彼女が浮気して開き直った時の対応

浮気を開き直る女性の心理はどういう状況?

自分の付き合っている彼女が浮気をしたということが発覚し、問い詰めたらその事実は認めたが、なんだか態度が開き直っているように感じるということもあるのではないか?と思います。

開き直るということは、浮気をそこまで悪いとは思っていないということでしょう。

だから、謝るといったことをしないで開き直るという態度が出るということになるのだと思いますけど、ここは1つポイントです。

実際にそういった態度になるか?どうかは彼女の性格にもよりますが、そういった状況になったとしたら彼氏である男性はどのように対処すれば良いのでしょうか?

浮気が悪いことを問い詰めても意味はない

浮気をした彼女を問い詰めても開き直った態度に出るということは恐らく浮気を悪いとは思っていないと思います。

そこで浮気は悪いことなんだと言っても基本的に効果はありません。

結婚しているわけではないのならば浮気それ自体は違法な行為にはならず、客観的な悪質性を証明することができないので、本人が浮気は悪いことじゃないと思っているとしても、その気持ちが間違いであると、浮気は悪いことなんだと説明することは困難でしょう。

だから、浮気が悪いことだという漠然とした問い詰め方は、こういったケースではやめた方が良いということになります。

浮気の悪質性よりも自分のショックの程度を説明した方が良い

浮気が悪いことか?どうかは、言ってしまえば本人次第ということになります。

つまり、結婚していないカップルの場合には法律などの客観的な側面から悪質性を説明することは難しいため、その点から問い詰めることをしても、浮気を悪いことと考えていない人にとっては効果がないのです。

じゃあ、どうすれば良いのか?と言えば、自分が浮気をされてどのくらいショックだったのか?を相手に説明した方が効果的という可能性があります。

自分がどのくらいショックを受けたか?という感情的な部分に訴えて、共感を誘うということをすると、反省してくれる可能性があるのです。

反省をするためには自分への愛情が必要だが

自分がどのくらいショックを受けたか?を説明した場合、その気持ちに彼女が共感してくれた場合には、彼女が浮気を反省してくれる可能性はあります。

しかし、実際に彼女が浮気を反省するためには彼女が自分を今でも好きであるということが必要でしょう。

でも、浮気をしているということは、その愛があるのか?どうかという点は非常に怪しいです。

そのため、こういった方法によって浮気をして開き直っている彼女を反省させることは簡単ではないと思います。

もちろんやってみる価値は大いにある方法とは言えますが、愛があることが前提で効果を発揮するということなのです。

別れ話をちらつかせるというのも手か?

彼女が浮気をして、開き直っているという状況では思い切って別れ話をちらつかせてみるという対処法も有効な場合があります。

かなり荒療治ではありますが、別れるかもしれないという危機的状況になると、彼女も浮気を反省してくれる可能性はあるのです。

ただ、これについても彼氏への愛情が残っているという前提が必要ですが。

愛情がなければ、別れても構わないと思っている可能性があるので、そういったことを言っても効果はない可能性があります。

しかし、開き直っている彼女をなんとかしたいと思っているときにやれることの最終手段としてはこういったことになるでしょう。

浮気をして開き直っている状況では対処は難しい

浮気をして開き直る彼女がいる場合、その彼女を説得したりすることはなかなか難しいです。

こういったケースでは浮気それ自体を悪いと思っていないのでしょうから、悪いと思っていない相手に悪いことだと認めさせたりすることは困難なのです。

そして、浮気をしている彼女に対してできることと言えば、自分のショックの程度を話して共感してもらうこと、あとは別れ話をちらつかせて、最終手段に出ることなどでしょう。

こういった方法を使っても絶対に上手くいくわけではないのですが、まだ浮気をして開き直っている彼女の状況を変える力があるのではないか?と思います。