彼女を実家に呼ぶ時に彼氏が気を付けたい6つの事

「本気の彼女」しか実家には呼ばないようにしましょう

彼女ができてしばらくすると、彼女の方から「ご両親に会いたい」とか「あなたの部屋を見てみたい」とお願いされるかもしれません。

彼氏が一人暮らしをしている時は、彼がどのような暮らしをしているのか、単純な好奇心で知りたいのかもしれません。

しかし彼氏が実家暮らしをしているのに、「家に行きたい」と言う時は、他の意味も含まれています。

「結婚を前提にした恋愛をしている」というお墨付きが欲しいと、彼女は思っているのかもしれません。

彼女を実家に呼ぶ時は、本当に将来的に結婚を考えられるような、本気の彼女に限定しましょう。

部屋を整理整頓して、見つかってはいけないものを隠しましょう

彼女を実家に呼ぶ時は、自分の部屋を整理整頓して準備を整えましょう。

何も準備をせず部屋に彼女を入れてしまうと、見られたくないものを彼女に見られてしまうかもしれません。

例えばエッチな本やDVDなどをみつかってしまい、彼女に嫌われてしまうかもしれないからです。

他にも「モテるためのハウツー本」などを部屋に置いていて、それを彼女に見られてしまうと、かなり恥ずかしい事になります。

彼女に内緒で地下アイドルを応援していたり、アニメオタクとして活動している男性は、彼女に自分の趣味を知られてしまうような証拠になるような品は隠して置いたほうが良いでしょう。

部屋のニオイに注意して清潔な彼のイメージを保ちましょう

自分では気づかなくても、自分の部屋には独特なニオイがあります。

彼女の好きなニオイなら良いですが、嫌いなニオイという可能性もあります。

またニオイがきつい部屋に住んでいる男性は、不潔なイメージを持たれてしまいがちです。

彼女がキレイ好きで、潔癖症の場合は、不潔な部屋に住んでいる彼の事を少し嫌いになってしまう可能性があります。

彼女を実家に呼ぶ時は部屋の整理整頓をして、彼女にみつかりたくない物を隠したら、同時に消臭剤を振り掛けたり、アロマで良い香りを部屋に満たして、ニオイの気にならない部屋作りをしましょう。

彼女が「いいニオイ!」と思わず口に出すような部屋を目指しましょう。

元カノとの思い出の品は処分しておきましょう

現在の彼女と付き合う前に、他の女性と付き合った経験がある男性は多いと思います。

この場合、ほとんどの男性が、元カノとの思い出の品を部屋のどこかに隠し持っているでしょう。

彼女と一緒に行った旅行先で買った物や、クリスマスや誕生日に元カノからもらったプレゼントを大切に持っている男性もいるでしょう。

また彼女と旅行先や自宅などで撮影した、スナップ写真を持っている男性もいるはずです。

このような元カノとの思い出の品は、彼女を実家に呼ぶ時は、できるだけ処分するようにしましょう。

今の彼女に嫌な思いをさせたり、ケンカのきっかけになるものはできるだけ捨てましょう。

親に紹介するかどうかを事前に決めておきましょう

彼女を実家に呼ぶ時は、事前に親に紹介するかどうかを決めておくようにしましょう。

とりあえず彼女を実家に呼んで、突然両親が帰ってきて、鉢合せをするような事態を招くようにします。

彼氏としては、まだ彼女を両親に会わせる段階でないと思っているかもしれません。

もう少し付き合いを続けて、長い付き合いになりそうだと思った段階で、両親に紹介したいと思っているかもしれません。

ぜひその気持ちを大切にしましょう。

なりゆきで親に彼女を紹介して、何となく結婚する雰囲気になり、なし崩しに結婚に向かって進んで行くような事態を招く行為は避けましょう。

彼女に実家に呼ぶ事を事前に伝えるようにしましょう

デートをしている途中で、実家の話題が出るかもしれません。

彼氏によっては「今から実家においでよ」と彼女を実家に呼ぶ人もいるかもしれません。

しかし彼女にも都合がありますし、心の準備が必要です。

それくらい彼氏の両親と対面する事は、人生において重要な局面になるかもしれないからです。

きちんと事前に準備をして、身支度を整えてから両親に会いたい女性の方が多いはずです。

完璧な自分として彼氏の両親に会い、気に入られたいと思う彼女の気持ちを大切にしましょう。

彼女を実家に呼ぶ時は、少なくとも一週間以上前に伝えましょう。