毎日lineしてくる彼女は、どんな考え方の持ち主なのか

毎日、lineしてくる彼女の気持ちを分析してみよう。

毎日 line をしてくる彼女の性格に対して彼氏は興味があるはずです。

やはり恋愛というものは駆け引きなので、相手の気持ちが分かれば
恋愛の主導権を掴むことができます。

最近では彼女にぐいぐい引っ張ってもらいたいという彼氏も
多いので、その場合にはあまりアドバイスにはならないかもしれませんか、
基本的には、恋愛は彼氏がリードしていかなければなりません。

lineの内容分析すれば、自ずと彼女の見えない性格も
見えてくるかもしれません。

そうすれば毎日の lineも今まで以上に楽しくなるはずです。

もし、近くにスマホがあったらもう一度見直して確認してみましょう。

lineの内容がどうでも良い内容だったとしたら

彼女の毎日の line の内容を見た時に、どうでもいい内容が多かった場合
二つのことが考えられます。

一つは、とにかく彼氏との時間を楽しみたいということ。

もう一つは、とりあえず暇だから、暇つぶしに彼氏と line していると
いうことです。

これだけでは判断しがたいのですが、彼女が毎日連絡を取ってくる
ことを考えれば、とりあえず良い方に取るのが無難です。

自分のことを考えて彼女は毎日連絡してくれると思いながら
line を続けることがトラブルにならない方法だと思います。

めんどくさいと彼氏が思いながら、連絡をしていると
相手にその気持ちが分かってしまった時に喧嘩になります。

そういうことがないように、愛情持って接しましょう。

lineに絵文字が多ければ、愛情ありといえるかも

彼女の毎日の line の内容を見たときに、絵文字が多ければ
彼氏に対して愛情がある可能性が高いと言えます。

カップルのメールの統計をとった研究者によると、
ラブラブの間は、絵文字がとても多いという結果出ています。

ラブラブ度が下がってしまうと、絵文字はなくなってしまい
文字だけになるようです。

最終的に敬語になった時には、カップルの関係が冷え切っている状態に
なっていることが多いという研究結果があります。

それは line でも同じことが言えるので、
彼女の気持ちは、絵文字に隠されていると言って良いのではないでしょうか。

lineを見て、彼女の気持ちが分からない時は質問してみよう

毎日のlineを見ても彼女の気持ちが分からない時があると思います。

そのような時は、彼女にいろんなことを質問してみましょう。

彼女と一緒にいる時に、彼女のほうから彼氏に質問することは
よくあることですが、彼氏の方から彼女に対して質問することは
少ないはずです。

ですから彼氏の方から何でもいいので質問してみましょう。

その答え方しないで、彼女の本当の性格がわかることがとても多いです。

今まで見えなかった、本当の彼女の性格がわかります。

少し怖いかもしれませんが、これから付き合っている上で
やはり彼女の性格を知るということは大切なことなので
あなたのことを知りたければ質問することが一番だと思います。

lineの返事をわざとしないのも、たまには良いかも

毎日 lineをしてくる彼女に対して、彼女の気持ちがいまいちわからない時には
わざと返信しないというのも一つの手です。

彼女の lineをしっかりと読み、あえて返信しないというものです。

彼女の方が、なぜ返信してくれないのか不安になると思います。

彼女が不安になった時に、どういった行動に移すことを観察することで
彼女の本当の性格を知るというものです。

あまり良いやり方とは言えませんが、どうしても彼女の本心が知りたいと
いう彼氏に限ったやり方だということを承知しておいてください。

基本的には、あまりお勧めする方法ではありませんが、
恋愛も大きい枠組み時間があれば、駆け引きなので
ギリギリ許される範囲ではないかなと思います。

基本的には、送られたlineは返信するのが良い

彼女の毎日の lineに対しての彼氏の反応は様々なと思います。

嬉しいと思う彼氏もいれば、もう少し控えてほしいと思っている彼氏も
いると思います。

どちらも正しい意見なので、どちらが悪いということは
言えませんが、送られた連絡に対して、しっかり返していくのが
マナーというものです。

今までの、彼女の lineを見返してみましょう。

そこには、内容がなくてもその時の彼女の気持ちが
散りばめられています。

一見、どうでもいい内容のように見えたものも
見返してみたら、 彼女の本心が隠れていたということに
気づかされる瞬間があるかもしれません。

その時には分からなくても、後々気づくことも多いのです。

そのようなことのないように、とりあえず返信をして
彼女の思いをしっかりと受け止めるようにしましょう。