私を愛してるなら証拠を見せて!彼女に愛を伝える方法3つ

一般常識で考える。彼女が愛を感じるものとは?

「愛され女子」という名文句が流行している世の中ですが、女性の中でも自惚れが強い女性がいます。

自惚れの強い女性が男性に求めることは、時に一般常識からは非常識なことである場合が多いものです。

では、一般常識のある女性が男性から「私は大切にされている、愛されている」という確信をする愛し方とはいかなるものでしょうか。

まず、いつの時代でも一般的にいうと、日本では結婚が該当します。

しかも誠実な結婚が女性を愛する、大切にするということに解釈されます。

これは、女性ならず世間一般に老若男女、時代を問わずに共通することです。

女性にとっての愛され方はまさに結婚が全て

外国においては、婚姻関係が全ての男女の信頼関係を示すとは限らないのですが、ここ、日本の法律上男女の結婚は女性にとっては愛情と解釈されます。

一方で男性にとっては、責任にほかなりません。

つまり、女性にとって男性からの義務を受け取ることで、愛情を図ると解釈されます。

そして男女関係においては正しいと言えます。

男性が愛する女性に愛情、お金、時間、全てを注ぐことで、女性から信頼されます。

女性は男性から受け取るお金や愛情を汲み取って、男性にお返しをします。

夫婦の間に子供がいれば子供に愛情を注ぐという行為もまた男性からの贈り物を女性が受け取り、子供へ注がれるのです。

女性にとっての愛され方は、誠実な結婚だけ

ただ、結婚すれば女性は愛されているのか?と問えば決してそうではありませんよね。

そのような単純な考え方ではダメです。

男性側から家庭内暴力を受けていたり、お給料を家に入れてくれないという仕打ちも歴史的には多いです。

そこまであからさまなことではなくても、夫から罵られるという結婚生活が女性にとって幸せなはずがありません。

女性にとって愛されてると実感する結婚とは、お互いの敬意を忘れない感謝の心がある結婚生活ということになります。

モラルの面から理想的な結婚ですが、個々の女性の都合上にマッチした結婚が誠実な結婚という解釈になるのです。

女性が愛されていると感じるもの、扶養

女性を扶養するということは結婚や法律上に関わることだけではないのです。

例えば、彼が彼女を金銭的に支援することも含みます。

この場合、女性の体を提供したりギブアンドテイクではなく、ただ支援をするということです。

他にも、手段は無数にありますが、女性のニーズを汲み取る行為そのものが、女性に愛されていると感じさせるのです。

女性の年齢や立場で幸せにできる相手かどうか、判断することが第一歩です。

例えば、養子に入ってくれて、かつ土地の税金も支払ってくれる、稼業を軌道に載せることができる。

こういう大きな幸せを与えることができる男か、パジャマをプレゼントして喜ぶ相手を選ぶかは男性の能力次第です。

女性の愛し方をマスターするには、いい男になること

女性の愛し方をマスターしたい場合、いい男になるように経済力を磨かねばなりませんよね。

これは国内外問わずに共通することですが、経済力、すなわち稼ぐ力のない男性に女性を幸せにはできません。

外見が良くても経済力が乏しい男性は女性には相手にされないのです。

逆をいえば、既婚者でも愛人の衣食住を整えてあげることができる男性は、周囲の女性からちやほやされ、女性を幸せにできます。

もしも、あなたの彼女が、安いパジャマをプレゼントしてくれたら幸せ。

という女性なら、あなたには経済力がないと言っていることになります。

女性が愛されていると判断できる理由

一般常識でいうところの、上手な女性の愛し方、女性が愛されていると感じる方法は、スバリ結婚というリアルな現実にすぎないのです。

彼女に愛が伝わる方法は、結婚、それも誠実な結婚、衣食住を整えた扶養することの3点です。

そのほか、個々人合わせた例外もあるものの、常識外は外しました。

結婚は責任が伴うので男性にはリアルすぎるかもしれませんが、もしも夢物語の愛され方を求めている彼女なら、人生を真剣に考えているのかどう疑わしいと言えます。

結婚には責任が伴うからこそ、大人の女性には愛されていると判断することができるのです。