女性から男性にプロポーズ!彼女に逆プロポーズをさせる方法6選

とにかく結婚願望が強い女性と付き合うようにする

女性の中には、とても結婚願望が強い女性がいます。

このようなタイプの女性は恋愛ではなく結婚がゴールなので、付き合い始めたらすぐに「結婚したい」というオーラを常に出してきます。

このようなタイプの女性と付き合うと逆プロポーズをしてもらえる確率が高くなります。

男性が彼女にプロポーズするのを我慢していれば、じきに彼女からプロポーズされるでしょう。

ただし恋愛期間を長く持ちたいタイプの男性には、このようなタイプの女性は向いていないかもしれません。

結婚願望が強い女性は、やはり結婚願望が強いタイプの男性にぴったりです。

まだまだ結婚する気がないというそぶりを見せる

彼女が彼氏と結婚する意志がある時は、彼氏からのプロポーズを待っているような状況になります。

彼氏は彼女からの結婚への強い意志を肌で感じる事ができるようになるでしょう。

彼女の結婚への意思が強くなったタイミングで、「まだ結婚したくない」というそぶりを見せるようにします。

彼女は今すぐにでも結婚をしたいと思っているので、彼氏が結婚する気になるまで首を長くして待ち続ける事はできないはずです。

結果的に彼女の方から逆プロポーズをする事になるでしょう。

ただし「絶対に結婚したくない」のではなく「今はしたくない」というそぶりを見せる事が大切です。

ものすごく素敵な男性だと思ってもらえるよう努力する

付き合い始めてから、比較的短期間の間でもいいので、めちゃくちゃ努力をして彼女に「素敵な男性だ」と思ってもらうようにしましょう。

すると彼女は「この男性を逃したら、もっと素敵な結婚相手は現れない」と感じるようになります。

彼女は早く結婚して安定した幸せを手に入れようと思い、結婚への意思を強くするはずです。

きっと近いうちに彼女から逆プロポーズをされるはずです。

ずっとは難しくても、半年から1年程度なら、理想の男性として彼女に接する事ができるはずです。

短期集中型で努力をして最高に素敵な男性として振る舞い、彼女に逆プロポーズされましょう。

親のすすめでお見合いをする事になったと伝えてみる

彼女とラブラブな関係の時、さらに彼女に結婚願望があると感じる時に、「親がお見合いしろって言うんだ」と切り出してみましょう。

彼氏と結婚しようと思っていた彼女は驚くはずです。

しかし彼氏ではなく親が言っているとなると、怒るわけにもいきません。

彼氏を失いたいと思う彼女なら、逆プロポーズをして、彼氏を引き留めるかもしれません。

すでに親を彼女に紹介して仲良くなっている場合は難しい方法ですが、まだ会わせていない場合は効果的な方法です。

「家の事情」にはなかなか口を出す事ができないからです。

ふたりの恋が冷めているタイミングでこの方法を試すと、彼女に「どうぞ」と言われてしまう可能性がありますので要注意です。

自分が受け身なタイプだと彼女に分かってもらう

男性によっては「とにかく受け身」という性格の人がいます。

このような受け身な男性は、彼女の事が大好きでもプロポーズをする事はできないかもしれません。

「いつかはプロポーズしてくれるかも」と彼女が思っていると、お互いが相手のプロポーズを待つような形になり、いつになってもゴールインする事ができないかもしれません。

そこで「絶対に彼からのプロポーズはない」と彼女に悟ってもらえるよう、自分がいかに受け身なタイプなのをアピールするようにしましょう。

結婚するなら彼女から逆プロポーズをするしかないと覚悟してもらう事が目的です。

結婚適齢期が終わりそうな女性と付き合うようにする

彼女と付き合う時に、30代前半などの、結婚適齢期が終わりそうな女性を選ぶようにしましょう。

彼女はなるべく早く結婚したいと思っているため、自分からプロポーズをしなければ、比較的早く逆プロポーズをしてくれるはずです。

20代前半の若い女性と付き合った場合は、なかなか逆プロポーズをしてくれない可能性があります。

若い女性が好きというこだわりがなく、逆プロポーズをされたいと思っている男性なら、できるだけ高年齢の女性を選ぶようにしましょう。

ただし結婚願望がない女性は、高年齢でもプロポーズしてくれませんので注意が必要です。