嫌われずに彼女を叱る効果的な方法

叱られることは誰でも嫌いなこと

どんな人でも、叱られるということに対して嫌だと思う気持ちが強いものです。

仕事の上司に叱られた、学校の先生に叱られたなど、「叱られた」という言葉にはマイナスの印象がつきものです。

従って、どんなことに対しても叱られたくないという願望があるのです。

しかし、「叱る側」の意見としては、相手が間違ったことに対して注意をしなくてはならないという使命感があります。

叱ることで相手が間違っていることをしているのだと気づかせてあげたいのです。

よって、人間には叱られたくないが叱られないと気づかないこともあるので、結局は叱られることから免れないということになります。

必ず、叱らなくてはならない境遇になることがあります。

それが、自分にとって大切な存在の彼女だった場合、どうしても嫌われたくないという気持ちが働きます。

では、どのように叱れば嫌われずに済むのでしょうか。

話しやすい空間を選ぶ。

口調や内容ばかりでなく、叱れるような場所を選ぶことも大切です。

人目が多いところや、楽しい空間で叱ることは良くないです。

静かな空間で落ち着いて話せるような場所を選ぶと良いです。

場所を間違ってしまうことによって、自分の言いたいことが言えなかったり、上手く伝えられない事態になってしまうことがあります。

そのことが原因で彼女に不快な思いをさせてしまったり、かえって彼女を怒らせてしまうようなことになりかねないです。

しっかりと自分の気持ちを伝えたかったり、相手にしっかり聞いてほしい時には、まず空間を選ぶことを考えていった方が良いです。

強めに言うのではなく、優しい口調で言う。

声のトーンの観点から見ると、強い口調で言ってしまうと、どうしても「この人怒っているのだな」という印象を与えてしまいます。

「怒る」と「叱る」は似て非なるものです。

「怒る」というのは、ただ自分の中の感情のものであるだけのことに対して、「叱る」というのは、そこに人がいるかどうか、すなわち、対人であるかどうか、という意味合いになります。

彼女が自分に対して「怒っている」と感じとられては、なかなか聞いてもらえなかったり、後味が悪くなってしまいます。

そうならないためにも、強めの口調ではなく、優しい口調で言った方が良いです。

例え怒っていたとしても、その感情をグッと堪え、彼女に伝えたいことだけ優しく言うことで、「この人は私に気づかせようとしているのだな」と感じ取らせることができます。

彼女の気持ちも聞きながら自分の気持ちも伝える。

叱る時に、どうしても頭ごなしに叱ってしまう人がいます。

そうしてしまうと「この人は自分勝手な人だな」という印象を持たれてしまいます。

叱られる立場の彼女にも言いたいことがあるはずなのです。

その気持ちを押さえつけてまで自分の言いたいことばかり言ってしまうことは、ただの自己中心的な考えなのです。

彼女の気持ちを聞くことによって、叱る内容が変わってきたり、2人が納得いくような解決策を導き出すことができます。

しかし、この時に気を付けなければならないことは、立場が逆転しないようにすることです。

あくまで自分が彼女を叱るという根本的な趣旨を見失わないように、自分の気持ちもしっかり彼女に伝えるようにしていくことが大事です。

これからどのようにするか未来のことまで交えながら伝える。

彼女に叱らないといけない内容だけ伝えて終わるだけだと、その叱った時間は無駄なものになってしまいます。

「ただ叱られた」という印象だけ与えてしまわないようにこれからどのようにしていけば上手くいくのかを明確にして解決へと導き出す必要があります。

叱られる内容によっては、彼女もどうしたら良いか分からない場合もあります。

その場合は、2人で話し合いながら、納得いくように答えを出していけると良いです。

「叱る」という現在形と「これからのこと」の未来形を踏まえたうえで話す内容を考えた方が上手く伝わります。

このことによって、「叱られた」というマイナスのイメージから「これから上手くいくようにこうしていこう」とプラスのイメージへ変換していけるようになります。

彼女に伝えたいと強く願えば伝わる。

「叱る」ということにマイナスのイメージばかり持ってしまってはいけないものです。

「叱る」というより「伝える」というように考え直した方が良いです。

「彼女に自分の気持ちを伝える」というように考えれば、自分にとってもマイナスなイメージは残らないはずです。

その際に、彼女にどれだけ伝えたい気持ちが伝わるかということが大切になってきます。

叱る内容に芯が通っていなかったり、気持ちがこもっていないと、彼女に伝わらないばかりか不信感を募らせてしまいます。

伝えたいことは単純に、かつ明確にした上で言葉ひとつひとつに気持ちを込めて伝えていけば、彼女にも嫌な気持ちを持たれずに伝わるはずです。