合コンで年収を聞かれた。自分が一番低い時の気の利いた返し方。

年収が低いのがバレても、その合コンを諦めるのはまだ早い!

まだまだ発展途上なので、年収は低いっす。

合コンは男女が気軽に集まって飲み会をするところです。気に入った異性がいれば、そこから交際に発展することもあります。もしも合コンに来る異性の年齢がすこし高くて、本気で婚活をしているという人が参加することもあります。そんな時には相手の年収を聞く場合も。年収をみんなの前で聞かれてもなかなか言えませんよね。そんなときには、まだまだ発展途上なので、年収が低いということをアピールしましょう。そこにひがみはこめずに、明るく伝えることがポイントです。

みんなスゲーなあ。でもこれから大逆転狙います。

自分が年収が一番低い時は、とりあえずそれを認めて、みんなを褒めましょう。そうするとみんな気持ちよくなれるからです。しかし自分が年収が低いということもちょっとくやしいですよね。そのためみんなスゲーなあと一旦持ち上げておいて、その次に、でも今度は自分が大逆転狙いますということを宣言するといいのです。このようにみんなの前で言うことは、自分のモチベーションを高めるためにも良い方法です。実際に大逆転できるかどうかなわかりませんが、その志が大切です。

じゃ、今日は俺はみんなのおごりで飲んでいいっすね。

自分が一番年収が低いという事実がわかったら、今日はみんなのおごりで飲みますということを宣言するのも良い方法です。この宣言をした後に、じゃあ、これもこれも…といろいろなものを注文してみましょう。みんなからふざけるなと言われたら、冗談だよと切り返してもいいです。反対にどうぞどうぞと進めてくれるのだったら、これでもかというほど食べて飲んで満足したらいいのです。

年収は低くても心は擦れていませんよ!

年収は低くてお金がないということをアピールしても、心までは擦れていないということを伝えましょう。言葉で伝えるのは難しいですが、女性陣に対して気配りをしたり、合コンを盛り上げるような話題を振ったり。みんなを客観的に見て、ふるまったらいいのではないでしょうか。またお金の話が出た時って、お金ある人は自慢をしがち。また女性陣はそんな男性の経済力に注目しがち。それに勝つことはできないので、内面的なことでアピールしていきましょう。

お金がない!

でも決して擦れないことお金がないことは悪いことでしょうか。決して悪いことではありませんし、これから将来どのようになるかもわかりません。そのため今は年収が低くても、これからのチャンスをつかんでいくという気持ちをアピールすることが大切です。またお金はないけれど、それに代わるものを持っているということを見せることも大切でしょう。年収は数字として見えるので、評価しやすいものですが、内面的なものまでは評価できません。そこでみんなにないものをアピール出来るように切り返すといいのです。