合コンで彼女をゲットした人が行なっていた4つの事

合コン当日は狙っていると悟らせない

合コンで彼女をゲットすることができる人は合コン中に狙った人に猛アピールするようなことはしません。

当日はなるべく相手の方全員に楽しんでもらえるように気配りするキャラを作ります。

だいたいのケースでこちら側に相手の誰かを狙ってる発言をするような子がいますので、悪い言い方ですが
そういった子をダシに使います。

女性側は出会った初日からグイグイ来られると引いてしまいます。

合コン中はお互いにとって、いわば選定期間になりますので、その場でだれかに集中アピールするのではなく
全員に対してなるべく平等に、そしてその中で自分に気のある子がいるか、等を探っていくことが重要です。

いかに平等に接していくか

では実際、いかにして平等に相手に接していくかですが、まずはドリンク注文の気配りなどからです。

順番に時間をずらして注文を聞いてあげるだけで、相手からすると「気にかけてもらっている」という気分になります。

かたよった接し方をしてしまうと、どうしても声をかけられない女性が途中で萎えてしまうことになります。

そうなると、どうしても後から女性陣だけの会話になったとき、「あの合コンはつまらなかった」というイメージをもたれてしまいます。

なので、合コン中はどんなに気になる子がいても、その場は合コンを楽しんでもらえることだけを意識しましょう。

やりすぎると八方美人と思われる

平等に接していくにあたりですが、こちらは度が過ぎると八方美人やチャラい人間だと捉えられてしまいます。

あからさまに女性陣みんなに対して「かわいい!」「きれい!」と褒めちぎっても、相手の気分が良いのは初めだけで
終盤は「あ、この人はだれにでもそんな言葉をかける軽い人なんだ。

」と思われてしまいます。

そうなると逆効果です。

かといって、おとなしくしすぎるのも相手側に「今日の合コンたのしくなかったのかな。

」と思われてしまいます。

バランスが難しい問い頃ですが、時折ゲームを挟んだりしてその場を盛り上げることも大切です。

連絡先の交換について

合コンで彼女ができる人は、ほとんどのケースで1対1での連絡先の交換は行いません。

まず連絡先の交換は今でいうとLINEが主流なので、当日のメンバー全員でグループをつくりましょう。

そうすることにより、当日連絡先を聞きたかったけど恥ずかしくて聞けなかった、というパターンをなくすことができます。

また、全員でのグループになると、個人で連絡先を交換するよりもグッとハードルが下がります。

「みんなが入るなら、」とひとまず女性陣もグループに参加してくれるケースがほとんどです。

グループさえ作成してしまえば連絡先は入手したも同然なので、後は当日気になった子、また自分に気がある子に対して
個人でメッセージをするだけです。

お会計の際の注意点について

お店を出る時必ずお会計をしますが、ここでも注意点があります。

結論から言うと、年齢差にもよりますが基本的には6:4、或いは7:3くらいの比率で男性陣が多くだしてあげましょう。

よくある例として男性陣が全額出すパターンがありますが、これは実際に女性側から聞いた話でもありますが
全額出されてしまうと、次回から気をつかって遊びづらくなる、ということです。

完全な割り勘は格好がつかない部分もありますが、全額出すことは女性側に気をつかわせることにもなりますので避けましょう。

その後の危険性として、「お金を出してくれるから飲みに行ってもいい」などと思われる可能性がありますので。

合コン当日は彼女を作る上での準備の場とする

合コンをきっかけに彼女を作ろうとする上での話ですが、合コン当日はその場の雰囲気を良くしていくことに専念しましょう。

その日「面白い合コンだった」と女性側からイメージを持ってもらえるだけで、次につながる確率がグンと上がります。

また、連絡先を交換した後も、焦らずまずはみんなでもう一度飲みにいかない?等、フランクな誘い方で構いません。

それでも、合コンの当日に「みんなに気がつかえる人だな」という印象を持ってもらえていれば、後から個人的に連絡が来るだけで、自分のことを特別に思ってもらえている
と、感じてもらえるはずです。