彼女が話を聞いてくれないのはなぜ?6つの理由を紹介します

彼女が忙しすぎて、心に余裕がないのかもしれません

彼女が話を聞いてくれない…このような不満を持つ男性がいるかもしれません。

しかし彼女が話を聞いてくれないのには、何かしら理由があるのかもしれません。

そこで彼女の様子を良く見て、どのような状況にいるのかを確かめてみましょう。

まず彼女が「忙しすぎる」可能性があります。

大手企業でノルマが厳しい仕事に就いている彼女や、専門職で働いていて他に替えがきかないような仕事をしている彼女の場合、仕事が忙しすぎる可能性があります。

忙しすぎると心に余裕がなくなり、彼氏の話をしっかりと聞く事ができなくなります。

落ち着くまで見守ってあげるようにしましょう。

彼女は実は、彼氏に対して怒っているのかもしれません

彼女が彼氏の話を聞いてくれない時は、彼女の心の中にわだかまりがあるのかもしれません。

例えば彼女は彼氏に対して怒っていて、素直に話を聞く気にならないのかもしれません。

彼女が怒るような事をしたかどうか、記憶を探ってみましょう。

デートに遅刻してしまった、記念日なのに忘れている…そのようなミスはしていないでしょうか。

彼氏がデートに遅刻をした場合、その事を指摘しないものの、デート中にずっと怒っている…そんな女性は少なくありません。

もし彼女を怒らせるような事をしている場合は、すぐに謝りましょう。

するとすぐにいつも通りの彼女に戻るかもしれません。

彼女は何か大きな心配があるのかもしれません

大きな心配があると、気持ちココにあらずのような状況になります。

彼女が話を聞いてくれない時は、何か大きな心配を抱えている可能性があります。

例えば仕事で難しい状況に直面している可能性があります。

明日の会議にどのようなプレゼンをしようかと、頭の中でついついシミュレーションしてしまうのかもしれません。

プライベートで大きな心配がある可能性もあります。

話を聞いてくれない彼女に対して怒るのではなく、まずは心配事がないかどうか確かめてみましょう。

一緒に心配事を解決する事ができれば、彼女は話を聞いてくれるようになりますし、二人の仲もより深くなるでしょう。

実は彼女は浮気をしているのかもしれません

彼氏に対して大きな嘘をついている女性は、話を聞いてくれない可能性が高いです。

嘘をついている事を彼氏に対して申し訳ない気持ちがあるため、じっくりと会話を楽しめない、または嘘がばれたくないから会話を続けたくないと思っているかもしれません。

大きな嘘として「浮気」をされている可能性があります。

浮気がばれないように、彼氏の話を適当にあしらうため、話を聞いてくれないような印象になるのかもしれません。

他にも年齢をごまかして付き合っていたり、嘘の職業を話して付き合うなど大きな嘘をついている彼女とは、普通に会話をするのが難しいかもしれません。

彼女は別れたいと思っているかもしれません

彼女が彼氏の話を聞いてくれない時は、彼女は彼氏と別れたがっている可能性があります。

もうすでに彼氏に興味がないため、話を聞きたいと思っていないのかもしれません。

または「別れ話を切り出すタイミング」を計っているのかもしれません。

いつ別れたいと言おうかと考えているため、彼氏の話に対する反応が薄いのかもしれません。

一時的ではなく、長期間彼女が話を聞いてくれない時は、彼女に愛想をつかされている可能性が高いです。

このような状況になってしまった場合は、挽回してラブラブな状態まで持ち直すのは難しいかもしれません。

まずは彼氏側が彼女の話を聞くようにしてみましょう

彼女が話を聞いてくれない時は、まず「彼女の話を聞く」ようにしてみましょう。

彼女の話を聞かないと、彼女の胸の内が分からず、なぜ話を聞いてくれないのか理由を知る事が難しいからです。

また彼氏が自分ばかり話をしていて、彼女が聞き役になってばかりいる可能性もあります。

彼氏と彼女がお互い言いたい事を言えるよう、調整する必要があります。

彼女の話の聞き役に徹する事で、会話のバランスが整い、以前よりも良い関係になれるかもしれません。

彼女が話を聞いてくれない、または彼女が会話中につまらなそうにしている時は、彼女の話をきちんと聞く事から始めてみてはいかがでしょうか。