「フラれる原因になるかも?」彼女と外食する時に気を付けたい彼氏の行動6選

テーブルマナーをマスターしないと嫌われるかも…

彼女ができると女性と一緒に外食する楽しみができます。

男性一人では行けないような雰囲気の良い飲食店に行く事も、彼女と一緒なら可能です。

例えば夜景が美しいビルの最上階にあるような展望レストランや、テーマパーク内にある素敵なレストランでも食事を楽しむ事ができるようになります。

素敵なレストランで食事をする時に気を付けたいのが「テーブルマナー」です。

フォークやナイフの種類を知り、料理によって使い分けたり、飲み物によってグラスを使い分けるなど、テーブルマナーを知らないと彼女にがっかりされてしまうかもしれません。

店員に怒る彼氏は彼女から愛想を尽かされるかもしれません

外食をする時に、飲食店の店員に怒ってしまう男性がいます。

例えば注文した料理が遅れて出てきた時や、後から入ってきたお客の料理が自分よりも先に提供されたようなケースでは、怒りやすい男性は激怒してしまいます。

しかし、彼女ができた後は、このような行為を慎みましょう。

ほとんどの女性は、店員に怒る男性の事を良く思っていないからです。

初めてのデートで、彼氏が飲食店の店員に切れた事で、「別れよう」と決意する人もいます。

彼女に嫌われないためには、例え店員が粗相をしたとしても、笑って許せるような懐の広さを持つようにしましょう。

「おごる」「割り勘」は継続的にできる方法を最初から選ぶ

彼女ができると嬉しくて、何でもかんでも外食時は「おごる」男性がいます。

食事のたびに彼氏がおごると、彼女は「それが当たり前」と思ってしまいます。

そして彼氏が割り勘にしたいと思った時には、おごられるのが当たり前の彼女になっているでしょう。

恋愛期間はずっと彼女におごってあげようと決めている男性は良いですが、いずれは割り勘にしたいと考えている男性もいると思います。

しかしおごられるのが当たり前になった彼女は、途中で割り勘と言い出す彼氏に不満を持つ可能性があります。

割り勘を視野に入れている場合は、付き合い始めから割り勘を主張するようにしましょう。

特別な日は彼氏がご馳走するようにしましょう 

普段の外食時は飲食店の支払いを彼女との割り勘にしている男性も、特別な日だけは彼氏がご馳走するようにしましょう。

特別な日とは「クリスマス」「彼女の誕生日」「ふたりが付き合い始めた日」などです。

このような節目に訪れる特別な日だけは、男性としての懐の深さを見せるために、飲食店を彼氏がすべて持って、彼女にご馳走するようにしましょう。

彼女も女友達などに「クリスマスは彼氏がご馳走してくれた」などと自慢する事ができて、二度嬉しいはずです。

普段、飲食代を割り勘にしていても、大切な日におごる事で、彼女の不満が溜まる事はないでしょう。

ファストフード店での外食は連続しないようにする

彼女と外食をする時は、ファストフード店でばかり食べないようにしましょう。

彼女は外食をデート感覚でとらえていますので、安くてコスパが良いお店ばかりでは物足りないと感じます。

「彼氏に愛されていないのかもしれない」「安く扱われているのかもしれない」と余計な詮索をさせてしまう事にもつながります。

ハンバーガーや牛丼など、本当にファストフードが好きな男性も多いですが、彼女ができたら彼女の立場になって物を考えるように心掛けましょう。

彼女と一緒に食事をする時は、ファストフードでの外食は基本的に連続しないようにしましょう。

彼女の手料理よりも褒めないようにしましょう 

美味しい飲食店に行くと、驚くほど美味しい料理を食べる事ができます。

子のような時に彼氏が「美味しい!」「世界一美味しい」などと、飲食店の料理をほめ過ぎると、彼女の機嫌が悪くなる事があります。

彼女が料理が得意で、彼氏に手料理を振る舞ってくれるタイプの女性の場合は、なおさら注意が必要です。

彼女の手料理がいちばん美味しいというスタンスは絶対に崩さないようにしましょう。

どんなに美味しい料理を飲食店で食べても「彼女の手料理の次に美味しい」という褒め方をしましょう。

すると彼女のプライドも満たされますので、ふたりで楽しい外食の時間を過ごせるようになるはずです。