彼女とギクシャクしてしまった時の理由別改善方法5つ

彼女といるとギクシャクする、その理由別にみて解決しておこう

遠慮、気兼ねがあると恋人関係もうまくいきません。

遠慮や気兼ねとは、あんなこと伝えたら嫌われるかな。

こんなことお願いしたら、嫌な顔をされるかも。

というような感じの気わずらいです。

これがあると恋人といても居心地が悪くなります。

相手方もなんかおかしいなという波長は感じ取ります。

そうなると同じ空間にいてもギクシャクした関係になってしまうのです。

できたら避けたいギクシャク。

では彼はどうしたら良いのでしょうか。

彼女とのギクシャクした状態から脱するためには?どうしたらいいか。

理由別にその解決方法をまとめてきました。

彼女の気兼ね、遠慮が原因のギクシャクを斬る

彼氏の頭の中も心も何もないのに、彼女が1人で妄想しているパターンです。

本当はこういうお願いをしてみたいけど、いいかな?嫌われないかな?という不安を抱いています。

これは、彼女が自信がないからなのですが、彼には何にも伝わっておらずただ、なぜか居心地がよくない、むしろ悪い。

彼女は心を開いていないみたいだ。

あげくの果てには、彼女に嫌われることしたかな。

嫌われているか?という疑いをもたせてしまう羽目にもなります。

彼女の気兼ねや遠慮が原因なので、取り除くこと。

そのためには、彼女の妄想癖をやめて彼女に勇気を出して自信をつけてもらうことが必要です。

素直さがないとギクシャクする関係に!

カップルの場合、男女問わず素直さが大切です。

素直さがないと、ついに2人の仲はギクシャクしてしまい自然消滅となる可能性もあります。

好きだと認める素直さ、一緒にいたいと思う素直さ、仲良くしたいと思う素直さなどなどカップルの数ほどあります。

素直さがない場合、まず照れ屋な彼女、彼氏、シャイな2人、意固地な2人、という面があるはずです。

カップルのうちどちらか一方が意固地や照れ屋さんでも、人間には近ずくことができる距離というのが限られているので、水が低い方へ流れて行くように別れが訪れることに。

ギクシャクしたくないなら、意固地や照れ屋を直しておくことに限ります。

問題から逃げたあとのギクシャク

問題から逃げるということは、修羅場から逃げたカップルということです。

例えば、浮気の修羅場、三角関係の修羅場から逃げたカップルの場合、各々自分を欺いているのですから恋人相手にもギクシャクしてしまいますよね。

こうした場合、2人の未熟な精神が原因であることが多いので、まずは恋愛関係を楽しむには早い年齢であるということが言えます。

若くしても修羅場で逃げないでいたら、ギクシャクするようなことは少ないですよね。

片方だけが修羅場から逃げる性質の場合、カップルは成立しません。

もしも成立したら無責人同士で引き合っている関係と言えます。

嘘をつく彼女とギクシャクする関係

男女ともに嘘をつくような人って案外多いものですよね。

嘘をつくと、夫婦やカップルの関係性ではスムーズに行かなくなります。

なんだか胡散臭い、何かわからないけどギクシャクしてくるのです。

例えば、お互いが仮面夫婦という関係性であればいいのですが、片方が正直ものであり片方が後ろめたい嘘をついている場合は特によくありません。

嘘にも他人のためを思えば。

の嘘もあれば、後ろめたいような嘘もあるのです。

カップルにおいて嘘を作るとしたら、結婚まで進むべきではないのです。

嘘つきを改善すれば、男女の関係性もよくなると言えますが、人の性格は少々正直者へすぐに変わるなんてことはないものです。

浮気をすると後を引くと心得よう

男女関係のおいて最大の裏切り行為、浮気。

片方が浮気をしてしまえば、純情な方が傷つくことになります。

浮気発覚から認めるまで、認めてからの2人の関係性はギクシャクどころではなく、崩壊寸前と言えます。

そして、もう浮気はしないと約束をしてもあとを引いてしまうことも多いのです。

あの時裏切ったから。

という評価はついて回ることになります。

できたら浮気はしない方がいいし、するなら浮気オッケー異性と付き合うようにするといいですよね。

中には浮気公認でお付き合いをしてもいいという人はいます。

ただし、お互い浮気性か浮気してもいいくらい価値の高い異性であること前提なのです。