言ってはいけない!彼女に対する暴言を知っておきましょう

暴言を吐くと一時的にスッキリしても後で後悔する事になります…

付き合って長くなったカップルは、言葉にする事にあまり気を遣わなくなります。

そのため暴言と思われるような失言を思わずしてしまうかもしれません。

しかし暴言は一時的にスッキリする事があっても、最終的には強い後悔の念に襲われる事になる可能性が高いです。

それくらい言葉の暴力は強力で、彼女の事はもちろん、言った彼氏の心も傷つけてしまうものです。

暴言を言いそうになったら、できるだけ我慢しましょう。

今スッキリしたい気持ちに負けないようにしましょう。

彼女の事を傷つけて、自分の心も傷つける暴言を自分の口から出さないようにしましょう。

「ブス」など容姿に関する暴言を言ってはいけない

彼女とケンカをした時に、相手の悪口をとにかく言いたくて、言わなくてもいい事を言ってしまう事があります。

「ブス」という暴言を言ってしまう男性は多いです。

本当はブスと思っていなくて、可愛い女性だと思っているから、逆に安心してブスという言葉を彼女に使ってしまいがちです。

しかし彼女はその言葉を深刻に受け止めるかもしれません。

女性の自分の容姿に対する劣等感や自身の無さは、男性に分からないかもしれません。

男性は女性に対して、安易に外見をけなすような言葉を発するのは危険です。

「デブ」や「ブタ」という言葉によって、彼女が立ち直れないほど傷ついてしまう事もあると知っておきましょう。

「ダメな女」など人格否定をするような暴言は言ってはいけない

彼女に悪口を言ってスッキリしたい時に、「お前はダメな女だ」というような人格否定の言葉を放ってしまう事があります。

これは最悪の暴言です。

例えば会社で何か失敗をしたりミスをした時に、上司が部下と接する時に同様の暴言を言ってしまう事があります。

部下がミスをした事を指摘するのは良いですが、「ミスをするお前はダメな人間だ」と人格否定をするのは暴言でパワハラになります。

人格否定をされると、人は深く傷つきますし、発言した相手を長い間恨む事になります。

彼女もその場では平気な顔をしていても、ひどい事を言われた事を決して忘れないでしょう。

「しあわせになれない」と未来を否定するような暴言はNG

彼女がキレイで性格が良く、非の打ちようがないほど素敵な女性という場合があります。

このような女性と口論した時に、攻撃するポイントがないため、男性は工夫をして暴言を吐く事があります。

「お前は絶対にしあわせになれない」などと、彼女の明るい未来を否定するような言葉を発して、彼女を傷つける男性がいます。

これは「呪い」にカテゴリーされる暴言です。

繊細な女性なら、この言葉の影響を受けて、未来に対して不安を持ってしまうかもしれません。

言葉には思っている以上の破壊力があります。

素敵な女性をちょっと困らせるつもりが、ひどい結末に結び付いてしまう事もあると知っておきましょう。

「他に好きな男がいるだろ」という暴言は別れにつながる

彼女が他の男性と楽しげに話しているのを見た時などは、彼氏は嫉妬心を抱くでしょう。

しかし彼女は男友達と、共通の趣味の話題をしただけだったり、愛想笑いをしているだけかもしれません。

嫉妬心にかられて「他に好きな男がいるだろ」とか「浮気してるだろ」と暴言を吐いてしまうと、後に大変な事になるかもしれません。

彼女は彼氏の嫉妬心に幻滅して、本当に他の男性の元へ行ってしまうかもしれません。

別れにつながるような事を言葉にすると、現実にしようとする力が働く事があります。

嫉妬心に負けて暴言を吐いて、本当に別れる事にならないように気を付けましょう。

「老けた」など年齢に関する暴言は絶対禁止!

女性がもっとも嫌う言葉に「老けた」「顔にしわがある」など、年齢に関する言葉があります。

彼女と付き合ってしばらく経てば、当然付き合った年月分、彼女は年を取ります。

顔にしわができたり、肌に艶が無くなる事もあります。

彼氏としては軽い気持ちで「老けたね」と冗談で口に出したとしても、彼女にとっては暴言にしか聞こえません。

特に20代後半や30代前半の女性は、老ける事を恐れている敏感な時期に差し掛かっている女性です。

暴言に傷つきやすい事を知っておきましょう。

もし本当に彼女が老けていたとしても、年齢に関するような言葉を避けるようにするのが、男性の優しさかもしれません。