具合が悪い彼女にあなたができる6つのこと

「お大事に」と伝える前に病状を訊ねるとよい

もしもあなたの彼女が「具合が悪い」と連絡をしてきたらどうしますか?
気の利いた男性であれば、「ゆっくり休んでね」くらいのメッセージは送ることでしょう。

でも、いきなりこれでは彼女は不満に感じてしまいます。

もちろん、ゆっくり休むように労りの言葉を掛けたことは間違ってはいないのですが、彼女としては「どんな具合なの?」と訊いて欲しいと思っているはず。

男性にしてみたら、病気なのだからいつまでも携帯電話でやりとりをするのは迷惑だから控えようと考えるかもしれませんが、女性はどんな様子なのかをよく知った上で「お大事に」と言われたいのです。

サプライズで彼女のところへ行くのは我慢する

彼女が具合が悪いのならば、きっと食べるものにも困っているに違いない。

「だったら、お見舞いに行こう」と思い立つ男性がいるかもしれませんが、これは絶対にやってはいけません。

特にサプライズで行くなんてもっての外。

何故なら、病気で顔色が悪く、色気のないパジャマ姿で、且つボサボサの髪の毛のままあなたに会いたいなんて微塵も思っていないのですから。

万が一、「会いに来て」とお願いをされたら行くのもOKですが、頼まれてもいないのに押しかけても迷惑がられてしまいます。

いつでも彼氏の前では可愛らしくいたいと考えている女心を理解してあげましょう。

定期的にLINEやメールで様子を訊き、励ます

具合が悪いと寝ていても、その事実を知っていたのならば放置してはいけません。

彼女を怒らせるのが得意な男性にありがちなのですが、「お大事に」と伝えた後は彼女から連絡があるまで放置してしまうんです。

悪気はなくても、「私のことが心配じゃないのかしら」と思われてしまうことでしょう。

そこで、定期的にLINEやメールで様子を訊き、励ましてください。

もしかすると眠っている彼女からは返信がないかもしれませんが、定期的にメッセージを送ることで、気付いた彼女は大層喜びます。

「ちゃんと寝てる?」
「熱は冷めたかな?」
この程度で彼女はあなたの思いやりに感謝感激間違いなしです。

顔を見ないことを前提にしたお見舞いはあり

彼女は病気のときにはあなたに会いたくないと思っています。

でも、具合が悪い時に心配されたり気遣ってもらうと本当に嬉しく、いつも以上に心に沁みるもの。

つまり、お見舞いに行っても顔を合わせなければいいのです。

例えば、実家に住んでいたら果物を家族の人に届けて、「食べられそうなときにどうぞ」と伝えると、彼女だけでなく家族のあなたに対する好感度も急上昇。

また、一人暮らしの彼女には、玄関のドアノブに袋へ入れた状態で届けてください。

ただし、すぐに気付けないことも考慮して、アイスクリームなどは避けましょう。

スポーツドリンクやゼリー飲料などが無難で喜ばれます。

具合がよくなった後のデートの約束をして元気づける

具合が悪い彼女が問題なく携帯電話を操作できるほどになったら、今度会えるときのデートのプランニングをするなど、楽しいやりとりをして元気づけましょう。

「今度は無理をしない程度に楽しめるよう、見たがっていたDVDを借りるから一緒に見よう」
「大好きな焼肉を食べながら、快気祝いをしようね」
そんな約束をしつつ、彼女の快復を心から願っている気持ちを伝えるのです。

そうすることで、「早く元気にならなくちゃ」という前向きな気持ちにさせることに成功します。

病は気から。

あなたの巧妙なリードで、彼女はたちまち元気になるはずです。

会えなくて寂しい気持ち、愛情を改めて伝える

彼女が具合が悪いときに一番欲しているのは、あなたからの愛情表現です。

会えなくて寂しい。

そんな気持ちは元気なとき以上に募るもの。

でも、そんなタイミングであなたのほうから、「早く元気になってもらわないと、寂し過ぎてオレのほうが病気になっちゃうよ」などと言われたら、彼女はあなたへの気持ちを一層強く感じます。

弱ったときにこそ愛情表現はストレートに伝わるものなのです。

普段は恥ずかしくて伝えられないことも、ぜひこの機会に伝えてみましょう。

彼女も喜びのあまり、具合が悪いことなんて直ぐに忘れてしまうに違いありません。