どうしても別れてくれない彼女に対して取るべき行動とは

別れ話を切り出してもOKしてくれない彼女もいる

男性の側が彼女と別れたいと思っていても、それがなかなか難しい場合があります。

通常、カップルが別れる場合には、一方がその話を切り出して、もう一方がそれに了承をしないとなかなか成立しません。

したがって、一方が了承をしないケースでは、別れたいけど別れられないといった状況になってしまうことがあるのです。

つまり、男性が別れたいときには彼女がどうしても別れてくれないというときには、非常に困るということが言えます。

彼女がどうしても別れてくれないときには、どのような対処をするのが良いのでしょうか?
効果的な方法を知っておきましょう。

しつこくお願いをするというのは最も簡単な方法

彼女がどうしても別れてくれないときには別れてほしいというお願いをしつこくするということがあります。

1回や2回では効果がないとしても、それ例えば10回とかやったならば、さすがに相手もしつこいと思ってくるでしょう。

そして、そこまでしつこく別れてほしいとお願いをしてくるということは、相当なレベルで自分と別れたいのだと、もう自分への愛情はないのだと悟ってくれるのではないか?と思うのです。

だから、そういったしつこいと思われるほどの対応をすると、結果的に彼女と別れられる可能性が高まるのではないか?と思うのです。

わざと嫌われるような行動をとる

彼女がどうしても別れてくれないときには、向こう別れたくなるように仕向けるのも1つの方法です。

そのためには自分が嫌われるように仕向ける必要があるということになります。

そうなれば、さすがに向こうから別れたいと今度は言ってくる可能性がありますから。

わざと嫌われるにはいろいろな手段がありますけど、例えば浪費癖があるように見せるとか、彼女の悪口を言うとか、すでに他に彼女がいるように振る舞うなどの方法があります。

そういったことをすると、さすがに向こうも諦めてくれる、自分と別れてくれるのではないか?と思います。

連絡を無視したり会わないようにする

彼女がどうしても別れてくれないときには、彼女との接触を完全に断つという方法があります。

彼女からの連絡を無視するとか、彼女に全く会わなくなるなどの手段をとると、自然消滅のような感じになって、別れてほしいということに関して彼女側が承諾をしていないとしても、事実上別れた状態になるということです。

場合によっては、彼女側が探しにきたりすることもありますから、必ず成功するとは言えません。

自宅に来たりする可能性もあるわけで、上手くいくとは言えないものの、彼女がどうしても別れてくれないときの手段の1つとしては考えておくと良いと思うのです。

彼女のことがもう好きではないときっぱり言う

別れてほしいという表現を使うと、男性側の真意が伝わっていないという可能性があるのです。

男性側が女性に対して別れてほしいと言ったときには、いろいろな理由が考えられるので、男性が彼女のことをもう好きでないと言ってしまえば、彼女側からすると、自分への愛情がもう彼氏の心の中にはないということが分かるので、それでようやく了承してくれるという可能性があります。

別れてほしいと言うだけだと、今の彼女よりももっと好きな別の女性ができただけではないのか?と思われる可能性があり、その場合には今の彼女への愛情は一応残っているという状況になります。

そのように思われると、なかなか別れ話に了承してくれないので、こういう言い方が必要になるのです。

彼女がどうしても別れてくれないときの対応は結構難しい

彼女がどうしても別れてくれないときというのはあると思います。

向こうとしては自分に対してやっぱり好意があるということなのだと思いますが、こっちとしては彼女に対して好意はあまりない状況なので、そうなると別れたいと思うわけですけど、彼女によっては素直に了承してくれないことがあるので、そうなったときには適切な対処法をとって、少しでも向こうが諦めてくれるように仕向けないといけません。

しかし、それでも諦めないケースもあるので、別れたいときでも難しいと感じる可能性はあり、そういったときにはいろいろな方法を試していくのが良いと思います。

本当にどうしても別れたいならば、こっちもしつこく対処をしていくしかないのです。