彼女がずっと敬語!それはどんなことが考えれるの?

彼女が敬語しか話さないと彼としては不安になる

やっと彼女ができて嬉しいと思っていると、その彼女がずっと敬語であるとちょっと不安になることがありますね。

それは恋人同士になると、やっぱり砕けた言葉で話すことが多くなるからです。

敬語であるということは、それだけまだ恋人という意識がないのかなどと思うこともあります。

自分と一緒にいても、リラックスできないのかなと心配することもあるでしょう。

しかし彼女は彼女なりに、意味があって敬語を使っていることもあります。

それを知ると、安心ですね。

ここでは、彼女がずっと敬語であるのはどうしてかということについてご紹介します。

敬語を話すことに慣れているのでそのほうが楽と思っている

彼女が育ってきた環境などで、ずっと敬語だったという場合は敬語を話すことが当たり前ということが考えられます。

日常の生活の中で、特に彼の前だけではなくいつも敬語を使っているということです。

特別に意識して彼の前で、使っているということではないということです。

それだったら、安心することができますね。

その彼女は、敬語を話すほうが気持ちがリラックスしていることになります。

敬語で話されて嫌と思うことがない場合は、そのまま様子を見てもいいのではないでしょうか。

敬語で話されることにより、辛いという場合は彼女に少しづつ普段の会話で使ってもらいましょう。

彼のことを尊敬しているので敬語になっている

彼女がずっと年下である場合は、ずっと敬語で話されるということもあるのではないでしょうか。

それはやっぱり彼のことを、人生の先輩として尊敬しているということです。

その結果、ずっと敬語で話すということがあります。

尊敬している彼というのは、彼女にとってもとても嬉しいことなのです。

彼を尊敬できるというのは、女性として一番自慢できる事です。

そのこともあって、いつまでも尊敬出来る存在でいてほしいという、そんな気持ちも込めてずっと敬語で話をしているのかもしれません。

自分にとって、いつまでも尊敬出来る彼と思われているのです。

普段の話し言葉で話すタイミングを逃している

付き合う前は、敬語で話をしていた場合は恋人同士になったとしても、そのことから抜けきれずにずっと敬語で話すことがあるのではないでしょうか。

それは、普段の恋人同士の話言葉を話すタイミングを逃してしまったということです。

彼女としても、彼ともっと気軽に普段の言葉で話したいと思っているかもしれません。

しかしタイミングがわからないのです。

しかもとても、恥ずかしいと思っています。

そんな時には、彼から普段の話し言葉で話そうと切り出してあげましょう。

すると、どんどん話すことができるようになります。

その機会を与えてあげましょう。

彼のことを信用しきれずにいるために敬語となっている

彼女と付き合っているのに、ずっと敬語で話されているというのはちょっとおかしいと思うこともありますね。

友人と話す時は普通の言葉であったりするとそこはおかしいと思うことがあります。

その原因の一つに、彼のことを信頼しきれていないということがあるかもしれません。

彼がとても女性にモテる、ちょっと心配なところがあると感じているので彼としては距離を置こうと思うことも。

後で悲しい思いをしないように、少しバリアを張っているのかもしれませんね。

その時には、彼女の安心させることができる行動により敬語を話さなくなる可能性があります。

彼女がなぜ敬語なのか心のうちを知ることが大事

いかがでしたか?彼女がずっと敬語を話すと、彼としては心配なことがありますね。

このまま行くと、ずっと平行線であると思うことも。

その時、なぜ彼女が敬語であるのかとても知りたいです。

そのままダイレクトに聞くこともいいのではないでしょうか。

その時、とても真剣な感じで聞くよりも、何かの話のついでという感じで聞くほうが楽に聞くことができます。

彼と付き合っていることは事実なので、彼女のペースで話し出すのを待つということもありかもしれません。

敬語で話されるのが嫌ではないと思っている場合は、そのままでもいいのではないでしょうか。