ブスの彼女を人に紹介する時の男性心理とは。

男性がブスな彼女を紹介する男性の心理5選。

まず、男性が世間から見て、ブスな彼女と付き合っている時に、身内や友人、そして仕事関係の相手に彼女を紹介するに当り、様々な心理があると言う事が考えられます。

彼女の事を本当はブスと分かっていない場合、彼女の内面を好きになった場合、ブスと分かっていながらもボランティア精神で付き合っている場合、ブスと付き合っている自分の器の大きさが大きいと周りから思われたい場合、そしていわいるブス専の場合が考えられます。

今回は男性がブスな女性と付き合っている時に、ブスの彼女を人に紹介する時の心理5選について掘り下げたいと思います。

周りから見たらブスなのに、自分ではブスと分かっていない。

まず、一般的に見て、あの人はブスだよな~と言う女性と付き合っている場合に、男性が自分の彼女を周りの人に紹介する場合に考えれる事は、彼女の事を全くブスだと言うことの気がついていない場合が考えられるのです。

本人の美意識の部分は他の人とは少し変わっているのか?彼女に出会った時から、彼女の事をブスと目で見たことが無かったり、周りから見たら、自分の彼女がブスだと言われたり、見られてりしている事に全く気が着かない、言わば鈍感なタイプと言っても良いでしょう。

自分の彼女であろうが、人の彼女であろうが、女性のことは皆それなりに見えてしまう、美的感覚がずれている男性と言えるでしょう。

ブスだと分かっていながらも、彼女の内面が凄く好き。

世間的から見て、ブスだと言われる彼女とお付き合いをしている男性心理としてあるのは、本当は自分の中でも出会った時から彼女の事をブスだと言う自覚があっても、それを招致でお付き合いをしているのです。

それは、彼女の外見というよりも内面を好きになっているので、彼女の顔なんてどうでも良いと言う感覚を持っているのです。

外見をカバーできるくらいに彼女の内面が素晴らしいので、気が着くと顔や容姿なんてどうでも良いという状態になっているのです。

ですから、自分の周りの人にも堂々と紹介が出来るので、とても理想的な形のお付き合いだと言えるでしょう。

ボランティアをすることで喜びを感じるタイプ。

世の中的から見て、ブスだと言える彼女の事を、自分の周りに堂々と紹介ができる男性の心理の中に、ボランティア精神と言うのがあるのです。

とにかくボランティアをすることが大好きなので、自分の付き合う彼女に関しても、人が好んで選ばないようなタイプの女性を選ぶのです。

自分自身ではブスな彼女を選んでお付き合いしてあげる事自体が、ボランティアだと思い込んでいるので、彼女の事が本当に好きでお付き合いをしていると言う気持ちよりも、自分はボランティアをしていると言う自己満足な気持ちを大きく持っている男性だと言えるでしょう。

ブスと付き合っている事で自分は器の大きな男性だと思われたい。

世間的にはブスだと思われている女性を自分の周りの人に堂々と紹介をする男性の心理としては、こんなにブスな彼女と付き合ってあげる自分は、他にはなかなか居ない、器の大きな男性だと、周りから評価をされたい心理が働きます。

普通の男性ならば、ブスをあえて選んで彼女にはしないけれど、自分は器が大きいから、こんなともブスと付き合ってあげられて、それをあえて周りの人に紹介をして見せているのです。

自分の力だけでは男として、周りから実力を認めてもえらない、逆に言えば器の小さな人間なのかも知れませんが、自分ではブスと付き合うことで自分の器の大きさを見せていると勘違いしているのです。

芯からブスが大好きな完全なるブス専の男性

世間的から見たら、あの人はブスだな~と言われてしまう女性の事を心の底から可愛いと思っている男性もいるのです。

そんな男性の事をB専(ブス専門)と呼ぶのですが、とにかく周りからブスだと言われたり、思われてしまう女性の顔が可愛くて仕方ないのです。

なので、毎回好きになる人やお付き合いをする女性はブスなのです。

そんな人の周りにいる人も、彼がB専門だと理解しているので、ブスな彼女を紹介されたも、全然驚く事はありません。

むしろまたそういう女性を選んだのか?と思うくらいに日常的なことなのです。

そいういう男性に限って容姿が優れている事が多いので不思議です。