好きな彼女から急に連絡来ないとき彼氏は、どうするべきなのか。

とりあえず、何も心配が無ければ状況を見てみる

付き合ってれば、彼女から連絡来ないということは、よくあることだ
と思います。

もし、彼女から連絡来ないのであれば、とりあえず焦らないで
気持ちを落ち着かせることです。

冷静になり、しばらく時間をおくという方法をとるのが無難な方法です。

彼女にも、忙しい時のあるでしょうから、やはりそういった忙しい時は
彼氏に連絡できない時もあるでしょう。

彼女のことが心配になり、連絡してみたらたいしたことではなかったという
ことも多いです。

男ですから、少々のトラブルはおろおろせずに、落ち着いた行動を
とりたいところです。

しかし進展がなければ、次の手段を打たなければならないでしょう。

時間が経っても、進展が無ければ連絡を試みる。

彼女からの連絡来ない時間が長いと感じた時は、次の手を打ちましょう。

今まで連絡を頻繁にしてくれた彼女であればなおさら心配です。

彼女に何かしらの変化が起こったということを考えなければ
ならないでしょう。

とりあえず彼女に連絡をしてみましょう。

それで、彼女が無事であればそれで良いのですから思い切って電話をした方が
事はスムーズにいくはずです。

後で彼女に私のことが心配じゃなかったのと言われることもあるので
そういったことのないように、こちらから電話をすることがベターです。

繋がらなかった場合は、少し深刻な状態かもしれません。

何もなければもちろんいいのですが、彼女に何かしらのことが
起こった可能性はかなり高いと思います。

彼女の交友関係を当たってみて、彼女の状態を探る

彼女に連絡しても、繋がらなかった場合、また返信もなかった場合は
やはり彼女のことが心配でしょう。

これ以上待っても、連絡来ない場合、彼女からの連絡は
期待ができないので、
そのような時は彼女の周りの人を当たるのが一番良いでしょう。

彼女の交友関係を片っ端から電話するのも良いですし、
知り合いなのであれば直接、会って話しても良いでしょう。

何かしらの手がかりが、知るかもしれません。

教え直接彼女と友達と会って、彼氏にとってマイナスのことがあるかもしれません。

その時は感情的にならず、まずは納得することが必要でしょう。

交友関係は立っても何も出てこない場合は、かなり心配なケースです。

彼女が怒って連絡してこないのであれば、自分から連絡をする

もし交友関係は立ってみて、実は彼氏と別れたいということを告げられた時、
とりあえず彼女にあって話すことが一番良いでしょう。

どうしても彼女が彼氏と会いたくないと言うのであれば
それは仕方がないと、きっぱり諦めるのも男らしいのですが、
やはり納得がいかない彼氏が多いでしょう。

自分のけじめをつけるために、彼女と会って話した方が
納得がいくのではないでしょうか。

彼女の友人に間に入ってもらって、会うことも一つの手です。

あいだに入ってもらうことで、感情的になること防いでくれます。

もう、彼氏の方に問題があって、連絡来ないのであれば
それは彼氏が早めに謝らなければなりません。

どんな理由があるにせよ、彼女を悲しませてしまったことは
事実なので早めに謝って、今後どうしていくかを話し合いましょう。

別れたいと彼女が思っているのであれば、会うように努力する

彼女の別れる意志が強い場合には、彼氏も会いたくはないという人も
いるかもしれませんが、やはり最終的にはあって二人が納得するような
形になった方が一番良いです。

恋愛はとても楽しいものですが、必ずうまくいくとは限らないないのも
また恋愛なのです。

悲しい別れになったとしても、それはそれでひとつの人生の大きな
勉強だったと納得しましょう。

間違っても、彼女のことを恨んだりするようなことはやめましょう。

連絡来ないことは、やはり彼氏にも反省があると思います。

その反省を今後の恋愛にしっかり活かして、良い恋愛をしていくことが
とても大切なのです。

連絡来ないことが単に、彼女のわがままだったら

連絡来ない彼女とのこと、彼氏のことは当然心配します。

しかし彼女が、おもしろなって連絡して来なかったとなると
話は違ってきます。

彼氏を心配させようと思って、わざとそのような行為に及ぶ
彼女も少数ながらいます。

もしそのような場面に出くわしたら、彼氏はどうしたらよいでしょうか。

基本的には、流してしまってはいけないと思います。

やはり人に心配させるということは良いことではありません。

はっきりとこのようなことはやめて欲しいと彼女に伝えるべきだと思います。

もし彼女に、この気持ちが届かないようであれば、少しきつめに怒っても
良いでしょう。

悪いことがしっかり悪いということを彼氏から教えて
あげなければなりません。