彼女と別れたいと思ったときに男性がやるべき方法

連絡する頻度を低くしていき自然消滅を狙う

彼女と別れたいと思っている男性にとって、別れを切り出すことがしづらい場合もあります。

そういったときには直接別れたいと言うのではなく、もっと別の方法で結果的に別れられるという状況の実現を狙うと良いと思います。

例えば、今までと比べたときの連絡の頻度を落としていくというのは1つの有効な方法になります。

数日に1回はメールをしていたのに、それが1週間に1回になり、そこからさらに間が空くとか、そういった状況を作るのです。

そこまでいくと、いずれは自然消滅という状況になる可能性があるので、これは割とやりやすい方法と言えます。

向こうから振ってくれるように仕向けるというのもあり

別れを切り出しづらいし、徐々に距離を置くというのも厳しいと感じている男性は、向こうから振ってくれるように仕向けるというのは考えておくと良いです。

彼女と別れたいと思っているときには、自分自身を印象を悪くして、女性に振ってもらった方が楽という人もいると思います。

したがって、例えば急にギャンブルで浪費するようになるとか、明らかに女性にとって嫌われる男性を演じられれば、向こうから愛想をつかして振ってくれるという可能性があるのです。

彼女と別れたいときに、自分から別れを切り出すのが厳しいと感じている人はそういった方法もおすすめというのは知っておきましょう。

デートの誘いを断る回数を増やしていくと良い

デートに誘われても用事があっていけないとか、仕事が忙しくて行けないという対応を何度もしていくと、さすがに向こうも勘づいてくれる可能性があります。

私と別れたいと思っているのかな?と考えてくれる可能性がり、向こうから別れを切り出してくれるということもありますから、そういった状況に期待をするというのもありでしょう。

彼女と別れたいときにはこちらから直接言いづらい人がいるはずですけど、別れたいように思っているということを向こうに察してもらうというのは使える方法として男性は覚えておくと良いのではないでしょうか?

これからもずっと付き合うのが厳しいという嘘をついてみる

彼女と別れたいときには嘘をつくというのも1つの手ですが、そのときにはこれからずっと付き合っていくのが厳しいと思ってもらえるような嘘じゃないといけません。

中途半端な嘘だと、彼女側が努力をしたり、負担をして付き合える状況に持っていこうとする可能性がありますから。

だから、例えばずっと海外で仕事をしないといけなくなってしまったなどの彼女側としても許容しづらい範囲の嘘をついて、諦めてもらうというのを狙うというのもおすすめになります。

嘘はつきたくないという人もいるかもしれませんけど、どうしてもというときの手段として覚えておきましょう。

友達として付き合ってほしいと言うのは意外と有効

別れを切り出すというのは難しい場合もあるのですが、完全に別れるというよりは友達としての関係でこれから付き合いたいと言うというのはおすすめです。

完全に別れるとなると、彼女としても拒否反応を示しやすいですが、友達としてならばこれからもかかわることはできるわけで、楽しい時間を過ごせる可能性はあります。

だから、そこで妥協してくれる可能性はあるので、ストレートに彼女と別れたいと言いづらいときには友達の関係に変えるという案を提示してみるというのも良いと思います。

関係を0にしたいと思っている人以外についてはこういった方法も試していくと良いと言えます。

普通に別れを切り出すというのが1番納得して別れられる方法

彼女と別れたいと思っているときに、ストレートに言い出しづらいからいろいろな手を使って別れたいと思っている人もいると思います。

しかし、お互いにとってモヤモヤを残さないという意味で納得して別れやすいのは、やはり直接ストレートに別れを切り出すということになると思います。

だから、彼女と別れたいということを直接伝えるのが難しいと感じている人でも、できることならばそういった伝え方をしていくのが、お互いにとって後腐れなく別れられる方法になる可能性はあります。

そういった選択肢も頭の中に入れておくと良いと思うのです。