倦怠期?彼女と連絡取りたくない時の心理とその対策

どうすればいい?自分でもわからない。彼女を避ける心理状態とは

男女ともにいることですが、恋愛とは、波乗りのようなもの、激しく相手を欲する時期もあれば、気分的に落ち着いている時期もあって当然なのです。

特に男性の場合、熱しやすくて覚めやすいとか、彼女のことを減点方式で見る特徴があります。

もしも、あなたがまだ恋愛をするには人間が成熟していない年齢であれば、短期は損気なものと覚えておきたいところです。

あんなに恋い焦がれた彼女のことを今はなんとも思わないとか、飽きたなど、そういう気持ちしか残らないのであれば、理由は数点考えられます。

いかなる理由でも、冷静になり短気を起こさないことが大切なのです。

実は体目的の恋愛の行く末だった

彼女のことを避けたい気分になるときにはこういう事情もあります。

長年の片思いが実った、あるいは合コンで出会った女性と一目惚れの短期戦で手に入れた恋でも、実はセックスだけしたかったという心理が露呈される場合です。

男性自身でもそのことに気が付いていない、いわゆる無自覚な状態の場合では、悶々と悩んでしまうことでしょう。

ズバリ、これは性的な欲求から彼女を作るものの、まだ人間として信頼関係を構築したり、責任を取るという社会性が備わらないということから、犯してしまうミスです。

セックスした後に彼女に関心がなくなるならそれは、ただの性的な関係性だったということ。

彼女との関係を今後育んでいくのか、それとも育んでいかないのかは人それぞれです。

男性特有のやかん現象

男性の恋愛傾向について関係している理由もあるでしょう。

例えば、男性は恋をするとき視覚で刺激を受けるということがわかっていますが、一目惚れが特に男性に多いこともこのような事情からなのです。

つまり男性は相手の女性の性格や内面について、また属性などを知ることなしに異性として認識するのです。

出会ってから瞬間的に恋をすることも可能なのですが、反面瞬時に恋をした女性に対して飽きるのも早いということになります。

まるで、やかんが沸騰するような恋の仕方が特徴です。

つまり、彼女の会いたくない鬱な気分のときは、もう飽きた、彼女に関心がないという気持ちを持っているから、避けたくもなるのです。

衝動ばかりで人間性が未熟な場合

もしも彼女に非の打ち所がないないとか、出会ったときは理想の条件の女性だったのにすぐに飽きたという場合を考えてみましょう。

相手側に変化や原因がない場合、彼に衝動は育っていても、人間関係を構築するための社会性などが未熟なことが原因と考えられます。

つまり、年頃になり女性と出会い、お付き合いした!という場合、それは内なる性的な衝動のみでつき動かされているものなのだということなのです。

ただ女性をアクセサリーとしてかわいいとか、好みだという理由から好きになりお付き合いする、肉体関係を持てば満足してしまいます。

関係性を築くという当人にない能力を引き出そうとしても、無理なので会いたくなくなるのです。

別の異性への心変わりの心理

彼女と連絡と取りたくない場合ですが、相手方の女性の性格や内面を知ることで嫌いになることもありますよね。

それは言葉使いが荒いことかもしれないし、素直からはほど遠い性格かもしれません。

いずれもダメなものはダメなのですから仕方ありません。

そんなとき、意気投合できる異性と出会ったなら当然、性格や内面にも魅力を感じる女性に惹かれていきますよね。

まず、新しく好きな女性ができた場合、早めに彼女と別れる方がいいでしょう。

粘着質な女性の場合、長く付き合うほど別れ話がもつれます。

女性側の傷心も浅くて済むように、深入りする前に会う回数を減らしておく方がベストでしょう。

彼女を避けたいとき、内観してみよう

彼女を避けたくなる心理について、男性にとって厳しい理由も含まれますが、これは男性自身の問題なので仕方ありません。

女性が彼氏を避けたい心理として男女で立場が変わっても同じことでしょう。

つまり、彼女に関心がない自分、彼女を避けたい心境になる自分のことは自分が一番よく知っているということです。

まだ若い男性なら、心理学を知らないことも多いので、信頼できる友人に自分の症状を話して相談にのってもらうとか、意見を聞いて見るという方法もおすすめできます。

彼女のことを避けたい心理なんて、彼をよく知る人物にしかわからないということなのです。