女性が語る、愚痴が多い彼女の心理

女性だからこそ理解できる、愚痴が多い女性の心理分析

何歳になっても愚痴が多い女性、女性は本来おしゃべりな性質を持つので愚痴も多くなってしまいます。

おしゃれなカフェでも、誰かの自宅でもそこに女性が数人集まれば、雑談の場と化してしまいます。

ランチの順番待ちをするお客様の視線を垣間見ず、お店の回転率も無関係にして雑談に花が咲いている現場を誰しも目にしたことがあるでしょう。

夢中になって話す内容はほぼ愚痴であることが多いものの、でもそこが仕事中の職場であればどうでしょうか。

お客様からみて、スタッフの愚痴を聞かされるのですから、見ていて、お店を利用していて気持ちいいものではありませんよね。

仕事中に愚痴のオンパレードをいう女性の心理

同性からみても、眉間にしわを寄せてしまう言動に分類することができます。

仕事中、愚痴をいう女性は日常的にけじめをつけることができない女性であると判断することができます。

つまり、職場で仕事中にする言動ではないと判断することができないということは、職務を遂行する準備が整っていないということです。

体は職場に通っていても精神や心構えができていないのです。

飲食店パートさん、病院内の看護婦さん、スーパーのレジ員など、職場の勤務時間中に愚痴るという女性は多いものですが、いずれもメリハリのない勤務姿勢が目立ちます。

仕事中に時々ポロリと愚痴をこぼす女性の心理状態

職場で仕事上の愚痴をこぼす女性は、体は通勤していてもメンタルがついてきていないというお話をしました。

逆に、職場で時々ポロリと愚痴が出る女性も存在しています。

頻繁に愚痴ばかりの女性に比較して、時々気を許した相手に愚痴が出るというパターンでは、多忙すぎる疲れが原因であることも多いですよね。

つまり、働きすぎのノイローゼ状態に近いと言えます。

ノイローゼになれば、みじかな相手に暴言を吐くこともあるので、働きすぎだとわかります。

そんなときは、休養を勧めたりしていたわってあげること、自ら休養を心がけることが大切です。

カフェで数時間も愚痴る女性の心理とは

三人よれば文殊の知恵という言葉がありますが、女性が飲食店で三人もより集まると、知恵が浮かぶどころか愚痴の言い合いにしかならないことがほとんどです。

さらに、三人いれば各々が自己主張を行い、好きなことを好きなペースで話すので周囲にはただうるさいだけという印象を与えるのでした。

若年層ならば恋愛談義と称した女子会です。

こうしたシチュエーションを無駄と思わないで好む女性の心理はズバリ、傷のなめあいがしたいということです。

現状を打破させるつもりもなく、同じく境遇の女性と愚痴を言い合えば満足なのです。

本心では満足さえしていないかもしれませんが、とりあえず口から発散することで気がすむという心理です。

彼氏に無関係な事柄を愚痴る女性の心理

デート中の時間を使って、彼氏には無関係の仕事のこと、家庭のこと、友人関係を愚痴るという女性は大勢います。

彼女たちの心理状態は、スバリ、勇気がないので助けて欲しいということなのです。

職場を変える勇気がない、家庭環境を改善させる勇気がない、友人と戦う勇気がないので、彼氏の力でなんとか私を救ってほしいというだけなのです。

もちろん、彼に愚痴のオンパレードういう女性自信がそのような心理に気が付いているのかどうかは別問題なのです。

彼氏にしてみれば、彼女の愚痴は関係のないことばかりなので、自分の身に起きた火の粉は自ら払って欲しいものですよね。

愚痴ばかりで解決策がない女性の心理

これだけ愚痴があるなら改善すれば?と言いたくなる女性の愚痴ですが、愚痴をいいつずける女性には改善させようという勇気や行動力はありません。

それは、女性だからかもしれません。

男社会の中で我慢を強いられてきた女性たち、愚痴を口にしない女性は歯を食いしばっているだけかもしれませんよ。

もちろん、女性の愚痴にはワガママと正当な愚痴の二種があるので、どんな愚痴かは個個人の成長次第でちがうものです。

もしも彼女が愚痴るならよーく愚痴の内容を聞いてみると、彼女のこともわかるものです。

もしも理不尽な内容に愚痴っているとしたら、頼っていることもあります。

彼氏が改善策を出してあげることもできますよね。