彼女のスマホのロック画面を自分の写真にしてもらう方法

彼女のスマホ画面を恋人の写真にしてもらうコツ

いつの時代でも好きな異性の写真を肌身話さずに持っていることは男性側に多いようです。

最近ではスマホのロック画面を好きな人の写真にしているという人もいます。

大抵、彼氏が自己満足で写真を載せるか、彼女がやきもちやきの性分であるために写真を持っていて!とリクエストするかのどちらかです。

後者の場合は、彼女が自分の写真をいつも持っていて欲しいとお願いするケースが多いです。

問題はそんなヤキモチ焼きの彼女でも、彼女自身は彼氏の写メを持ち歩かないということもあるということ。

彼氏が持ち歩くならば、お互いに、とリクエストしない限りはロック画面というメイン画像にはしてくれないことが多いです。

恥ずかしさを考えて、自宅用に限定する方法

いくら好きな彼氏の写真でもプライベート上の相手のことを学業や仕事上のアイテムにまで載せることは憚られるものです。

学生ならまだしも、社会人ならば私用のスマホ
だけに限定したいと考えるものではないでしょうか。

中には、仕事ようの機器に彼女、彼氏の写真を載せたりする方もいるかもしれませんが、それって会社のデスクの上の写真立てに、家族写真を飾るようなものと似ていますよね。

できれば、恋人の写真はプライベート上の機器でのことと留めておきたいと思うのであれば、プライベート上で、彼女のお願いしておけばいいだけのことなのです。

付き合い初めのラブラブな時期にリクエストすること

自分の顔によほどの自信がないとできませんが、顔写真をスマホの画面に設定させたいのであれば、まだ付き合いを始めたばかりの頃に彼女にお願いするといいでしょう。

なぜならば、付き合い初めの時期はまだまだ新鮮な気持ちですから、相手の多少のわがままも可愛いと思うものです。

それに人は、頻繁に顔を合わせていると情がわいてきます。

彼女のスマホに自分の写真をのせる一方で、彼氏のスマホにも彼女のものを載せればこれでおあいこになります。

付き合い初めの頃を逃すとあとは今更。

見たくなくても見ないといけない顔になるという感じで面倒なだけなので、最初が肝心なのです。

浮気予防にカップル写真を載せる

できるだけ付き合い初めてから浅い日に、浮気防止のためにお互いの写真をスマホの画面の出てくるように設定する方法がおすすめです。

お互いの浮気予防のためでもあるのです。

スマホを開く、閉じるたびに彼女、彼氏の顔が現れる仕組みを作っておくようにします。

こういうことをしても、浮気をする人はするものですが少しでも抑止につながる可能性はあります。

ここで、彼女、彼氏の独立した写真を使うのではなくて、彼女と彼氏2人だけのカップル写真を使うようにします。

誰かが目撃しても、あの人彼女がいる、彼氏がいるとわかるようにしておきましょう。

イベントのラブラブツーショットを載せよう

彼女と旅行やイベントで遊びに出かけた先での写真をスマホの画面に設定しておくとよい思い出になります。

とくに、誕生日や出会った記念日の写真を撮影して設定すると、おすすめです。

これは、いつまでも仲の良い2人のイメージを壊さないようにするためにも有効です。

ラブラブな写真でも下着や裸姿の写真は絶対に載せてはいけませんが、常識ないの写真であればラブラブ写真を載せるように勧められます。

お互いが同じ写真を見るようにすると絆が深まりますよ。

また、彼女、彼氏を狙う第三者からの浮気予防にもなりえます。

ラブラブ写真はそういう意味でお勧めできる写真です。

スマホの画面という特殊な機器に設定するときの注意点

スマホやパシコン関係の画面に恋人の写真を載せるには、恋人との信頼関係が入ります。

例えば、スマホを彼女が落としてしまう場合もありえます。

パソコンならば紛失したということも少ないものですが、スマホは小さいものなので、落としてしまう可能性も考えておきましょう。

紛失してしまったスマホは、第三者の見知らぬ相手に発見されて写真を目撃されるという可能性もあるからです。

写真だけならいいですが、住所や電話番号などの個人情報を抜きとられるという可能性もあるのです。

スマホのロック画面に恋人の写真を採用、設定したい時は、恋人の許可を得てからお互いに行うようにしたいものです。