彼女が欲しい方における自分自身の実践方法について

彼女+彼女に関する仕草の中で私が気になったことについて

私は従来から彼女が欲しいがために彼女を作るための研究しておりました。

高校生の時は男子校でクラスに女子がおらず、中学時代はイジメを受けていたために、女性達は私に対して軽蔑の眼差しでしか視線を送りませんでした。

そんな中で専門学生の頃にカリスマ的な人気を誇っていた同級生と会話する場面があり、その会話の中で彼女の好きな仕草を同級生がしきりに話していたのを知り、私も次第にもし、彼女ができれば、どのような仕草を求めるだろうかという所まで、考えつくようになりました。

また、こんな仕草がある女性だといいなと想像する私がおり、好きな仕草について考えるようになりました。

彼女+彼女の心理描写について、もし彼女が・・・

私は、初めて彼女が欲しいと思った時から彼女と出会う前までに半年程メール通信をしてようやく、初めての彼女に会うまでにいたりました。

その時に、「彼女がこう考えていたら、どうしよう・・」ですとか「今、彼女はこう思っているから、きっとこのような言葉を切り出されるに違いない。

」と彼女の心理描写がとことん気になってました。

私が想像したことを彼女が実践すれば、喜びましたし、想像したことと違う行動を取ったりすれば、なぜそう思うのか、と分析することが好きでした。

また彼女が腹の中で思っていること、いつ別れを切り出されるか、明日も誘えば来てくれるか等、彼女作り方を通して、心理描写は非常に重要であるなと思うようになっておりました。

彼女+彼女の男性に対する思いと私の女性に対する思いについて

一言で言うと彼女は非常にドライでした。

私との恋愛がマンネリになってくれば、切り替える準備もあると示唆してきたのです。

その頃の年齢にとっては非常にショッキングなことでしたし、彼女自身もその歳でよくそんなドライなことが言えるなと思いました。

お互い20歳前半でしたので、そういうドライな女性の考えに私の思考がついていきませんでした。

彼女が欲しいあまりに焦ってしまったのかなと思ったりもしましたが、よくよく考えると女性の方で精神年齢が男性より上だったなと思い始めるとあまりショックを受けなくなったような気がします。

こんなことでショックを受けているようであれば私の想いなんて全て彼女は、お見通しだなと思いました。

彼女+私と彼女の恋愛偏差値についての私の所感

彼女が欲しい中で、恋愛偏差値という言葉が最近流行っておりますが、私は、決して恋愛偏差値は高く無い方であると自覚しております。

恋愛偏差値イコールそれまで付き合った経験人数であると思うからです。

特に童貞男であれば恥ずかしいの極みです。

地域によっては高校生で彼女がいないなんて恥ずかしくて人に言えないという地域もある位で、恋愛偏差値については、生まれ育った環境にもよるかもしれないと思うのもあるし、その人の性格が決定づけるなと思いました。

奥手な男性であれば女性にアタックするのは難しいし、女性も奥手であれば、意中の男性に声なんか掛けられない、結局はその人個人の資質だなと思いました。

もちろん経験して磨かれていく部分はあります。

彼女+彼女の好きな男性のタイプについて私の所感

彼女が欲しい過程で誰しもが好きな異性のタイプはあると思います。

彼女についても好きな男性のタイプはあり、それは、付き合っていく過程で判明することです。

例え付き合い始めの段階で彼女の理想の男性でないことが分かったとしても、その女性を手放したくなければ徹底してその彼女が思い描く男性に近づくことが大事であると思います。

例えばオシャレな男性が好きなのであれば、まずは、時計と靴からコーディネイトしてみたり、服装を自分が格好良いと思う服をとりあえず買い揃えて見て自分自身でコーディネートしてみたり等、ありとあらゆる方法で彼女の視線を勝ち取ることが必要であると思いました。

彼女+彼女の好きな動物について、好きな動物とは

彼女が欲しい男性にとって、知っておいて欲しいことは、ほぼ必ずと言って良い程、女性はペットや動物が好きです。

私が好きになった女性も熱帯魚、ハムスター、犬が好きでした。

その彼女の好きな動物で彼女の心理描写が分かる時もありますし、それによって性格も判明することがあるでしょう。

彼女の好きな動物に合わせて自分自身も好きになると言う方法も良いかもしれませんね、特に犬か猫かどちらかが好きという女性は大半であると思います。

彼女が実家で飼っている動物と親しくなることで更に親近感が増したりする可能性は大ありです。

動物を好きになることが彼女を知ることに繋がると思います。