間違うと実は怖い!彼女から連絡がこない時の鉄板対処法3つ

彼女から連絡がこないときに点検したい、彼女への対応方法3点

付き合う前、付き合ってからも彼女との連絡がいまひとつスムーズにいかないことがあります。

それは、ライフラインの使い方が個々で違うというよりは、個々の意識の問題であることが多いのです。

例えば、彼氏と彼女の好きの度合いが違うという場合です。

彼氏が好きでお付き合いが始まった関係では、彼女は彼のことはまださほど好きではありませんから、2人の間に温度差が生まれています。

彼は四六時中、彼女は僕のことが好きないだろうか?と気をもんでいる間も彼女は平常心なのですから、連絡が思うようにこないということもザラにあり得るのです。

彼女のタイムスケジュールに合っているか

学生と社会人の時間の感覚や、連絡頻度は異なります。

学生同士のカップルでも異性との付き合いの優先順位が低い場合では彼氏への連絡頻度も低くなりがち。

相手が誰だとか関係はなく、彼氏が誰であろうとも優先順位が仕事、プライベートの次に彼氏が位置しているという彼女を持つと、いつも連絡をしてひっついているということは少ないものです。

20代から後半までの年齢の男性の中には、家族の中の母親、あるいは姉に甘えるようの彼女とに甘えてくる男性もいます。

朝起きたら、おはよう、行ってきます。

のメールを彼女に送り、昼休みの時間になればまた、彼女に電話をして声を聞いたり話を聞いてもらう。

という甘えん坊がいます。

そのような男性と相性がいい女性はかなり少数ですから、結婚に持ち込もうとする女性ややたらと母性本能がある女性相手に限られてくるでしょう。

大人同士の付き合いならば、お互いが自立した中で連絡を取り合うというスタンスが重要です。

いかにも不誠実な内容を送っていないか

男性が気になる女性にメールを送るとき、誰が見てもからかっているとしか思えないような誠実ではない内容を送りつけていることがあります。

例えば、本名を名乗らずに別人を名乗って連絡しているという場合です。

小学生、中学生の子供ではあるまいし、実名を隠してわざわざ連絡してくる意図はなにか?
ただからかっているとしか受け取れないような送り方をしているのに、内容には「しばらくメールのやりとりをしよう」と書かれていたりします。

彼女からすれば、誰からのメールかすぐに察しがつくのですが、不誠実なメールなので放置しておくのです。

それでも彼に望みをかけて、正々堂々とした態度を求めてメールそ返信することもありますが、そのような彼女の架け橋さえ振り解いてしまうようであれば、もう一生涯相手にはされないでしょう。

連絡がこない理由は信頼できないから

彼女から連絡がこない理由は、彼の言動をみて信頼に値する人ではないと判断をしたからです。

このような場合、彼女側に問題があるのではなく、彼氏に信用できない原因があります。

例えば、口ではこうしてあげると約束をしながらも、次の機会には言動がコロコロと変わっているとか、口先だけで言動が伴わないなど。

こうした場合、彼女は男だからではなくて人間として信用できないと判断しているのです。

いくら連絡を待ってもこないし、自ら連絡しても相手方が対応してくれることはないでしょう。

連絡がこない理由は、彼女とリアルに接したときの身勝手さや不誠実さにあるのです。

彼女から連絡がこない時のミス対応まとめ

彼女から連絡がこない時の間違った対応、言動として次のようなことが多いです。

それは、相手方に反応がないのに、自分は連絡しつずけるというミスがあります。

これは男女逆転しても言えることですが、当人がもう会いたくない、あるいはもう連絡してこないで、と伝えているのに連絡してしまう人は要注意です。

相手方に嫌われていては普通は連絡しないはずです。

なのに、彼女は疲れているだけだと思い込んだりして連絡してしまうのです。

彼女のことが好きな気持ちはあっても、相手方が連絡してこないのであれば考えものです。

自然消滅を狙っている意図が高いのでそーとしておくことが懸命なのです。

好きな相手から連絡をもらうには?

好きな彼女から連絡をもらうには、嫌われないことも大切ですが、それではただの事務的な連絡の機会を待つのみになってしまいます。

彼女が好きで付き合っている場合、積極的かつ主体的に連絡を取り合う必要があるのです。

そんなとき、普段からコミュニケーション能力が特に必要となります。

彼女のライフスタイルや性格を尊重して、彼女がどんな風に愛情表現するのかということにまで注目するようにします。

連絡を密にとるタイプか、そうではないのか?ということを見極めましょう。

シャイな女性なら男性から連絡をするものとして待ちの姿勢の女性もいます。

返信しやすい内容を送るようにしたり、相手を知ることも第一歩です。