怒り狂っても仕方ない!?彼女の浮気を冷静に受け止めるコツとは

彼女の浮気は本気ではなかったと認識する

彼女に浮気をされるとショックが大きいですが、彼女が浮気相手を選んで別れる選択をしないということは、浮気相手よりもあなたの方が大事だということです。

浮気は悪いことですが、本気ではなく、彼女にとっては浮気は遊びだったということです。

彼女の浮気が気の迷いであるという認識をすると、怒りが沸いてきたとしても、少し余裕が出てきます。

そしてすぐにではなくても、相手を許そうという気持ちが出てきます。

彼女にとって一番大事なのはあなただということで、自信を失わずにいることで、冷静さをもって向き合うことができます。

大事に思われていないと自信をなくすと、感情的になってしまいます。

彼女がなぜ浮気をしたのか聞く

彼女が浮気をしたのは彼女の側の問題で、何か理由があったとしても悪いことです。

しかしそうであったとしても、彼女の言い分も聞かないとなぜ浮気をしたのかはわかりません。

なかなか会えない寂しさを紛らわすためだった、マンネリ化していてついつい浮気に走ってしまったなど彼女の話を聞くことで、なぜ浮気をされたのかという
状況がわかります。

彼女の気持ちが全くわからない、なぜ浮気されたのかわからないと不安で仕方ありませんが、腹が立っても一度彼女の話をじっくりと聞くことが大事です。

感情を爆発させずに話を聞くことができたら、彼女は自分が悪いことをしたなと心から思うことでしょう。

もう次はないということを約束する

浮気をされると、彼女はまた浮気をするのではないかという気持ちになります。

許すことができても、一度許したことで、また許してもらえるという気持ちで、浮気に走ることがあるかもしれません。

もう二度と浮気をしないことがやり直す条件であるということは、前提でなくてはなりません。

そして次に浮気をしたら別れると彼女と約束して、自分も次に浮気をされた時は別れるという覚悟を決めておく必要があります。

これが最後、一度だけ許すということを決めると、心にも余裕が出てきます。

怒りでやってしまったことを責めるよりも、次はないということを約束する方が建設的だということを認識しておきます。

安心してお付き合いができるようにルールを決める

浮気をされてもお付き合いを続けていくことを決めた場合には、今後お付き合いをする上でのルールを決めることが大事です。

一日に一度は彼女の方から連絡をする、何か不満があれば話し合うなど具体的にルールを提案して、それを守ってもらえるかどうかの確認をしておきましょう。

浮気を許すけれどもこうしてほしいという条件を提示することができるので、今までのお付き合いの仕方を見直すきっかけにもなります。

浮気はない方が良かったけれども、起きてしまったところからどうしていこうということを変えることによって、ピンチをチャンスにすることもできます。

彼女との関係を長い目で見る

浮気をされてもやり直したいと思える彼女は、あなたにとって魅力的で大事な存在であることは間違いないでしょう。

彼女とこの先もずっと一緒にいることを考えると、今のこの浮気をされた状況が、いつか振り返ってあんなこともあったなと思えるような過去になるという
冷静な視点を忘れないようにしましょう。

今後のお付き合いをする中で、彼女に対する信頼を少しづつ取り戻し、今まで以上の良い関係を築けたとしたら、浮気をされたことに対しても気持ちの整理ができていきます。

今の辛さがずっと続くわけではない、まだここから先があると前向きな気持ちを持つことが大事です。

いかに怒りを持ちながらも冷静になれるかが大事

彼女に浮気された状況では、怒りの感情が沸いて仕方がなく、彼女にそれをぶつけてしまっても仕方がありません。

しかし必要以上に怒りを引きずってしまうと、あなた自身も辛いですし、彼女の方ももう一緒にいるのは無理だなという気持ちになってしまいます。

怒り狂うのではなく、この状況をどう乗り越えていくか前向きに考えるように持っていくことで、少しづつ落ち着いていきます。

彼女が反省しているのであれば、怒りをコントロールする、そしていつまでも蒸し返さずにおおらかな気持ちで許すことを心がけます。

そうした態度を見せることで、彼女は浮気を反省して、二人でより良い関係を築くことができます。