「趣味がない」!無趣味の彼女を持ったら彼氏はどうするべき?

無趣味な女性もいるので驚かないようにしましょう

彼女ができたら、一緒に楽しい事をしたいと思うはずです。

テーマパークに行くのが大好きな彼女に付き合って、テーマパークでデートをするのも楽しいです。

彼女が大好きなアイドルのコンサートに付き合って遊びに行っているうちに、そのアイドルのファンになってしまうかもしれません。

しかし女性によっては「無趣味」という事もあります。

「何かしたい事ある?」と聞いても「別に」と答えるだけで、自分からしたい事を提案しない女性もいます。

このような女性と付き合う時は、趣味を持っていないとおかしいというような先入観を外しましょう。

無趣味の彼女と楽しく付き合えるように、考え方を変えてみましょう。

実は彼氏に内緒の本当は趣味があるかもしれません!

彼女が無趣味だと思っていたら、実はしっかりとした趣味があるケースもあります。

彼氏に趣味の事を言い出せずに、困っている女性もいるかもしれません。

例えば「○○オタク」と呼ばれるような趣味を持っている女性は、なかなか自分の趣味をカミングアウトできません。

特に彼氏側に偏見がある時は、言い出すのが難しいでしょう。

彼氏が「オタクって気持ち悪い」という考えを持っている場合は、オタクの彼女にはすぐに伝わります。

「彼氏に絶対内緒にしないと嫌われる」そう思って、趣味をカミングアウトするのを避けるはずです。

彼女が自分の趣味を言い出しやすいような環境作りを、彼氏の方からしてあげましょう。

一緒にいる時間を長く取るようにしましょう

彼女が本当に無趣味な場合は、ひとりで過ごす時間が退屈なはずです。

「一人遊び」ができないため、誰かと一緒にいないと楽しい時間を過ごす事ができないからです。

無趣味で一人遊びができない彼女を持った場合は、彼女と一緒にいる時間を長く取るようにしましょう。

そうしないと、彼女は退屈してしまい、他の人と会おうとしてしまうからです。

友達ならよいですが、男性と会ってしまい、それが浮気につながってしまうかもしれません。

浮気されるリスクを抑えるために、なるべく彼女と一緒にいて、彼女が退屈になるのを避けるようにしましょう。

彼女が無趣味ならラッキーだと思い彼氏色に染めましょう!

彼女が無趣味なのはラッキーだと思い、自分色に染めるようにしましょう。

趣味がたくさんある男性なら、自分の趣味を彼女の趣味にしてもらい、一緒に楽しみましょう。

そのために大切なのが、彼氏の趣味は楽しいと思ってもらう事です。

いきなり説教じみた話をしたり、彼女が場に慣れる前にはしゃぎすぎたりして、彼氏の趣味を嫌いにならないように気を付けましょう。

例えば彼氏の趣味がスポーツ観戦なら、女性でも見やすい分かりやすい試合に連れて行ってあげましょう。

いきなりマニアックで面白さが伝わりにくい試合に連れて行かないようにしましょう。

彼女がしたい事を一緒に探してあげましょう

彼女が無趣味な場合は、彼女のために、趣味にできるような事を一緒にしてみてはいかがでしょうか。

彼女が本当にしたいと思える事を、一緒に探してあげましょう。

一生楽しめるような趣味があると、彼女は素敵な毎日を送る事ができます。

自分の趣味を押しつけるよりも、彼女が本当に楽しめる趣味探しを手伝った方が、彼氏としても嬉しい気持ちになれるかもしれません。

例えば本屋さんで雑誌をたくさん買ってきて、彼女が興味を持てるようなイベントや行き場所を探ってみましょう。

彼女が興味を示したら、とりあえずそのイベントに参加をしてみましょう。

結婚生活が彼女にとって「趣味」になるかもしれません

趣味がない女性は、イベントに出掛けたり、何かに夢中になるのが楽しいのではなく、結婚生活にしあわせをみつけるという事が良くあります。

結婚をして、洗濯や料理、掃除などの家事をする事がしあわせなタイプの女性もいるからです。

無趣味な女性で、家庭的な女性を彼女にした場合は、結婚する事を選択肢の一つにしましょう。

将来的に結婚したいと思える女性なら、なるべく早く結婚をして、新婚生活を送りましょう。

彼女は水を得た魚のように、楽しそうに毎日を送り始めるかもしれません。

家事をしたり、旦那さんや子供の面倒を見る事が、実は彼女にとって本当の趣味なのかもしれません。