もう一度やり直したい!彼女を手放して後悔した話

彼女と復縁をしたい!別れてから後悔したエピソード

復縁を願うのは女性が多いものですが、男性も昔の彼女と復縁したいなあ。

と願う人もいるようです。

女性が復縁を望む理由は、モテないからという原因が大きいですよね。

元彼と分かれてもそれ以上の異性と幸せになれたら、復縁なんて願う必要もないのですから。

その復縁すらままならないことも多い現実です。

一方で、男性も過去の彼女との復縁を願うということがあります。

そして、多くのカップルは男性側の復縁願望次第で元サヤに戻っていることが多いんです。

それだけ、女性が男性からのアプローチにちょろい反応を示すということなのです。

どうせ結婚しなければいけない男性の宿命

独身率が高い、未婚者が多いといえども社会では適齢期になると結婚をしなければいけません。

とくに男性の場合は既婚者の方が評価も信用も高いので、直ちに決断が迫られるのです。

適齢期に彼女がいない場合は不幸ですが、やむおえず結婚適齢期を逃してしまいます。

女性の間でよく傷の舐め合いで言われる適齢期とは、個人で違う、結婚したい時が適齢期、という考え方は男性にはナンセンスなのです。

適齢期に彼女がいない場合、元カノに連絡してよりを戻す場合がありますよ。

このような復縁パターンは邪道かもしれませんが、成婚につながりやすいパターンです。

どうせ結婚しなければならない男性の宿命2

社会人男性たるもの、どうせ結婚する必要性があるとすれば、家庭的な女性や気を許した女性としたいものですよね。

消極的な理由でも、現在お付き合いしている女性が家庭的ではないとか、結婚に対するハードルが高い場合、元カノに連絡をとることがあります。

彼の心中では「どうせ結婚しなければならないのなら、あいつとしたかった。

そうだ、元カノに連絡をしてみよう。

望みはあるかもしれない」という感じです。

元カノの方は男性からのアプローチにも条件にもちょろい場合、2人はすぐによりを戻して復縁カップルとなるでしょう。

こういう復縁カップルは多いですよ。

もっといいのがいるかもしれないという罠

男性のなかには、適齢期になり出会った異性とは結婚ぜずにもっといいのがいるかもしれないという甘いことを考える人がいます。

男女ともいますが、男性に多いんです。

これが一時の罠と後から気がつくのです。

実際、別れた彼女に未練があっても、男性が魅力的ならばあたらしい出会いはおとずれるものです。

しかし、大きく年齢差があるとか金銭目当ての女性であるとか、いろいろと難癖がついてきやすいということは確かです。

特に、年齢差が大きい彼女の場合、純情な恋愛関係や家庭を築くことができる可能性は少なくなると言えます。

元カノがよかったと思い出す時、復縁を希望して成功する場合と振られる場合が半々です。

モテナイ女性なら復縁率は高く、プライドのある女性、モテる女性は復縁しがたいです。

モテナイくんの復縁エピソード

モテナイ君は高齢化するとミテナイさんと復縁する可能性が高いです、学生時代にカップルだった、あるいはいい感じの友人同士で過ごしたけどお互いにシャイで結婚にはつながらなかったというケースの過去がある場合。

加齢してお互いが相手がいない状態なら復縁がうまく行きやすいです。

ただし、お互いが意地っ張りとか、素直になれない性格の男女を除いた場合です。

ここで、どちらかが、あんなさえないおとこ、女、が自分のパートナーになるなんて。

と自惚れていては復縁を逃してしまいます。

また成功したカップルではどちらかが、したたかな場合はうまく行きやすいですよね。

復縁のきっかけは男性の結婚願望がミソ

男女が復縁するとき、それは結婚願望が男性にある時が多いようです。

つまり女性は悲しきかな、やはり男性社会の都合上人生航路をとることになるのです。

彼氏が下つみ時代には捨てられたという女性が、また自分の都合で復縁を迫る男を許せるかどうかは女性のプライドの低さやちょろさを伺うと勝敗が予想できそうです。

プライドの高い女性、筋が通る女性、高学歴、高収入、モテる女性は玉砕する可能性が高いです。

男性に金銭的魅力が高ければ、したたかな女性は復縁に返事を示すことでしょう。

復縁のきっかけは男性でも、返事をする人は女性なのです。