彼女の口が臭い・・・それとなく改善できる口臭対策グッズ5選

「それとなく」彼女の口臭を改善。使えるグッズはこれ!

「彼女の口が臭い…」これって、案外深刻な悩みです。

ニオイがキツければつい表情に出てしまったりもしますし、ストレートに指摘するのも、病気が疑われるような臭気でもない限りは難しいもの。

ガムやタブレット、スプレーなどそのものズバリのグッズを渡したのでは、「君は口が臭い」と言っているも同然であり、これも避けたいですね。

とはいえ放置していたのでは悩みは募るばかり。

人間は意外と単純なもので、生理的に嫌なニオイに触れていると、その人を嫌いになってしまう可能性すらあるのです。

単純なようで解決が難しい口臭問題。

自分のニオイに悩むより苦しいときもあるでしょう。

一体、どういったグッズが自然に渡せて、良いのでしょうか。

お腹を整える医薬品・サプリメント

口臭は、腸内環境と密接に関わっています。

口とお腹はダイレクトに繋がっていますから、お腹の中でニオイが発生していれば、それが口元・吐く息に現れても全くおかしくありません。

女性では、便秘や「お腹ポッコリ気味」に悩むことは珍しくなく、そこそこ親しければ彼氏との話の中で喋ることも珍しくありません。

となれば、それらに対処する医薬品やサプリをプレゼントするのもナチュラルに行なえますね。

お腹にはたらきかける医薬品・医薬部外品・サプリメントでは、お腹由来の口臭を防ぐだけではありません。

ズバリここがポイントです。

口腔内で作用し、口の中の細菌(ニオイのもとになるもの)を消してくれるはたらきもあるんですね。

乳酸菌系のもの、あるいはビール酵母系の製品など、口臭予防をうたって売られてはいないものの、お口のニオイに効果があります。

お茶っ葉、ティーバッグ

お茶は、口臭予防に良い品物です。

カテキンなどで抗菌・殺菌の作用が見込めるからですね。

また、多くの人が日常的に飲むものですから、プレゼントしても「何?」とは思われません。

お茶でポイントになるのは、口臭を防ぐ効果がある反面、「ステイン」が付きやすいことです。

紅茶や烏龍茶など濃い色のお茶で特に顕著です。

渡す際、「これ、本当に美味しいんだけど、少しステインが付きやすいんだよね…。

俺も最近、歯磨き増やさなきゃで」といったセリフを添えてみましょう。

間違いなく彼女は歯磨きについて再認識します。

「ステインが付きやすいお茶を飲むようになったので、歯磨きをより丁寧にする」という話なら、何も恥ずかしいことではないですね。

女性は一般に男性より歯磨きに気を使いますが、「歯磨きが下手」な女性もいますので、そういった場合あえてステインの付きやすい環境に触れてもらうことで、口臭予防が見込めます。

口臭予防を前面に押し出した健康茶もありますが、それはNGです。

パッケージに書いてあるのは論外として、そうでないものでも、Webで少し調べればわかってしまいますからね。

電子たばこ(ニコチンを含まない)

ちょっとビックリしてしまいますが、「電子たばこ」には口臭予防につながるものが多くあります。

ここで言う電子たばことは、ニコチンやタールを含まず、ミストを楽しむものです。

Vape(ベイプ)とも呼ばれるものですね。

Vapeは2010年代後半に人気が出てきており、健康上の問題も特にはなく、ヤニや嫌なニオイなどは一切ナシです。

それどころか健康・美容に良い成分が含まれるものもかなりあります。

大人の女性に薦めることは、何ら不自然ではありません。

電子たばこには多種多様なフレーバーが存在しますが、最も代表的なのがメンソール・ミント系で、これらではかなり高い口臭防止効果が見込めるのです。

もちろん彼女が20歳以上であることは前提となります。

法律的には「たばこ」ではありませんが、慣例として大人が使用するものとなっています。

変化球?まさかの「にんにく」製品

にんにくを利用した健康食品は、巷に相当な数があります。

血行を良くするなど健康全般へのはたらきが期待され、毎日摂取しているシニア層なども。

美肌効果などの意味で食べたいと思いながらも、「どうも男性的イメージがある」などで手を出せないでいる20代女性だっています。

30代あたりの男性では、10代20代のスタミナやパワー、やる気を維持したいとして摂っている人は少なくないですね。

こういったにんにく食品を「買いすぎてしまった」「もらいすぎて食べきれない」などの理由をつけて彼女に渡してみましょう。

…無臭タイプに加工されたものではNGです。

「にんにく臭い」ものを渡すのです。

こうすれば、お互いに「お口のニオイチェック」をし合うことが自然にできます。

何であればデート中にサプリメント等を渡し、その場で一緒に飲むような流れに持ち込んだっていいのです。

「あー、やっぱりちょっとにおうよね(笑)」と言い合ったりしても、特に誰も傷つきません。

できれば一か月分ぐらいのサプリメント、健康食品を渡してみましょう。

もちろん「毎日飲むのはアレだろうけど」といった言葉を添えて、毎日の摂取等は強いないように。

相応のペースで摂取することとなれば、お茶のケースと同様、彼女は自然と歯磨きや口臭予防を意識するようになります。

あえてニオイのあるものを渡す。

逆転の発想ですね。

冷凍餃子であるとか、応用もききますよ。

「いかにも」なグッズにこだわるのをやめよう

自分の口臭を抑えるというと、買うものは何でしょう?ガム、タブレット、歯磨き粉、マウスウォッシュ、電動・音波歯ブラシなどなど、いかにも「口臭予防・防止」なグッズではないでしょうか。

自分のことなら、それでいいんです。

けれど人に渡すとなれば当然一工夫が必要。

まして彼女となれば、慎重になりすぎて困ることはありません。

口臭が抑えられ爽やかな吐息となれば、彼女とあなたとの間が快適になるだけでなく、彼女は普段接する人々からも一層好印象を持ってもらえるようになります。

ここで挙げた以外でも、今回の考え方を応用して使えるものはありますから、自分なりに工夫してトライしてみましょう!