彼女にヲタバレした時はこう乗り切れ!

ヲタクであることが嫌いな女性は結構多い

男性の趣味は本来は自由であるはずですけど、付き合っている彼女としては彼氏の趣味にも関心がある場合もあります。

そして、特定の趣味に関してはあまり好意を持たない可能性があるので、そこは知っておいた方が良いと思うのです。

その代表的なものと言えば、ヲタク関連の趣味でこういったものは、彼女が関心があるような場合を除いてはあまり理解されないということが結構あるのです。

だからこそ、ヲタク趣味がある男性はそのことを隠そうとするケースもありますけど、バレることもあるので、そのときの対処法については知っておいた方が良いと思います。

自分はヌルオタだからと弁解する

彼女に自分がヲタクであるとバレたときには、自分はヌルオタであると言い張りましょう。

ヌルオタというのはヲタクの程度がぬるい人のことで、そこまでどっぷり浸かっていないということになります。

つまり、いわゆるヲタクと比べると熱中度合いが違うので、自分は彼女が想像しているようなヲタクではないと、そういった主張をすると自分のヲタク趣味を彼女に認めてもらえる可能性が高まるでしょう。

ヲタクの人の中にもいろいろな人がいるので、自分はそこまでどっぷりハマってはいないし、適度な感じで趣味として楽しんでいるという言い方をすると良いのではないでしょうか?

ヲタク趣味を叩くのは偏見であると言う

ヲタク趣味は何かと世間では叩かれやすい対象である気がしますが、それ自体は正当性はないでしょう。

ヲタク趣味への理解ができない人が叩いているだけであって、理解ができないものを叩いて良いわけではないのです。

つまり、こういったことは明らかに偏見なので、彼女がもしそういう姿勢ならば、その姿勢が間違っているということで、そこを指摘すると良いと思います。

感情的な理由でヲタク趣味をよく思っていないはずなので、それはおかしいと指摘すれば、言い返せる人は少ないと思うのです。

ヲタク趣味がバレたときにはそういう行動をとると良いのではないでしょうか?

ヲタクであることは普通であると言う

ヲタクというのは世間では珍しいとか、浮いている存在みたいな扱いを受けることもありますけど、以前と比べたらそういった趣味の人は増えてきた印象です。

というか、そういった趣味の人が人前に出たり、それを公言しやすい状況にはなってきていると思います。

したがって、ヲタク趣味自体が世間に受け入れられているとは言えないかもしれませんけど、そういう趣味の人の割合は増えてきていると言えるのです。

女性の中にもヲタクの人は結構いると思いますから、今の時代はヲタクであることは珍しいことではなく、割と普通になってきているので、普通の趣味の何が悪い?という主張をするのも良いと思います。

芸能人のヲタク趣味の人の名前を出す

芸能人の中にもヲタク趣味を持っている人はいます。

そして、とても見た目はそうは見えないという人もいるのです。

見た目は素敵な風に見えるのに、実はヲタク趣味を持っている芸能人は結構いて、そういった人の名前を出して、こういう人だってヲタクなのだから、自分もヲタクであることは変じゃないでしょ?と、そういった言い方をすると良いのではないでしょうか?
世間では格好いい扱いを受けている男性芸能人の名前を挙げておくと、そういう人でもヲタクになるのならば、意外と普通なことなのかもしれないと、彼女も思ってくれる可能性があります。

彼女にヲタク趣味がバレたら良い反応はされないと想定すべき

彼女がいる男性は、自分のヲタク趣味がバレる可能性が常にあります。

そして、バレたときにはあまり良い反応はされないということを知っておかないといけないのです。

それが原因で揉めることも考えられるので、そういったトラブルにならないように、彼女に理解をしてもらえるような対処法をあらかじめ考えておきましょう。

対処法をきちんと考えておくと、彼女の理解を得られる可能性も上がりますし、これが理由で喧嘩になることも避けられるかもしれないので、ヲタク趣味を持っているが、彼女に隠しているという男性はこういう部分について1度考えておいた方が良いのです。