彼女にしたい女の子にするべき事とその意味

これが一番当たり前だけど効果的!優しくする

言われなくても誰もが実践している事だとは思いますが、優しくされて嫌がる女の子はいませんよね。

特に日頃から怒っているような話し方をしている人や、何だか冷たそうな印象の人が
自分にだけ優しかったりすると誰でも嬉しくなるものです。

肝心なのは、【彼女にしたい子にだけ】というところでしょうか。

他の女の子にも同じように接していたら、誰にでもそういう思わせぶりな態度を取るんだよね?
なんて思われてしまうかもしれません。

口調が少し優しくなる、話す時に微笑む、そんな小さな事でかまいません。

やりすぎると逆効果になることありますからね。

そしたらなんの意味もありません。

適度に接してみましょう。

いつもの自分より少し大人の雰囲気を出して接してみる

大人の雰囲気と言っても、レストランの食事代を全額出してあげるとか、車でどこでも行きたいところに連れて行ってあげるとかそんな意味ではありません。

そういう事は背伸びしてやると後々自分の首を締めてしまいますし、もしも彼女になってくれたとしても実情が分かればすぐに去ってしまいます。

大切なのは、少し落ち着いて接するということです。

話す時に常におどおど、きょどきょどしてるような男性には魅力を感じません。

恥ずかしいあまりに素っ気なさ過ぎても、印象がよくなるはずもないですよね。

女性は自分の話をちゃんと聞いてくれる人に心を開きますよ。

好きな相手がが困っていたり、悲しんでいる時は絶好のチャンス

そんなことを言うと、困っている人に対して失礼かと思われるかもしれませんが、
人間って弱っている時に手を差し伸べてくれる人には心を許しやすいんです。

もしも彼女にしたい女の子が、意味深な発言をしていたりなんかしたら、すぐに話を聞いてあげたほうがいいです。

かまってちゃんタイプの場合には何度も何度も同じことが起きる可能性もありますが、そこは根気強く付き合ってあげることで相手に安心感をもたらします。

話を聞いて、そんな事?!くっだらないなーと思っても本人にとっては重大な事なので、最後まできちんと真剣に聞いて相談に乗ってあげることです。

一緒にご飯を食べたり作ったりする機会を設ける

食事は、人が生きていく上で欠かせない行為ですが
一緒に食事を取ったり作ったりすることで見えてくる事はたくさんあります。

ですが、いきなり二人で・・というのは難しい場合もありますよね。

そんな時は仲間うちやグループでバーベキューや鍋パ、お花見なんかを企画すれば彼女と近づくきっかけ作りになります。

グループ内で開催したパーティなんかであれば開催中に話しかけて二人で食事する時間が作れたりするかもしれません。

材料の準備から始めるものだと、その子の料理の腕前だったり、好きな物・嫌いな物まで何かと話のネタになることを得られたりしますよ。

意味のある時間を作ることが大切です。

世の中で起きている出来事に対して感情移入してみる

どういう意味?と思われるかもしれませんが、

彼女との話を膨らませる為には、それなりに世の中のことを知っていないと行けないという事です。

そして、ただ闇雲になんでも情報収集していればいいという事ではなくて、
それに対して自身の考えを持っているということが重要になってきます。

なんでも知っているというだけでも、かなり男性としてのポイントは上がると思いますが
そこに行き着くにはまず物事に対して興味がなければ始まりません。

世の中で起きている出来事に対して、なんでもいいから感想を持つことでより自身の記憶にも残りやすくなります。

いつそれを話のネタに出すかは自分次第ですが、土台を作っておくことはとても大切です。

自分らしさを失わないで、恋愛を楽しむと言うこと

いろいろなことを述べてきましたが、最後は自分らしくなければ何も意味を持たない、と言うことです。

恋愛に頭の中を占拠されているようでは人としても男性としてもなんだか魅力がありません。

相手のことを考えるのは大切ですが、四六時中では自分も疲れてしまいますよね。

自分の好きなことにのめり込んでいる男の人にときめく女の子はとても多いです。

自分の趣味を大切にしながら、彼女にしたい相手の事もきちんと考えられる。

それがバランスよくできていれば、きっとこれから先の恋愛でもスムーズに事が運ぶはずです。

どこかに思考が偏ってしまっていると思ったら、一度立ち止まって自分の事や相手の事を考え直す時間を作ってみることも大切ではないでしょうか。

恋愛に振り回されるのではなく、恋愛を楽しむという考え方で行動するのがいいかもしれませんね。