かっこいい芸能人ばかりが好きな彼女の心理とは

ビジュアル重視で芸能人を好きになる彼女の心理状態を分析!

抱かれたい男ランキングという名目もあるように、女性は芸能人男性をビジュアルで選ぶことがあります。

あるというよりも多いという方が正しいかもしれません。

若い女性であればビジュアルが全ての事が多く、他に評価をするべき点を持ち合わせていないのでかっこいいという価値観が全てになってしまうのも仕方がありません。

これは女性だからではなく、男女ともに言えることなのです。

しかし!女性にも、あるいは男性にも、ビジュアル重視ではなくて内面や性格、キャラクター重視で選ぶという人ももちろん存在しています。

では、外見が全てと反応してしまう女性と内面も含めて評価する女性の心理的特徴を見てみましょう。

かっこいい男性が全ての女性心理とは

新人男性はフレッシュですし、見慣れた芸能人でも人気の芸能人はいつまでも人気があるものですよね。

ビジュアルが命という女性は、男性脳というか、男性のように資格で情報を習得しているのです。

見た目でかっこいいものをみると、目の保養になる感じです。

例えば、美しい海が目の前に広がっていた場合、きれいだなとうっとりしてしまいますよね。

ビジュアルのいい男性を見るということはそういうことと同じことなのです。

男性も女性を評価するときはビジュアル重視で評価をするものですが、まさに視覚的に異性を評価するという方法は、男性的脳の使い方をしているのです。

ナルシストな女性の心理

男性の評価対象として用いられる、ナルシストという形容詞、女性にもナルシストな人はいるものなのです。

女性のナルシストといえば、男性ほどには外見に現れることも少ないようですが、まれに明確にナルシストだとわかるような女性も存在しているのです。

例えば、わかりやすい例をご紹介しましょう。

・ビジュアル系バンドのファンに多い
・お気に入りのビジュアル系バンドのファッションを取り入れている
・独特のファッションコーディネートをしている
・特定のアイドルの追っかけをしている
以上のような特徴が少しでも見られたら、それは正々堂々とした女性ナルシストと判断することができそうです。

隠れナルシストな女性の心理

隠れナルシストな女性の心理といえば、正々堂々としているナルシストと同じようなものと言えます。

クールで独特なファッション性であるとか、美意識を好みよっているのです。

ただ自分も同じ容姿やビジュアルではないので、芸能人男性の特にかっこいい男性、スタンダードとはほど遠い個性に惹かれたり憧れているといえましょう。

隠れナルシストは、憧れている男性芸能人に釣り合うだけの容姿ではないことが非常に多いものですが、内面は同じような性質を持ち合わせていると言えます。

つまり、自分の男性性は彼のようにクールでかっこいいと信じているのです。

内面を見る女性、外見だけに止まる女性

女性も成熟してくるとビジュアルに映し出された内面に関心が寄せられることになります。

男女ともに加齢とともに肉体から精神へと関心の的が変化してくるということはよく知られていますよね。

女性もかっこいい、可愛い、素敵と言っても男性芸能人の内面を褒めているという場合もあるんです。

一方で、成熟した女性が母性本能からビジュアルを好む場合もあります。

後者の場合では、かっこいい、可愛い、素敵。

などという形容詞を並べても言葉以上の意味を持つことはありませんし、可愛い男性といえそれ以上でもそれ以下でもないと言えます。

女性の美意識が男性にも働く心理

かっこいい男性ばかりが好みの女性とはズバリ、自己もそれくらいの美意識があるということです。

自分がかっこいい芸能人男性に劣る容姿でも、彼女の美意識自体は憧れの男性芸能人に値するということになります。

例えば、彼女の普段の美意識をみればだいたい異性の好みも想像がつくことでしょう。

アンンテイークなデザインが好きな女性もいれば、ほんわかしたデザインを好む女性もいます、いずれの好みかをみれば異性の好みも概ねイメージできそうです。

まとめると、かっこいい芸能人男性ばかりを好きになる女性の美意識は高いということになります。