彼女との連絡頻度はみんなどれくらいなの?一般的な回数や方法について

彼女ができたら気になる!カップルがとる連絡頻度はどれくらい?

初めて彼女を作る時、作り方から付き合い方までビギナーの男性には、わからないことが多いものです。

異性と付き合うとき連絡頻度はどれくらいの感覚でとるものか?なんて悩むこともしばあるでしょう。

それは、彼女から嫌われたくないとか、ミスをしたくないという恐れからかもしれません。

まず、第一に言えることは、相手の顔色を伺うような気兼ねばかりでは恋愛関係は進展していかないということだけは事実なのです。

つまり、相手との連絡頻度のパターンなんて、世の中のカップルの数だけあるということです。

立場上学生なのか、社会人なのかでも恋人との付き合い方は違うし、個々人の好みでも異なります。

学生の彼女の連絡頻度

カップルになってもお付き合いが現実に進まなければ、恋は幻想、「まぼろし」と同じことですから、2人の付き合いについて話しあう必要があります。

話し合いというと、身構えてしまうかもしれませんがカップルはみんなしていることです。

多くのカップルはお互いの立場や交流できる時間が合うかどうかを見極めてからお付き合いしようという決断に至ることが多いですよね。

学生の彼女の場合は、学業が第一優先、他にもサークル活動やアルバイトもスケジュールに入れるので、そうした時間の調整も要ります。

同じ学生か学生と社会人かでも時間の合わせ方は違うので、毎日顔を合わせてもデートは週一のこともあるでしょう。

同じ環境にいる彼女の連絡頻度

同じ会社に在籍している場合や、通っている大学が同じであるという場合でも頻繁にデートできるとは限りませんよね。

例えば、毎日のように顔を合わせていても、学友としての顔合わせも含まれます。

毎日のように連絡していても、恋人としてではなく同級生の1人として授業の話を行うだけのこともあります。

同じ職場に恋人がいる場合も同じですが、頻繁に会うからと言って、常に恋人関係で接するわけではありません。

シチュエーションをわきまえた接し方を行うようにしていますよね。

つまり相手に聞かないことには2人の付き合い方は想像していけないということです。

学生時代と社会人では異なる連絡頻度

現代はメールでの連絡もありますが、連絡手段が豊富にあったとしてもすぐに頻繁に連絡することが可能かというとそうは言い切れません。

学生時代なら授業中でもメールが打てたけど、社会人となれば仕事のことで頭がいっぱいということがほとんどです。

学生時代には密に連絡を取り合っていた恋仲でも、社会人となればお互い多忙で、他の出会いに惹かれてしまうことも多いのです。

遠くの親戚よりも近くの他人ということわざのように、日常生活の短にいる異性になびいてしまうこともありますよね。

学生時代と社会人では恋愛における優先順位が異なるので、週一どころか月一しか会えないというパターンも少なくはありません。

遠距離恋愛の連絡頻度に注意しよう

遠距離恋愛の結末は大抵うまくいきませんが、それは環境が違いすぎるからです。

もしもあなたが、この女性しかいない!と心に決めたのであれば、転勤だろうと出張だろうと彼女と離れて生活をすることになる前にプロポーズをして結婚しておくべきです。

彼女が現地に帯行してくれるのか、しないのか問題になるくらいならば彼女を選ばない方が懸命ということがたくさんあります。

遠距離恋愛になると、連絡頻度は減り、やがて別れに至ることが多いですが、結婚してしまうと月に一度のペースでも彼女と会えばうまく行きやすいです。

ただし、真面目で誠実な女性に限る場合です。

カップルの連絡頻度についての心構え

学生カップルの場合、少なくとも週一で会わないと付き合っているとは言えない。

という女性は多いです。

それは女性が結婚を視野に入れているからなのです。

社会人になると、月に一度しか時間が取れない多忙な方もいれば3回くらいが限界の場合もあります。

もっと連絡をとって欲しいというニーズは一般には女性に多いことですが、男女平等で男性が優位なこともるのです。

恋人の数だけ連絡頻度のパターンは存在するものの、社会人になれば減少する傾向が高いということは事実です。

だからこそ、男女の信頼関係が大事だったり、結婚で信頼関係を築くカップルが多いのです。