夏が怖い・・・彼女がワキガだった時に取るべき行動

夏のある日、彼女からワキガ臭がしてきたらどうするべき?

夏になると女性は薄着になる傾向があるので、夏服ファッションの彼女に会う楽しみが増しますよね。

でも、夏といえば当然人間ですから汗もかきやすいという季節特有の悩みもあるのです。

もしも、彼女の汗の匂いに気がついたら?彼氏としてはどうのように対応するべきでしょうか。

自分も同じように汗をかいているから。

と気にしない優しい彼氏も多いでしょう。

でもでももしも、彼女の匂いがワキガ体質のあの匂いである場合はどうでしょうか。

自分意外に周囲に人がいたら?男性として相手方の女性に取るべき態度をまとめましたので参考にしてください。

まず、ワキガ臭とは?

まずワキガ臭についてですが、人間はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の二種類の汗腺から汗を発汗させることで体温調節を行います。

問題は、エクリン汗腺からの汗が無味無臭と評されることに対して、アポクリン汗腺からの汗は匂いが認識されることです。

それはアポクリン汗腺から分泌される成分には水分以外で鉄などの有機物が含まれるからなんです。

有機物自体は匂いがなくても、空気中や脇の雑菌に触れることで匂いが出ることが問題です。

外国人では当たり前のワキガ体臭も黄色人種では少数なので、嫌われることが多いのです。

ただそれだけの理由です。

ワキガ臭がしたときの紳士的対応 みんな同じだと思う

もしも彼女が汗まみれになっている時、ワキガ臭がしたら、仕方がないと思いましょう。

汗まみれの状態では全ての人に匂いがあります。

酸っぱい匂い、蒸れたような匂い、香水のような匂い、ボディローションや化粧品と混ざる匂い。

体臭そのものが臭うのは当然のことです。

彼女も彼の日常の特有の脂の匂いに我慢している可能性も高いのです。

つまり、体臭とはほどほどであればあるいは、汗まみれの中ではお互い様のことなのです。

自他共にお互いに臭いんだと認識して、早めにお風呂に入るとか、汗まみれから抜け出すようにすればいいだけなのです。

汗に気をつける彼女の前では知らんぷりしよう

アポクリン幹線は所有数が多いか少ないかの差で、人間誰しも持っているものだと考えた方がいいです。

ウインターシーズンでは臭わない人も、夏になれば1日中着ていたTシャツが臭うということもあります。

夏の焼肉料理、にんにくなどで匂いが出ることもあります。

夏は肉食をできるだけ避けたり、こまめにシャワーを浴びたり、制汗剤を駆使して汗を止めたりなど女性は特に気をつけているものです。

それでも彼女のそばによって、ワキガ臭がするなら知らんぷりしてあげましょう。

体臭に気をつけていない彼女なら、上記の制汗剤や食べ物の制限などを教えてあげればいいのです。

夏の汗対策に怠慢な彼女なら、それとなく進めてみよう

夏であるにもかかわらず、夏の汗に鈍感な女性もいるでしょう。

そんなときは彼女の目の前であえて制汗剤を使うとか、彼女にも洋服をこまめに着替えたり、シャワーを頻繁に浴びるように進めましょう。

その時、彼女だからという理由で藪から棒に指摘してはいけません。

彼女に指摘する前に、自分が汗かきであること、悩んでいる最中であることをうまく伝えるようにする同時進行がコツです。

彼女の前で何度もシャワーを浴びるとか、着替える様子を見せることもいいでしょう。

これは自分が気にしているということを見せる方法で、相手にも目覚めさせる方法です。

夏に彼女のワキガ体質が発覚した時の理想的な対応

もしも彼女からワキガ臭が漂ってきたという時、絶対に避けたい反応があります。

それは自分の鼻を手でつまむ行為、臭い、ワキガ?と発することなどです。

ここまで子供じみた対応を行うと彼女も気がつくでしょう。

こうしたあからさまな対応は、絶対に彼女との信頼関係が崩れないという信頼の元で通用するので、家族や親友という絆があれば問題ないでしょう。

人間の価値は多様なので、たかがワキガ臭が夏にするくらいで、別れるなんていうことは馬鹿らしいことです。

たかが匂いなので早まらない方が賢明です。

されども匂いが問題になるのならケアをすればいいだけです。

指摘するときの問題はトラウマにさせないこと。

汗かいてる?シャワー浴びたら?くらいのことが言える仲になれば理想ですよね。