彼女を怒らせた!その時どう行動したらいい?

彼女が怒る理由はさまざま!それにより対処も違う

彼女といつも良い関係でいたいと思っても、どうしても不穏な時もありますね。

その中でも、特に男性が辛いのはなんといっても何らかの理由で彼女を怒らせた時です。

その時、どんな風に行動すればいいのでしょうか。

それにより、彼女との関係も違った方向に行くこともあります。

出来たら、丸くおさめたいところですがそんな風に行かないことも。

それは、自分が悪い時もあれば悪くないこともあるのでその時に素直になれないのです。

ここでは彼女を怒らせた時に、どんな対処をすればいいのかについてご紹介します。

それを参考にして行動してみてくださいね。

彼女が怒ったらどんな理由であってもこちらが折れる

彼女と一緒にいる時に、自分が気づかない時に彼女の機嫌が悪くなることがありませんか?それは、自分がどんなことをしたのか思い出せないこともあるほどです。

そんな風に女性は、いつ機嫌が悪くなるのかわからないこともありますね。

ホルモンバランスの関係で、悪くなることがあったり具合が悪くてなることもあります。

その時は、その空気感に耐えられなくなることがありませんか?とにかく早く、元のように元気な彼女に戻って欲しいと感じます。

そのように何かの理由で怒らせたと感じた時には、とりあえず謝って彼女のもとに戻ってもらいましょう。

自分が悪いとわかったら直ぐに謝ることが大事

彼女がなんとなくおかしい、怒らせたと思った時その理由について心当たりがあるときも。

その時は、自分が悪くて彼女が嫌な思いをしているので、素直に直ぐに謝るようにします。

それは人としても、当然のことですね。

彼女であってもほかの人であっても、自分が悪い時には謝るのは当然のことなのです。

しかしほかの人なら謝るけれど、彼女だからいいや、許してくれるだろうと思うこともあり謝ることをしないのはダメです。

その結果、彼女が嫌になってしまうことは目に見えています。

悪い時には、直ぐに謝るようにすると後もすんなりおさまります。

彼女が勝手に怒る場合はその理由を聞いて落ち着かせる

彼女と一緒にいるときに、自分が悪くない時にどうしてか機嫌が悪くなることがありませんか?それは、理由がわからずにそんな風になっているのでこちらとしても困ります。

そんなことが続くと、とてもストレスとなりますね。

そのためどうして、そんな風になっているのか怒らせたのかを、彼女自身に聞いてみましょう。

すると、彼女もモヤモヤしている自分を反省してふと我にかえるかもしれません。

自分が悪かったと反省してくれることも。

そうなると一番いいですね。

もしも悲しい表情をするようなら、彼女のそのもやもやを受け止めて上げるようにしましょう。

彼女を怒らせた理由が納得できない場合は連絡をしない

彼女の機嫌が悪くなり、怒らせたと思った時はいつもだったらそのままにして機嫌が直ることをじっと待つことも。

または、こちらから連絡をして、なんとなくもとに戻ることもあります。

しかしそんなことを繰り返していると、相当疲れます。

彼女に振り回されていることになりますね。

そのときは、怒らせたと思ってもその理由が納得できない時にはこちらから連絡をしないことも一つです。

いつも連絡をしてなんとなくもとに戻るということを繰り返していると、また同じことが繰り返されるからです。

そのため彼女に反省して欲しい意味も込めて、突き放すようにしましょう。

彼女が怒る理由により対処をかえることが大事

いかがでしたか?彼女を怒らせたと思ったときに、自分が悪い時や彼女が悪い時、そのどちらでもなくなんとなく機嫌が悪くなった時などがあります。

その時、彼女に対して自分が悪い時には謝ることが大切ですね。

それ以外の時は、彼女との今後の付き合いを考えて行動をするようにしましょう。

もしも大事にしたいと思った時には、彼女にそのモヤモヤを自分で対処出来るようにしてもらうよう話しましょう。

こちらも辛くなるので、そんな態度がやめて欲しいということにします。

女性は、何もなくても怒ることもあるのでそんな女性の不安定な気持ちも理解することも必要ですね。