同棲中の彼女に浮気がバレないための注意点5選とは

同棲中の彼女に浮気がバレないようにするには?

同棲中の彼女がいるというのに、浮気をしたくなる男がいるのはなぜなのでしょうか。

幸せだからこそそれに飽きてきて刺激が欲しくなる男性もいるのかもしれません。

「うまくいってるから浮気がしたい」なんて、男はずるくて贅沢すぎます。

しかし、同棲中の彼女を傷つけたいわけではありません。

そんなあなたが浮気相手の存在をバレないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

家に呼ぶなら証拠が残ってしまう可能性もあり、相当な覚悟が必要です。

また、外で会うにしても、四六時中一緒にいる彼女には浮気のウキウキがすぐにバレてしまいそうな気もします。

女性はただでさえ勘が鋭いのです。

同棲と浮気を両立させるために、必要なことやコツなどを考えていきましょう。

家に浮気相手を呼ばない

同棲中の彼女に浮気がバレないようにするために、一番効果的なのは家に呼ばないということではないでしょうか。

いくら彼女が留守の時でもいつ何があって帰ってくるかわかりません。

それに怯えながら浮気相手と一緒にいるのも楽しくはありませんし、家で浮気をすると彼女を思い出して罪悪感で辛くなってしまいます。

それでは彼女だけではなく浮気相手の女性にも悪いような気がしませんか?

また、家に浮気相手を呼ぶと彼女との生活感が見られてしまい、浮気相手にやきもちをやかせてしまうことになります。

あまりにやきもちが強くなると、浮気相手が彼女に自分達の浮気をばらして別れさせようとすることもあり、とても危険です。

ですから、浮気相手には「散らかっているから」「バレたら面倒だから」などと言って家に呼ばないでおきましょう。

彼女の持ち物を隠したらまた出しておく

浮気相手が家に来るとなれば、当然彼女の持ち物を隠そうとするはずです。

浮気相手に対して失礼ですし、家に来た証拠をこっそり仕込んで変えられてもたまりません。

また、浮気相手に彼女がいることを隠しているケースもあります。

自分が本命だと思っているとしたら、家に呼ぶことで修羅場になってしまうので隠したいという思いもあります。

ただ、彼女の持ち物を隠したら、浮気相手が帰った後にちゃんと元に戻しておきましょう。

そうしなければ同棲中の彼女はきっと浮気を怪しみます。

なぜなら、わざわざ彼女の持ち物を隠す必要なんてないからです。

友達が来るのだとしたら、彼女の持ち物だけではなく自分のものも片付けておかないと不自然であり、女性物だけを隠すなんて浮気を連想しやすくなってしまいます。

使った食器は洗って拭いてしまっておく

浮気相手を家に呼んだ時、料理を作ってもらったり一緒に食事をとったりもするかと思います。

すると、調理に使ったなべや皿、食事使ったはしやスプーンなどが洗い物として残ると思いますが、ほとんどの男性はそれを洗って終わりではないでしょうか。

同棲中の彼女が彼氏の浮気を疑っている時、洗い終わった食器を見て「あれ?」と目ざとく気がつきます。

「コップが2つ、箸が2膳…どうして?」というように、ペアで使われていることに浮気を予感するのです。

こんなことにならないために、浮気相手を家に呼んだ時は使った食器を洗うだけではなく拭いて棚にしっかり戻しておきましょう。

そこまでやって初めて証拠隠滅と言えます。

ただ、普段から洗い物をしないなら洗ってあることですら疑われるかもしれません。

そんな男性なら浮気相手が使った分だけを片付け、自分の分はあえて流し台に残しておくという手もあります。

掃除は日頃からマメにしておく

掃除は日頃からマメにしておく習慣をつけてください。

なぜなら、浮気相手が家に来ることになり、急に部屋の掃除を始めるのはあまりに怪しいからです。

それに、浮気相手が帰った後も掃除をして証拠をなくしておきたいと考えますが、普段から掃除をしておかないと同棲中の彼女が片付いた部屋を見て「何かあったな」とすぐに気づいてしまうことになります。

彼女が浮気に気づくのは何も証拠物が部屋に残されている場合だけじゃないんです。

妙に片付いている部屋や、物が移動されている部屋も不自然であり、同棲中の彼女が疑います。

ですから、片付いた部屋に対して指摘されたくないのであれば、普段から片付いた部屋を当たり前の状態にしておくということが大切です。

浮気相手と会う日の朝もテンションを変えない

浮気相手と会う日の朝はどうしても浮かれてしまいそうになります。

しかし、同棲中の彼女は毎朝あなたのテンションを見ているので変化にすぐ気がつくはずです。

「雨の日なのに今日は元気だな」「疲れているはずなのに、どうして鼻歌を歌っているんだろう」なんて思い、ずっと怪しんでは連絡をよこしてきたりもするので注意してください。

意識してもなかなか難しいかもしれませんが、浮気相手とのデートの日もテンションを変えないようにすることを心がけましょう。

いつもの自分のテンションがよくわからないのであれば、ちょっと抑えめのテンションにしておけば無難です。

明るすぎると何かを隠しているようですが、元気がないような時は浮気よりも体調などが心配になります。

浮気を疑っていた彼女も「今はそれどころではない」という気分になって指摘してこなくなるかもしれません。