好きな彼女に対して絶対にしてはならない6つのng行動とは?

これまでの交際遍歴に探りを入れてはいけない

大好きな彼女が、いままでにどんな男性と交際をしてきたのか気になりますよね。

でも、彼女から言い出したのならさて置き、あなたからあれこれと探りを入れるのは止めましょう。

聞かれた彼女自身も気分がいいはずはなく、下手をすると「過去にこだわる女々しい男」と判断されて振られる可能性が否めません。

また、正直に話してくれたとしても、あなた自身が過去の男性の陰に悩まされてしまうことも考えられます。

割り切って、今の自分を好きになってくれた彼女のことを信じてください。

彼女の交際遍歴に探りを入れるのは明らかに自爆系ng行動なのです。

自分の家族の話に偏った話題になってはいけない

話し好きな男性が嫌われることはありませんが、話す内容によってはとても嫌がられます。

中でもナンバーワンは、家族の話題。

特に母親や女姉妹についての話題に女性は嫌悪感を抱きがちなので気を付けなくてはなりません。

もちろん家族大好きな男性だっていることでしょう。

でも、それを一から十まで聞かされる彼女の身にもなってください。

そのng行動に気が付かず、一方的に話し続けていると、早晩別れがやって来ます。

女性はいつだって結婚した後のシミュレーションを行うもの。

「実家との付き合いが面倒になりそう」と早々に見切られてしまうかもしれません。

「手料理が食べたい」と幼稚な思考で自分の理想を押し付ける

女性は料理好きで上手な人じゃなくちゃ。

いつも男の立場を立ててくれないと。

そんなふうに思っていませんか?
別にそれを理想とするのは個人の自由です。

ただし、それを彼女に押し付けると嫌われます。

付き合った彼女がたまたま料理好きだったとしたら、それは単にあなたがラッキーだっただけのこと。

現在は家で料理をしない女性なんて珍しくはありません。

そのことについて全否定するのはng行動なのだと覚えておきましょう。

一方的に自分の理想を押し付けるのは好ましくありません。

女性が料理をしないのならば、あなたがすればいいのです。

常に「察してチャン」態度で自分の欲求をアピールする

「なんか喉が渇いたよね」と言いっ放しな男性。

そう思うのであれば、「なにか飲みながら一休みしない?」と積極的な提案をしてくれればいいのですが、あくまでも彼女から「じゃあ、どこかに入って一休みする?」と言わせたいわけです。

本来、女性は母性が強いので何かを求められると助けてあげたい気持ちになります。

なので、男性からの察してオーラに対応してあげますが、これが度々となると「面倒くさい人」「リードできない人」と優柔不断認定されてしまうので気を付けましょう。

百歩譲って女性の察してチャンには可愛げがありますが、男性の場合はng行動でしかありません。

デキる男アピールは度重なると嘘臭く、鬱陶しい

彼女に立派な男であることをアピールしたい気持ちはよくあること。

でも、常に「今日は会社で後輩の尻拭いをさせられて・・・」「上司が気が利かないからさ・・・」という話を聞かされる彼女としては、「この人、本当に仕事ができるのかな」と反対に不信感を抱くようになります。

そもそも、本当にデキる男性は誰かを貶めるような話題ばかりを好みません。

自分の株を上げるために誰かを犠牲にしなくてはならないなんて、本当の意味でデキるとは言えませんから。

本当のデキる男は、自らのアピールが無くても周囲が自然と認定するものなのです。

自らデキるアピールするのは見苦しいng行動なのだと自覚してください。

自慢話のオンパレードデートで彼女はいつのまにか去っていく

自慢話の得意な男性は、女性がどんな気持ちで話しを聞いているのか考えたことはないでしょう。

正直、退屈です。

それは気持ちが通じ合っている交際中の彼女であっても同じこと。

最初は「うん、うん」と興味深く聞いてくれたとしても、そのうちに「また同じようなこと言ってる」となり、だんだんとデートが楽しみではなくなっていきます。

これぞ正真正銘の倦怠期。

不幸なのは、その愚かなng行動に彼氏だけが気付いていないこと。

せめて美味しいもの自慢をした後は、「今度は一緒に食べに行こうね」と誘い、実行するくらいなら聞いている彼女も許せるはずなのですが。