長く付き合いたいからこそ、彼女との間にもルールが必要なワケ

彼女との間にもルールを適応する理由とは?

誰にでも生活信条を持ち合わせているものです。

スタイタスな彼女ができても、無理はできません。

生活信条に合わせて彼女をつくりたいという男性が増えています。

自分を犠牲にしてまで付き合いたくないという考えはこのごろの男性多いのです。

昔から女性が男性の暮らしやしごとに帯行したりする付きあうものというスタンスがあるので、女性が男性にあわせるものと思いこんでいます。

仕事が一番の男性ゆえに、彼女との付き合いにもルールが必要なのです。

ルールといえば女性のものという考えも古く、男女ともにルールを持っていることが多いです。

仕事優先で生きるため

男は仕事優先で生きているものです。

彼女ができてもやっぱり仕事が優先なのです。

例えば仕事を持ち、大事にする男性は次のようなルールを設けています。

・仕事中は彼女と連絡しない、考えない
・会う頻度、デートの時間に制限を設けている
・目的思考
・だらだら付き合わない
少なくても、こうしたルールのもとで彼女との付き合いを優先するので夜中彼女からの電話に付き合うということも少ないのです。

女性に振り回されるようになれば、別れを選ぶことも厭わないでしょう。

いくら好きでも相手方から思われても決断が揺るぐことはないでしょう。

社会人生活を送るため

誰でも社会人生活を遅れば、勤務時間以外でもだらしないことはできませんよね。

例えば彼女に付き合って、夜遅くまで飲み歩いたなんて生活を繰り返すわけにはいきません。

そのような生活をしていたら、普通の生活あるいはビジネスマンとしての生活のペースが崩れてしまことにもなり兼ねません。

・夜中から彼女の呼び出しには応えない
・深夜まで飲みあるかない
・深夜に焼肉を食べない
彼氏らしい王子様のような対応は少ないと言えます。

アッシー君のように夜中迎えにきて欲しいとリクエストされても断る。

それが社会人と付き合うルールなのです。

お互いの時間を尊重するため

プライベートな全ての時間をカップルで過ごす。

なんて今時ないですよね。

カップルでも、それぞれの時間を尊重していくものです。

友人と会う、親や家族と会う、1人で過ごす時間、いろいろな時間の使い方があって当然です。

カップルでもお互いを縛らないようにプライベートを尊重するためです。

仕事が休みに日に毎日会いたい 、土日両日会いたいのに土曜日しかデートをしないのは愛していない!と駄々をこねるのも今時ご八度です。

愛彼女をしていても、自立した1人の人間なので、休みの日にはいろんなスケジュールを入れて過ごします。

お互い違う人間だからこそ

彼女との間にルールを設ける理由、個々で別の人間だから。

という理由です。

それも、ルールという表現はちょっと冷たくて事務的ですよね。

ここでは、歩みよりとか2人の取り決めごとと表現する方がソフトな印象を与えるものです。

かのじょ相手でも個々の人間と関わるためには、折り合いをつける必要がありますよね。

友人、家族関係においても人との付き合いには折り合いが必要となります。

彼女のことが好きだからこそ、彼女にも1人の時間やじぶんととに過ごさない時間というものがいるのです。

ルールといえば聞こえがよくないので、妥協点、折り合いという方がいいかもしれません。

長く付き合うということ

彼女を含めて、人間の付き合いには短期型と長期があります。

中でも短期のお付き合いの場合では猫をかぶるとか、無理をするということもできます。

すこしの間、無理をしていても疲れないのですが、長期的な付き合いでは無理をしているとすぐに底がつきます。

ボロが出るとも言います。

マイペースな付き合いをさらけだして関係が切れるようならば、2人の相性がよくないということです。

または、相性を合わせるメリットがないというケースもあります。

長く付き合うとは無理しない関係を築くということ。

もちろんある程度合わせることも必要です。