彼女の浮気を容認すべき?容認できる浮気、できない浮気

彼女の浮気の分かれ道、容認する事情としない事情の判断ポイント

人は誰でも葛藤に立たされる時があります。

それが世の中を知る途中であるということです。

道半ばのあなたが彼女の浮気を発見してしまったその時、どうすればいいのか?
あなたは心の中に答えを探求しようと迷い、悩みだすことでしょう。

彼女の浮気を許すべきなのか?それとも許さないのか?他に道はあるのかないのか。

そんな迷える子羊のあなたに、付き合っている途中の彼女が自分以外の男と浮気をしてしまったときの心の整え方について、導いていくことにしましょう。

浮気は許す派と許さない派とありがちですが、どちらも選ばないという選択肢もあります。

彼女の浮気は容認できる事情とは

彼女の浮気は葛藤の末に容認することができるよ。

というケースです。

・自分が相手をしてやれていないと自覚がある場合
・彼女からの電話やメールなどの連絡を拒否している場合
・なんらかの事情で会えない時間が継続した場合
・最初から愛されていないとわかっていた場合(彼女の浮気容認で付き合った)
・浮気なんて問題にはならないほどの割り切り感覚で付き合っている
・浮気が問題視されないくらいに彼女との付き合いにメリットが多いまたは大きいメリットがあるとき
さらっとあげてみるだけでもこれだけあるものです。

純情な事情から大人の割り切った事情に至るまで、浮気容認の背景は多様性があるということです。

彼女の浮気は容認できない事情

これは許せない。

という感情はどこから産まれるのか?というと人間やはりメリットとデメリットを無意識にでも頭の中で計算をしているからはないでしょうか?
浮気をしないって信じていたのに。

という裏切られた感もまた同じです。

彼女とのお付き合いでは、彼女は誠実で純情な女性だという印象から、彼女となら傷つけられないしプライドが傷つくこともないだろうという損得勘定の計算からメリットとしていたのでしょう。

なのに、予想外にも軽々と他の男と浮気をしてしまった。

彼はメリットがデメリットに変化した彼女を許せないのです。

浮気という行為を許せないよいうよりは、期待を裏切られたことについて憤慨しているのです。

許せる許せないを超えた判断とは?

彼女の浮気について許せる、許せないを超越している男は大人の男に多いです。

浮気は残念な行為だけれども、浮気相手と付き合いたいなら僕は別れてもいいよというスタンスの男性ですね。

こうした男性はもう男の中の男ですが、逆に彼も浮気をする可能性もあります。

許すとか許さないというルールをいくら恋人関係でも、他人に押し付けることはできないことを知っているのでしょう。

例えば、親子関係のように親が子供の躾の義務があるという場合では、親の生活信条やルールを子供にも強要させることが可能になります。

しかしながら、恋人関係ではお互いの自由と権利があるのです。

絶対容認できない浮気といえば

常識のある大人に聞いて絶対に許せない浮気といえば、他人を傷つけてまで不貞行為をおかすということです。

例えば、浮気相手に家族がいた場合、浮気相手がもしも離婚をすることとなれば子供の心や環境に大きな影響をもたらします。

まず、そういった背景を考えたとき、自らの欲望や恋愛感情というものは抑えられなければおかしいのです。

略奪愛も同じです。

相手の家族自殺をしたりしたら。

という考えを巡らせない彼女ならば、浮気行為を許す必要はないのです。

むしろ、大人として叱るという行動を選択してもいいかもしれません。

円満解決が望めそうもないのに守らねばならない他人を傷つけてまで不貞行為をおかすとき、それは容認できない浮気と判断できます。

そんな彼女なら捨てちゃえば。

ということでもありますが。

万人において許しがたい浮気とは

まだ成人していない子供がいるのに浮気をする配偶者、相手の家庭を浮気行為で壊して自分の要求を通す浮気、こうした浮気は当事者でも部外者でも受け入れがたいものがありますよね。

他人を騙して浮気をしていたというケースも容認しがたいものです。

ですが、浮気をしてしまう当人は罪の意識もなく自分が可愛いというつもりで他人の家族を破壊してしまうのですから、そんな破壊行為が見られる女性であれば今後付き合っていくことは難しいでしょう。

何かの精神障がいが隠れいる可能性もあります。

許されない浮気は誰かを極端に不幸に巻き込むような浮気です。