彼女が癌になったら・・・ ~別れるのが正解!?~

病床の彼女を支える覚悟があるのか自分に問う

これから彼女と結婚をして、子供を設けて・・・。

そんなふうに未来像を描いていたカップルならば尚のこと、彼女が癌になってしまったらどうしたらいいのかパニックに陥ってしまいます。

さて、そのときあなたはどうすべきなのでしょうか。

別れるなんて、ひとでなし?
でも、自分は彼女を支えるだけの強さがある?
まずはこのように自分の覚悟を冷静に見極めましょう。

もしかすると、「自分は今の彼女を支えるだけの強さはない」という結論に至るかもしれません。

ただ、だからといって誰もあなたのことは責める権利はないのです。

あなたがどうしたいのか、自分の心と向き合ってみてください。

正確な病状、これからの治療方法、見込みなどを正確に把握すべし

彼女が癌だと判ったら、安易に別れに逃げてしまうのではなく、現在の病状を確実に把握することに努めましょう。

癌だからといって確実に死がやってくるとは限らないからです。

特に女性特有の癌の場合は、早期発見することで生存率はグーンと高まります。

でも、彼氏であるあなたに医師から病状説明が行われることはありません。

したがって、彼女の家族に訊く必要があります。

つまり、これからのことを考えるのはそれらを正確に把握してからでも決して遅くはありません。

早々に結論を出してしまうと後々、あなた自身が後悔に苛まれる可能性もあるのだと心してください。

彼女の癌について学び、知識をしっかりと蓄えるべし

さて、彼女の癌がどのようなものか知り得ることができたなら、あなた自身でしっかりと調べてみてください。

その癌の生存率。

手術がで治る見込みや妊娠の可能性。

治療方法などです。

これらをできる限り調べることで、しっかりと病床の彼女と向き合うことができるようになります。

場合によっては双方のためにも別れという選択肢を選んだ方がいいことも。

また、的外れな励ましをして気まずい思いをするなどの失態を犯すこともなくなるはずです。

そして、定期的に彼女の家族と「いまの病状はどうなのでしょうか」と教えてもらうことも大切。

その時々で彼女、そして癌に寄り添えばあなた自身の不安を和らげることに繋がります。

別れたいときにあなたがすべきこと その1

あなたが考え、そして癌の彼女と別れるときめたとき、どのような言動が正しいのでしょうか。

まずは本当に別れると確実な決意を固めることが重要です。

そして、決めたからには自分の周囲の人や彼女の家族に何を言われようとも決意を曲げてはなりません。

また、彼女側の人からは「人でなし」扱いをされるかもしれませんが、そのことを承知しておきましょう。

死ぬかもしれない病人と縁を切るというのですから、そのことについてあれこれと言う人がいるのは致し方のないことなのです。

ただ、その非難に耐えられないからといって彼女の元に戻るのではお互いが幸せになれません。

どんな状況になろうとも自分の気持ちに素直になってください。

別れたいときにあなたがすべきこと その2

別れたいという意思決定は、最初に彼女の周囲の人へ、それから彼女本人に伝える順番を守りましょう。

自分と彼女だけの問題と考えるかもしれませんが、癌に侵された彼女にとって別れは耐え難いもの。

そのときに支えてくれる人が必要です。

つまり、あなたが彼女自身に打ち明ける前に彼女を支える心構えを周囲の人にしてもらってください。

もちろん、病室にこまめに訪れている人だけに限っても構いません。

少なくともその人たちには自分には彼女を支えるだけの強さがないと正直に打ち明けます。

どんな誹謗中傷にも耐えなければなりません。

それは別れを選択したあなたが乗り越えなければならない試練です。

別れたいときにあなたがすべきこと その3

最後は彼女に別れを切り出し、場合によっては謝罪も必要です。

癌に侵された彼女に別れを直接に言い出す勇気がないと思う人もいることでしょう。

でも、これだけは自分で伝えなければ彼女としても心のけじめがつけられません。

そして、彼女が取り乱してもあなたと別れたくないと訴えたとしても、あなたはきっちりと「別れたい」と最後までブレないようにしてください。

あなたの気持ちが揺らいでいると後々、彼女はもっと深い心の傷を負うことになります。

人間、時には恨まれたり罵倒されることもあります。

それを避けて通ることは、自分の幸せを放棄することに繋がりかねないので心しておきましょう。