恋人?ガールフレンド?彼女を言い表す類語はいくつある?

彼女との関係性を表現したい時、なんて言うと良い?

異性との関係性を表現する方法は時代によっても変化するものですが、いくつか言い方があります。

最も一般的な言葉で、上品な言葉は彼女、恋人です。

彼女は、彼氏、彼女、といい関係性を表す表現に限りませんが、ステイタスな関係性を示すときにも、俺の彼女という表現方法を行います。

他にも、英語表記でガールフレンドという言い方もあります。

中には、「これ」と親指を立てたり、俺の女、インテリジエンスな表現ではステイタスな関係の女性、お付き合いの相手、婚約者、恋仲の相手、というような言い方も世の中にはあるのです。

表現方法は色々ですが、関係性はどうでしょうか。

彼女と言っても、いろいろな意味があるものです。

恋人の表現は方法の例

昔、テレビドラマに「南くんの恋人」というドラマがありましたが、恋人という表現はしばし抽象的な言い方にも受け取れますよね。

俺の恋人、誰々さんの恋人、というように使われるなら、ロマンテストな表現です。

上品でかつ、ステイタスな関係を表現されます。

そして、他人をさして、あの人は誰々さんの恋人だよ。

確か恋人がいたんじゃないかな。

という感じで、自分以外の人のことを言う時に表現されることがとても多いということなのです。

よく、恋人がいたようで、仲良く遊んでいたよ。

と他人が説明するときに用いられたりします。

私たちって恋人関係?恋仲の関係と言われることもあります。

ガールフレンドの言い方の例

彼女のことをガールフレンドと表現する人もいますが、恋人よりも軽い関係性、肉体関係は持たずに気軽に遊べる女性友達という意味合いを含んでいます。

ガールフレンドと表現する男性は、キザだと言えます。

日本人があまり異性のことをガールフレンドという言い方をすることは少なく、周囲の人間が彼のガールフレンドだよと話したり、第三者がガールフレンドはたくさんいたようだよという表現を行うことが多いです。

ガールフレンドは、若いイメージ、結婚を視野に入れていない関係、肉体関係のない間柄で使われることが多く、何人いても、彼のガールフレンドという感じで使われます。

当人の口からは俺の女と呼ぶ場合も

成熟した大人であれば、俺の女という言い方をしますよね。

俺の女という関係は、すでに大人の関係、つまり肉体関係もある関係をさします。

本人の口から友人や家族に彼女を紹介するときに、俺の女という表現方法をとります。

若い男性でも、一度セックスをした相手に対して将来の結婚の約束をしていないにもかかわらず、俺の女という所有物を表すような表現になることも多いです。

恋人やガールフレンドよりもあからさまに、肉体関係を持っていることが周囲に知られてしまう言い方なので、周囲にセックスをした関係だと解釈されても仕方ありません。

文学的な表現、恋仲の関係性

例えば、恋仲という表現方法がありますが、「彼女とは恋仲で」というと、男性の口から表現されても、なんだか抽象的でプラトニックラブのように聞こえますし、いやらしくはありませんよね。

インテリジエンスを感じる上に、肉体関係をあからさまに表現されていないように聞こえる言い方です。

恋仲の相手には、すでにセックスをしたかもしれないし、キス止まりかもしれない。

わからないけど、恋仲という美しい言葉に集約されています。

年齢は関係なく、関係性もどこまで進んんだか周囲に悟られたくないのならば、上品な表現をしたいなら、恋仲と使う方が頭がいいんだなという印象を与えるものです。

彼女との付き合いを表す言い方はシチュエーションで変えよう

立場を考えて彼女の友人、家族、時分の家族、第三者が聞いても、不快な気分にさせないように言い方を変えておきましょう。

友人には彼女ができたと言ってもいいでしょう。

第三者にはお付き合いしている女性という場合もあります。

親友なら俺の女、年配者には恋仲、外国人や横文字を好む人の前ではガールフレンドと表現を変えます。

また、関係性を悟って欲しい時も表現表情を変えるといいでしょう。

あまり立ち入って欲しくない人に伝えるには、老若男女ともに深入りさせないために、恋仲という表現が無難です。

恋仲にはプラトニックも含まれているからです。