのは頭のなかの大半のことが彼女のことになっています。

離したいと思ってもなかなか離すことができません。

少しでもそうならないように彼女以外に熱心になることができるものをみつけることが大事になってきます。

仕事であれば、やったことのない仕事にチャレンジしてみたり、今やっている仕事をもっと効率的に行うことができるように工夫してみたりするといいでしょう。

仕事のできる男性は素敵です。

また、仕事以外にも夢中になることのできる趣味を見つけることが大事です。

趣味に没頭すれば、その時だけは彼女のことを頭から離すことができます。

ただし仕事や趣味に熱心になりすぎてもいけないので、彼女のことは時々考えましょう。

連絡を取り合うことが大事

彼女と会うことのできない理由としてお互いに忙しいということがよくあります。

時間をみつけたいと思っても見つけられないこともあるでしょう。

全く会える時間がないということはないと思いますが、久しぶりに会うのに少しの時間だけでというのはもったいないし、長い時間一緒に過ごしたいという思いから、なかなか会えずにそのままになっているということがあります。

会えないなら、連絡を取り合うことが大事です。

LINEなどでメッセージを送りあうこともいいですが、電話をすることも大事です。

声を聞くだけでも寂しさがまぎれることでしょう。

いつ会える?とかいう話しをすると相手にプレッシャーを与えてしまうので、たわいもない話しをするといいです。

連絡をする時間を決めておく

彼女と会うことのできない理由として、他には女性が遠くに住んでいて会いたくてもなかなか会えないということがあります。

簡単には会えないので、不安や寂しさが余計に募ることでしょう。

そんな時には、連絡を取り合う時間を決めておくことが大事です。

何時になったら電話してどのくらい話しをするかということをお互いに決めておけば、その楽しみのために一日仕事を頑張ることができるでしょう。

絶対に連絡してくれというように押し付けずに、相手の気持ちを考えながら優しく提案するといいです。

約束をお互いにきちんと守ることができれば、安心感につながりますし、お互いの信頼にもつながります。

会うことができなくても仲が深まることでしょう。

次に会ったときにどこに出かけるか考える

会うことがなかなかできなくてもいずれはまた会うことになるでしょう。

そのときのために、どこに行こうかあれこれ考えてみるといいです。

付き合いだして長くなると過ごし方がいつもと同じということがよくあります。

前にここに行ってみたいなという話しが彼女からでていたことを思い出してデートプランにいれてみたり、最近食べにいったあそこの店のごはんが美味しかったから彼女とまた行って今度は違うものを食べてみようとか美味しかったものを彼女に食べてもらおうとかしたりすれば、いつものデートにはない変化をつけることができてデートをより楽しむことができるでしょう。

ただしこれは考え過ぎると余計に寂しくなる可能性がありますので、ほどほどにしたほうがいいです。

メンタルの保ち方

彼女と会うことのできない期間が続くと彼女のことを考え過ぎるがあまり、仕事でとんでもないミスをしたり、今まで楽しいと感じていたことでも楽しくないと感じてしまうなどいろいろなところで悪影響が出てきてしまいます。

仕事関係や友人関係で信頼がなくなってしまうことも出てくるかもしれません。

そうならないために、自分を見失うことなく芯を持って日々を生活していくことが大事になってきます。

彼女に会えないことについてプレッシャーを与え続けることがあれば、一歩間違えば別れという悲しい結論に行き着いてしまいます。

会えない時間も次に会うための必要な時間なんだと思って過ごしていれば、次に会える時にはより楽しい時間となることでしょう。