質問に咳払いでごまかす彼女とは脈あり?

質問に咳払いをする女性と脈ありになれるか?

咳払いは嫌われる行為の一つです。

なせならば、咳払いは他人の貧乏ユスリと変わらないくらいに周囲の人の気分を損ねてしまう要因だからです。

例えば、喘息持ちで咳が出るというようなケースは他人からの苦情はでにくいでしょう、それは理性でどうしようもないことだと理解ができるからです。

でも、中には都合の悪さを隠すためにわざと咳払いをするという女性も存在していますよね。

んつんん!というような咳払いを行うような女性は、言葉で相手に意思疎通を取らずに咳ばらいをつかって対象者に無理強いをさせようという姿勢です。

こうした相手が恋愛対象になることがあるか、それは男性の好み次第ですよね。

人間の咳の意味を知ろう

人間にとって、生体によくない状態になると咳がでてきます。

でも、心の中にやましい考えを隠し持っていたり、正論であっても心中に言い分を溜め込んでいたというとき、人は咳という症状になって言い分を吐こうとするそうです。

病名もわからないのに、咳が止まらない人がいます。

今現在そのような状態でなくても、過去に経験したという方もいるでしょう。

もし意中の女性が咳払いで意思疎通をしようとする相手なら、近いうちにあなたへ伝えたい内容を直接本人に言わず、遠回しに周囲の人間を使って伝えてこようとするという判断をとるはずです。

咳で意思を伝える女性との付き合い

病気ではないのに咳が止まらない人の内面と行動ですが、卑怯な行動に出ることもあるということです。

さらに、相手が同じ空間にいれば咳払いを使いながら、言いたいことを伝えようとしてくることもあるででしょう。

そんなコミュニケーションが普通と考えている相手との恋愛関係、家族関係は言葉不足のコミュニケーションになることは目に見えています。

さらに、社会での振る舞いのおいても周囲の人間の言うことに耳を貸さないという悪いところも付いてきます。

咳払いが多い人間は言いたいことを言えていないという状態なので、そこを改善できるように心を鍛えればいいのです。

咳や笑いでごまかす性質のリスク

女性はよく愛嬌が必要と言われていますが、笑いでごまかすという現場も多いです。

笑いが咳ばらいになることもあります。

その咳払いの言いたいことは、そんなこと聞くなよとか、困っちゃうというような状態です。

いわゆる、話言葉でもかきことばでも文字や言葉を使ってコミュニケーションを図る人間としては、厄介な人間です。

もしも、責任をとらなければならないところで、咳ではぐらかされたら?いやと思えれば、付き合いは難しいです。

笑や咳でごまかす女性は、本音でを押し殺して生きているので、突然別れを切り出したり、出て行くなどの行動を取ることもあります。

我慢をやめさせても癖を改善させないと繰り返してしまうのです。

咳や笑でごまかす性質の長所

咳や笑でその場をごまかして生きている人はかわいそうな立場に置かれていることもあります。

言いたいことを言えずに、我慢を強いられてきたのです。

正しくは、自ら言いたいことを言わないことを選んでいるので卑怯なだけですが、そういう咳、笑でその場を乗り切る女性は自分よりも弱い相手を見つければ、即時に周囲を固めるやり方で文句を言ってきたり、あるいは席を使ってコミュニケーションをとってきます。

おまけに周囲の人の意見を聞きません。

うまくやって行くにはとても難しい相手なので、自信がある男性はそういう個性の付き合えばいいのです。

席でごまかす人間を甘くみない!

いかがでしたか?人間の人数が多いほどに、咳で意思疎通を取ろうとする人との出会いも増えますよね。

例えば、自分の会社の社長が社員が騒いでいる中で、存在をアピールさせるように、コホンと席をするということはよくあります。

こうした咳払いは社会的なコミュニケーションなので、また別物と考えられます。

でも対応な男女関係において、一方が言葉や文字を使ってコミュニケーションを取ろうとしているのに、相手が咳や笑でコミュニケーションをとるというのはどう見ても対等性にかけますよね、さらに相手への人としての敬意も失われています。

好みだからという理由でなく、人間として正しいか?という視点でみれば付き合うか判断することもできるのではないでしょうか。