彼女の暴言がひどい!死ねという場合の対処方法

彼女に暴言を言われるとどんな気持ちになるのか

彼女と付き合っていると、彼女のことを少しづつ分かることがありますね。

それは、良いこともあるしその反対に悪いこともあります。

良いことは嬉しいのですが、悪いことについては改善して欲しいと思うことが多いのではないでしょうか。

その内容の一つとして、暴言をはかれてしまうことがありませんか?その中でも、死ねという暴言はかなりきついです。

その言葉を言われてしまうと、彼としてはなぜそんなことをいってしまうのかとがっかりしてしまいます。

しかし彼女としては、意味があっているかもしれません。

ここでは、死ねという彼女についてどんな理由があるのかご紹介します。

可愛く死ねという場合はどんな意味があるのか

彼女が話す言葉の中に、冗談のような感じで話をすることもあるでしょう。

それは通常の人なら、やんわりとした表現でいうところ、暴言として死ねという言葉を使うこともあるかもしれません。

その時、彼女の表情を見てみましょう。

もしも表情として、可愛くいっている場合は冗談として彼に伝えたいと思っているのです。

彼が何かをした時に、少しやめて欲しいという言葉として死ねといってしまうのです。

その時は、可愛くいうので、その言葉の意味はありません。

彼を少しいじめてあげたいという気持ちが、少し込められて居ることが考えられます。

悲しそうな表情で死ねという場合はどんな意味がある?

彼女と一緒にいる時に、彼女に対して傷つけてしまう言葉や態度をしてしまうことがありますね。

その時、彼女としては怒りがあるのでその怒りをどんな言葉で表現しようかと思っているのです。

その時、彼が最も傷つくことを伝えたいと思うこともあります。

その暴言のひとつとして死ねということも、あるのではないでしょうか。

そのことを伝えることにより、彼がショックを受けることがわかるので、その結果、反省して欲しいという意味も込めていうことがあります。

彼女としては、もちろん本当に死んで欲しいと思うのではありません。

言葉として強いショックを与えるように選んでいます。

死ねという言葉が意味もなく口癖になっている

彼女と話をしている時に、彼女が死ねという言葉をなにげなく使っていることがありませんか?その時、どうしてそんなことをいうのだろうと、最初はショックを受けることでしょう。

しかし付き合っていくうちに、なんとなくその暴言についてそんなに意味なく言っていると思うことがあるでしょう。

その時、彼女としてはなんとなくふとした時に使いやすいので、つい死ねといってしまうことがあります。

口癖となっているということですね。

その言葉には、ほとんど意味がないので、言葉のつなぎとして使っていることもあり気にすることはないでしょう。

暴言をはく彼女のことを守るために注意する

彼女が暴言をはいてしまう時、それが彼の前だと別に気にしないでもいいですね。

ところが、そのことが他人の前で死ねということをいっていたりすると、そこはまた別問題となってしまいます。

それは彼としては彼女のことを、よく理解しているのでその暴言についても許せるのです。

しかし他人の場合は、戸惑いパニックになることもあるかもしれません。

その結果、喧嘩になってしまうこともあるかもしれないのです。

そのことから、彼女のことを思っているならその言葉について直してもらうようにその都度注意をしましょう。

彼女も愛情を感じたら直せるはずです。

彼女の暴言は言わないように改めることが一番

いかがでしたか?死ねと暴言をはかれると、彼としては戸惑います。

しかしその死ねという言葉には、いろいろなニュアンスが含まれていると知ることにより、まだ許せると思うことができます。

しかしその暴言は、やっぱり人前だと恥ずかしし、口癖になっている場合は直した方がいいです。

彼として、彼女になんと思われようと注意をして上げることがいいかもしれません。

その後に、彼女が暴言をいわなくなると、その時は一番良い関係を築くことができます。

彼女が今までそのことを感じずにとおりすぎてきたのは偶然かもしれません。

彼として彼女を教育するのは、とても重要なことです。